メインメニューを開く

ハワイアンイメージ1977年5月22日 - 1990年10月14日)とは日本競走馬である。1980年の皐月賞に優勝。ほかの重賞勝ち鞍にラジオたんぱ賞福島記念がある。八大競走に連なる路線よりも、ローカル開催[注 1]ダート競走を転戦した異色のクラシックホースである。最高570キログラム台の巨体の持ち主で、ダート・重馬場を得意としたことから「重戦車」の異名を取った。主戦騎手増沢末夫

ハワイアンイメージ
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1977年5月22日
死没 1990年10月14日
(13歳没、旧14歳)
ファーザーズイメージ
ハワイアンドーン
母の父 カウアイキング
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 明和牧場
馬主 鬼島力也
→(株)大関
調教師 鈴木勝太郎美浦
厩務員 鎌田慶蔵
競走成績
生涯成績 39戦11勝
獲得賞金 2億1544万9500円
テンプレートを表示

半姉スプリンターズステークスを連覇したメイワキミコ(父ギャラントマン)、半妹にカブトヤマ記念優勝馬プロメイド(父マルゼンスキー)がいる。

馬齢は、2000年以前に使用された旧表記(数え年)で統一する。

経歴編集

1977年、北海道新冠町明和牧場に生まれる。幼駒のころから雄大かつバランスのよい好馬体を持ち、育成調教も順調にこなして、往年の名騎手であった場長・中村一雄からも「2億円は稼げる」と見込まれた期待馬であった[1][2]。競走年齢の3歳に達した1979年、牧場オーナーである鬼島力也の所有馬として、茨城県美浦トレーニングセンター鈴木勝太郎厩舎に入った[1]

戦績編集

同年12月5日、中山開催新馬戦で、増沢末夫を鞍上にデビュー。初戦は548キログラムと身体が絞れていなかったこともあり、後方のまま12着と大敗した。しかし翌々週に8キログラム減で臨んだ2戦目で初勝利を挙げると、以後年を跨いで3連勝を挙げた。この間に鬼島の友人である関山正(名義は株式会社大関)へ1500万円で譲渡され、馬主が交代している[1]

その後はクラシック初戦・皐月賞を目標に重賞戦線へ臨む。2月に出走した東京4歳ステークスでは8着に終わったが、続いて重馬場で行われた弥生賞を3着、不良馬場で行われたスプリングステークスを2着と成績を上げ、4月13日に皐月賞へ臨んだ。

当日の中山競馬場は豪雨に見舞われ、「芝コースの内側は、水田のような泥んこ状態[3]」(増沢末夫)というほどに馬場状態は悪化していた。こうしたなかでハワイアンイメージは単勝4番人気、複勝では1番人気に支持された[3]。スタートが切られるとハワイアンイメージは先行集団の中を進んだ。第3コーナー手前で1番人気のトウショウゴッドが故障を発生して競走を中止、このあとにハワイアンイメージは2番手に進出すると、最後の直線では大外に持ち出し、逃げ粘るハワイアンジュエルを捉えた。残り150メートル付近からは後方から進出したオペックホースと馬体を接して激しく競り合ったが、ゴールではクビ差抜け出して優勝を果たした。走破タイム2分10秒2は、日本中央競馬会が発足した1954年以降で2番目に遅い記録であった。増沢は勝因として「トウショウゴッドの競走中止、不良馬場、ゴール前の競り合い」という3点を挙げ、「こうした条件が揃わなかったら、とても皐月賞は取れなかったと思う」と回想している[4]。なお、増沢はハイセイコー(1973年)に続く皐月賞2勝目、管理調教師の鈴木はクモノハナ(1950年)、ハイセイコーに続く同3勝目であった。

続いてはクラシック二冠を目指して東京優駿(日本ダービー)に出走。良馬場となった当日は、皐月賞馬であるにもかかわらず6番人気の評価で、結果もオペックホースの14着と大敗を喫した。その後ハワイアンイメージは、二線級馬の巻き返しの場所として、俗に「残念ダービー」と呼ばれていた福島競馬場ラジオたんぱ賞に出走した。クラシックホースが福島に姿を見せたのはこれが初めての例であり[5]、スポーツ紙には「クラシック馬が福島に来てくれるとは、とてもありがたい」という場長の談話も寄せられた[6]。当日はダービー5着のハーバーシャレード、オークス4着の牝馬ジュウジアローに次ぐ3番人気と、皐月賞馬としては低い評価だった。しかし先行策から直線入り口で先頭に立ち、そのままゴールに流れ込んで優勝、重賞2勝目を挙げた。

真夏の休養を経て秋に復帰。クラシック三冠最終戦の菊花賞には目もくれず[注 2]、菊花賞と同日に福島で行われる福島民友カップから始動し、逃げ切り勝利。続いて不良馬場で行われた福島記念も連勝した。年末にはグランプリ競走の有馬記念に出走したが、ホウヨウボーイの7着となってシーズンを終えた。当年の収得賞金は1億2578万3500円で、年度の最多賞金収得馬となった[5][8]

