ハロルド・コンウェイ

ハロルド・コンウェイHarold Conway1911年5月24日 - 1996年)は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の俳優ハロルド・S・コンウェイコン・ウェイとクレジットされていることもある。

目次

人物編集

本業は税理士[1]

映画に出演し始めた詳細な時期は不明だが、記録に残っているもので最も古いのは『狂った果実』(1956年中平康監督)。それ以降複数の会社の作品に出演し、1970年代末まで活躍。

東宝特撮映画アクション映画が主に代表作として取り上げられる。特に『地球防衛軍』(1957年 本多猪四郎監督)でのインメルマン博士は、敵宇宙人に対抗する強力な兵器を開発するという重要な役柄であることに加え、たどたどしい日本語での台詞回し[3]が印象的なため、演じた役の中でも有名である。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

  • マグマ大使 第21話「細菌を追え!!」(1966年):スニーダ博士 役
  • ウルトラマン 第24話「海底科学基地」(1966年):ウィリアム・チルダー(ジェニーの父)役
  • 平四郎危機一発 第18話「欲望のメダル」(1968年)
  • マイティジャック 第11話「燃える黄金」(1968年):Q司令官L 役
  • キイハンター
    • 第82話「暗殺航路に進路をとれ」(1969年)
    • 第127話「殺し屋どもの死亡広告グラフ」(1970年)

脚注編集

  1. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 59.
  2. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 41.
  3. ^ 松林宗恵監督によると、日本語が堪能だったそうであるが[2]、ほとんどの作品では英語か吹き替えをしている。

参考文献編集

関連項目編集