ハワイ・マレー沖海戦

日本の映画

ハワイ・マレー沖海戦』(ハワイ・マレーおきかいせん)は、1942年昭和17年)12月3日に日本東宝映画が製作、社団法人映画配給社配給で公開された戦争映画国策映画である[2][5][3][4]情報局国民映画参加作品。

ハワイ・マレー沖海戦
Hawai Mare oki kaisen poster.jpg
初公開時のポスター
監督 山本嘉次郎
脚本 山崎謙太
山本嘉次郎
製作 森田信義
出演者 伊東薫
藤田進
河野秋武
原節子
音楽 鈴木静一
撮影 三村明
三浦光雄
鈴木博
編集 畑房雄
製作会社 東宝映画[1]
配給 社団法人映画配給社[1](初公開時)
東宝(再映時)
公開 日本の旗 1942年12月3日[1][2][3][4]
上映時間 117分[1][注釈 1]
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
『ハワイ・マレー沖海戦』別バージョンのポスター

概要編集

1941年(昭和16年)12月8日の真珠湾攻撃および12月10日のマレー沖海戦の大勝利を描き、国威称揚させることを目的として、海軍省が企画し、開戦一周年記念映画として1942年に公開された[6][5][3][4]

物語の主軸となるのは大日本帝国海軍のパイロットを目指す予科練の詳細な生活。平凡な少年友田義一が海軍精神を注入され、また厳しい訓練を耐え抜いて、晴れてパイロットとして搭乗するまでに物語の大半が費やされている。

後半は真珠湾攻撃に至るまでの航空母艦内の生活が詳細に描かれ、特撮を用いた攻撃シーンが場面を盛り上げる。最後は、仏印基地から発進した攻撃機が戦艦プリンス・オブ・ウェールズを撃沈し、大本営が戦果を発表するまでを描く[7]

訓練の様子を描くことで、少年が軍人として成長していく様を壮美に描写することが意図されているが、一方で少年が戦争に巻き込まれていくことの悲劇性の描写にもなっており、単なる戦意高揚映画に留まらない作品として評価されている[6]

特撮の完成度が評価された本作品は「国民必見」の映画と評され、日本映画史上空前のヒット作となった[6]キネマ旬報ベスト・テン第1位[6]

戦後も東宝の配給で再公開されている[注釈 2]

キャスト編集

全員ノンクレジット。参照 [1][8]

予科練編集

練習航空隊編集

  • 浅田健三 - 谷崎少佐
  • 岬洋二 - 竹村分隊長
  • 鈴木佐衛門 - 杉江隊員

ハワイ方面編集

マレー方面編集

スタッフ編集

以下、ノンクレジット[注釈 3]。参照 [1][2]

  • 製作 - 森田信義
  • 演出 - 山本嘉次郎
  • 製作担当 - 平木政之助
  • 脚本 - 山本嘉次郎、山崎謙太
  • 演出助手 - 小田基義、藤原杉雄、大岩弘明、毛利正樹、今藤茂樹、御代荘輔、高橋良吉
  • 撮影監督 - 三村明
  • 撮影 - 三村明、三浦光雄、鈴木博、平野好美
  • 特殊技術監督 - 円谷英二
  • 造型美術 - 奥野文四郎
  • 合成 - 三谷栄三
  • 照明 - 丸川武郎
  • 調音 - 藤井慎一、樋口智久、藤好昌生
  • 録音 - 石田茂美、神谷正和
  • 美術 - 松山祟、渡辺武、北猛夫、尾崎千葉
  • 編集 - 畑房雄、菊地雪江
  • 音楽 - 鈴木静一
  • 演奏 - 東宝映画管弦楽団
  • スチール - 橋山愈

製作編集

 
真珠湾のオープンセット

軍部では、真珠湾攻撃当時から記録映像を残すことが困難であるため、特殊撮影による記録映画の製作が構想されていたという[6][5]。報道部海軍少佐の浜田昇一は、開戦前に訪れた東宝特殊技術課で円谷英二と出会い、開戦と同時に本作品の製作を依頼したという[6]