翌年以降も芝の表舞台よりローカル開催やダート競走に数多く出走、6歳時に骨折による長期休養がありながらも、8歳まで現役を続け、オープン特別競走など4勝を加えた。競走生活晩年はしばしば最下位に沈むなど精彩を欠き、1984年2月、新設されたダート重賞・フェブラリーハンデキャップで7着となったのを最後に引退。同年3月4日、中山競馬場で引退式が行われた[9]。総獲得賞金は2億1500万円あまりと、中村一雄の見立てが当たった結果となった。

引退後編集

引退後は故郷・明和牧場で種牡馬となった。2年目シーズン以降は毎年50頭前後との交配をこなすなど一定の人気を集め、初年度産駒からはオープン特別競走で2勝、重賞のエプソムカップでも3着となったハワイアンコーラルが出た。しかし1990年10月、放牧中に転倒して右後脚の大腿骨を骨折。予後不良と診断され、安楽死の措置が取られた[10]。14歳(現表記13歳)没。

競走成績編集

年月日 開催場 競走名 頭数 人気 着順 距離(状態 タイム 着差 騎手 斤量 馬体重 勝ち馬/(2着馬)
1979 12. 2 中山 新馬 15 6 12着 芝1600m(稍) 1:43.4 2.6秒 増沢末夫 53 548 ホースメンヤマト
12. 15 中山 新馬 13 7 1着 芝1200m(良) 1:11.8 1 1/2身 増沢末夫 53 540 (タニミサイル)
1980 1. 5 中山 400万下 16 1 1着 ダ1700m(不) 1:47.2 1/2身 増沢末夫 54 536 (ウエスタンドン)
1. 19 中山 若竹賞 14 1 1着 ダ1700m(良) 1:46.8 3 1/2身 増沢末夫 56 530 (シンボリカンパニー)
2. 10 東京 東京4歳S 9 6 8着 芝1800m(良) 1:51.9 2.7秒 増沢末夫 55 526 リンドタイヨー
3. 2 中山 弥生賞 10 6 3着 芝1800m(重) 1:52.2 0.2秒 増沢末夫 55 520 トウショウゴッド
3. 23 中山 スプリングS 15 3 2着 芝1800m(不) 1:54.4 0.1秒 増沢末夫 56 514 サーペンプリンス
4. 17 中山 皐月賞 16 4 1着 芝2000m(不) 2:10.2 クビ 増沢末夫 57 514 オペックホース
5. 25 東京 東京優駿 27 6 14着 芝2400m(良) 2:30.0 2.2秒 増沢末夫 57 514 オペックホース
6. 22 福島 ラジオたんぱ賞 10 3 1着 芝1800m(良) 1:50.7 1/2身 増沢末夫 58 524 (インターグランプリ)
11. 9 福島 福島民友C 8 1 1着 芝1800m(良) 1:48.5 1/2身 増沢末夫 56 540 (グリーンチドリ)
11. 23 福島 福島記念 9 1 1着 芝2000m(不) 2:06.0 1/2身 増沢末夫 57 542 キタノリキオー
12. 21 中山 有馬記念 12 8 7着 芝2500m(良) 2:34.4 0.7秒 増沢末夫 55 538 ホウヨウボーイ
1981 1. 5 中山 金杯(東) 15 3 3着 芝2000m(良) 2:02.3 0.3秒 増沢末夫 58.5 538 ドロッポロード
2. 22 中山 スプリンターズS 10 3 3着 芝1200m(稍) 1:10.6 1.1秒 増沢末夫 58 542 サクラシンゲキ
3. 8 中山 中山記念 10 2 5着 芝1800m(良) 1:51.0 0.6秒 増沢末夫 57 536 キタノリキオー
5. 23 東京 ニュージーランドT 11 4 7着 芝1800m(良) 1:50.3 1.4秒 増沢末夫 60 534 ハーバーシャレード
6. 24 福島 地方競馬招待 12 1 1着 芝1800m(重) 1:50.2 アタマ 増沢末夫 57 540 グレートシンザン
7. 5 福島 七夕賞 11 1 8着 芝2000m(重) 2:06.6 1.2秒 郷原洋行 59 538 ビゼンセイリュウ
10. 11 福島 福島民友C 9 1 9着 芝2000m(良) 2:03.9 3.1秒 増沢末夫 59 546 ノーベルダンサー
11. 22 福島 福島記念 11 2 4着 芝2000m(良) 2:02.3 0.4秒 増沢末夫 59 548 フジマドンナ
12. 20 中山 有馬記念 16 15 12着 芝2500m(良) 2:38.4 2.9秒 増沢末夫 56 548 アンバーシャダイ
1982 1. 5 中山 金杯(東) 16 9 12着 芝2000m(不) 2:06.4 2.0秒 仁平健二 59 544 エイティトウショウ
1. 31 東京 オープン 6 3 1着 ダ1700m(良) 1:43.6 クビ 増沢末夫 60 544 (キタノリキオー)
2. 28 中山 スプリンターズS 9 6 5着 芝1200m(良) 1:09.7 0.7秒 増沢末夫 59 544 ブロケード
3. 14 中山 中山記念 14 6 14着 芝1800m(稍) 1:50.8 1.5秒 増沢末夫 58 540 エイティトウショウ
12. 25 中山 オープン 10 9 6着 芝1600m(良) 1:36.9 1.3秒 増沢末夫 57 568 タケノハッピー
1983 1. 13 中山 ニューイヤーS 8 4 2着 ダ1200m(良) 1:09.7 0.0秒 増沢末夫 58 568 グローリィセンプー
2. 13 東京 アメジストS 9 1 1着 ダ1400m(良) 1:24.7 アタマ 増沢末夫 58.5 568 ニシノエトランゼ
5. 1 東京 京王杯スプリングH 12 11 10着 芝1400m(良) 1:24.8 1.9秒 国兼正浩 58 570 イーストボーイ
6. 5 阪神 宝塚記念 13 12 13着 芝2200m(良) 2:15.6 3.5秒 増沢末夫 56 562 ハギノカムイオー
7. 3 札幌 札幌記念 16 2 7着 ダ2000m(良) 2:07.9 2.9秒 増沢末夫 58 574 オーバーレインボー
7. 24 札幌 短距離S 12 1 1着 ダ1200m(良) 1:12.2 3身 増田久 57 568 (カネデントーショー)
8. 21 函館 函館記念 13 4 13着 芝2000m(不) 2:16.7 12.2秒 増田久 57 560 ドウカンヤシマ
9. 11 函館 UHB杯 6 3 5着 芝1700m(稍) 1:49.5 2.4秒 増田久 60 554 シーハスラー
10. 1 中山 オータムスプリントS 8 6 8着 芝1200m(良) 1:10.2 1.1秒 中島啓之 58 544 ホスピタリテイ
12. 24 中山 オープン 14 12 12着 芝1600m(良) 1:35.4 0.9秒 中島啓之 59 562 ロバリアアモン
1984 2. 5 東京 東京新聞杯 GIII 15 14 15着 芝1600m(稍) 1:40.0 2.4秒 仁平健二 60 566 シンボリヨーク
2. 18 東京 フェブラリーH GIII 17 3 7着 ダ1600m(不) 1:41.6 1.5秒 増沢末夫 56 562 ロバリアアモン
  1. 1984年より競走格付けにグレード制導入。競走名太字八大競走およびグランプリ競走
  2. 競走名:S=ステークス、H=ハンデキャップ、C=カップ、T=トロフィーの略。

