ハワイアン・テルコム

ハワイアン・テルコム英語: Hawaiian Telcom)はアメリカ合衆国ハワイ州でサービスを提供する通信会社で、一時カーライル・グループの配下にあったが、2018年にシンシナティ・ベルCincinnati Bell)に買収された。

カイルア・コナにあるハワイアン・テルコムの施設

概要編集

ハワイアン・テレコムはもともとハワイ王国時代の1883年にMutual Telephone Companyとしてスタート、1954年に社名をハワイアン・テレフォンに変更。1967年にGTE(en:GTE)に買われてGTEハワイアン・テレコムとなり、GTEとベル・アトランティックが合併してベライゾン・コミュニケーションズになった時にVerizon Hawaiiとしてその配下となり、2005年にはカーライル・グループに買われてその子会社であるHawaiian Telecom Holdco, Inc. (NASDAQ上場会社)に属している。 [1] [2]

2011年6月、ハワイアン・テレコムはハワイ州商業・消費者局(DECCA [3])によりケーブル・サービスの15年間の許可を与えられ、これまで同州内でオセアニック・タイム・ワーナー・ケーブル(Oceanic Time Warner、現在は「Spectrum」配下)によるケーブルテレビへの独占状態を終らせた。同社は同年にホノルル地区へケーブル・サービスを開始して、翌年にハワイ州全島へサービスを拡大している。

2018年7月、オハイオ州シンシナティに本社がある通信会社のシンシナティ・ベルCincinnati Bell)に買収された。[4]

関連項目編集

参照編集

  1. ^ Hawaiian Telcom Holdco, Inc. (英語)
  2. ^ ハワイイアン・テレコムはカーライル・グループの下で営業開始(2005年) (英語)
  3. ^ Department of Commerce and Consumer Affairs - Cable Television
  4. ^ Cincinnati Bell Inc. Completes Combination with Hawaiian Telcom (2018)

外部リンク編集