血統表編集

ハワイアンイメージ血統ハイペリオン系 / Blenheim (His Grace) 5×4×5=12.50%、Hyperion4×5=9.38%、Selene5×5=6.25%〈父内〉) (血統表の出典)

*ファーザーズイメージ
Fathers Image
1963 栗毛
父の父
Swaps
1952 栗毛
Khaled Hyperion
Eclair
Iron Reward Beau Pere
Iron Maiden
父の母
Cosmah
1953 鹿毛
Cosmic Bomb Pharamond
Banish Fear
Almahmoud Mahmoud
Arbitrator

*ハワイアンドーン
Hawaiian Dawn
1969 黒鹿毛
*カウアイキング
Kauai King
1963 黒鹿毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Sweep In Blenheim
Sweepesta
母の母
Irish Chorus
1960 鹿毛
Ossian Royal Charger
Prudent Polly
Dawn Chorus *ライジングライト
Duke's Delight F-No.14-f


脚注・出典編集

脚注編集

  1. ^ 中央競馬全10競馬場のうち、東京中山京都阪神をのぞく6場は「ローカル」と呼ばれ、前記4場よりも軽視される。
  2. ^ 調教師の鈴木は「チャンスのある福島に来た方が馬のため」であり、また「日本一熱心な福島のファンに喜んでもらえる」と述べたという[7]

出典編集

  1. ^ a b c 優駿』1990年10月号 p.41
  2. ^ 『優駿』1980年7月号、p.31
  3. ^ a b 増沢(1992)p.139
  4. ^ 増沢(1992)pp.140-141
  5. ^ a b 『優駿』1990年10月号 p.44
  6. ^ 『書斎の競馬(4)』p.84
  7. ^ 『優駿』1981年1月号、p.84
  8. ^ 『優駿』1981年3月号、p.62
  9. ^ 『優駿』1990年10月号 p.45
  10. ^ 『サラブレッド101頭の死に方』pp412-413

参考文献編集

  • 増沢末夫『鉄人ジョッキーと呼ばれて - 我が愛しの馬上人生』(学研、1992年)ISBN 978-4051064211
  • 大川慶次郎ほか『サラブレッド101頭の死に方(文庫版)』(1999年、徳間文庫)ISBN 978-4198911850
  • 優駿』1990年10月号(日本中央競馬会)
    • 横尾一彦「馬力の皐月賞馬 ハワイアンイメージ」
  • 『書斎の競馬(4)』(飛鳥新社、1999年)ISBN 978-4870314047
    • 藤原龍一郎「合理主義の重戦車・ハワイアンイメージ」

外部リンク編集