特殊撮影編集

特撮円谷英二が担当[3]。円谷得意のミニチュアモデルによる特撮に、部分的に実際の海戦で撮影された映像を挿入し、臨場感を醸し出すことに成功している。この映画で、円谷率いる特技スタッフは半年かけて精巧な1/400スケール1800坪の真珠湾の特撮セットを作り上げ[6][3][4]、見学に訪れた海軍報道部や朝香宮鳩彦王はそのリアルさに息を呑んだ。封切から一週間後の1942年12月17日に戦艦大和」で本作を鑑賞した宇垣纏連合艦隊参謀長も、日記に「見事な出来」と書き残している[9]。後年、円谷は本作品について生涯で最も苦労した作品と語っている[3]

海軍省の至上命令で製作されたこの映画であるが、肝心の軍事資料は、担当将校らの「カツドウ屋は信用できない」という理由により、資料協力を受けられなかった。山本らスタッフによる空母の見学も検討されたが、作中登場する艦の見学は許可が下りず、既に旧式艦であった「鳳翔」のみ、しかも艦内設備の詳細な取材は厳禁とされた。山本は後に、「艦載機の着艦制動装置の仕組みなど子供でも知っているのに、それの撮影はおろか、見学も認められなかった」と、当局の対応に不満を洩らしている[10]。山本と円谷は鈴鹿海軍航空隊に出向していた特別映画班の鷺巣富雄へ協力を求め、真珠湾攻撃参加者への取材などを行った[11]

 
セットの航空母艦から離陸する九七式艦攻

この理不尽な状況の中で、実物大の空母セットは、カメラマンのハリー三村がどこからか入手した最新のアメリカの雑誌『ライフ』に掲載されていた、艦内を含むアメリカ海軍空母の写真を参考に作られた[12]。また、円谷ら特撮スタッフはわずかな提供写真に写った水柱の大きさから、戦艦や飛行機、地形の実寸を割り出し、特撮セットを組み上げた[6]。また、登場する飛行機は一部を除きいずれも実機だが、航空母艦は戦場にいるため実物大の野外セットを作り、離陸する飛行機はセットの上を滑走させている[4]。こうして再現された戦闘機・攻撃機そして航空母艦・軍艦などの精緻なセットとミニチュアによる「実物としか見えない」映像は、後年(戦後)に作られたいわゆる戦争物の映画でもなかなか見られないもので、特に「航空母艦の実物大のセットを作って撮影した」という点は、多額の費用をかけて戦艦長門他の軍艦の実物大セットを作ったことで知られる『トラ・トラ・トラ!』(1970年公開)くらいでしか実現できなかったものである[注釈 4]。飛行機の編隊がハワイの山間を飛行する場面では、模型を吊るしたクレーンを回す事でバンクの再現を試みており[13][6]、後に押収したフィルムを観たGHQは、この場面を実際の記録映像だと信じ込んでいたという[14][5][4]

マレー沖海戦のシーンは軍部の要請により急遽追加され、9日間で制作された[3]。この撮影では、プールの底に溝を掘り、ここにミニチュアの船に結びつけたロープを這わせることで、徐々に沈んでいく艦艇を表現した[6]

こうしてようやく完成したフィルムだが、海軍省立会いで行われた試写では、艦の様子を見た情報部検閲部長が「アメリカの航空母艦じゃないか」と激怒して公開に反対した[15]。これも、元はといえば上記のように軍が資料提供を拒んだため、アメリカの艦船を参考にセットを組んだことによるものであり、円谷も山本もこのときは「はらわたが煮えくり返った」と後年語っている。検閲部長は宮家であった事もあり、あわや公開差し止めとなりかけたが、「誰がどう収めて公開にこぎつけたのか、いまだに分からない」と山本は述懐している[15]

音楽編集

海ゆかば』をはじめ、当時好んで唄われた軍歌が次々と挿入され、それらがどのような場面で唄われ扱われていたかを知ることが出来る。[独自研究?]

ロケ地編集

登場実機編集

軍用機編集

この他、ノースアメリカンNA-16BT-9の輸出モデル)と見られる固定脚機が主翼に「US ARMY」と大きく書いたアメリカ陸軍戦闘機役で登場している。海軍では、新型の中間練習機の試験評価のため1938年(昭和13年)にNA-16-4R(NA-37)とNA-16-4RW(NA-47)を輸入していた。この機体は二式陸上中間練習機の開発時に参考にされた。

軍艦編集

  • 空母赤城 - 物語の舞台となるが、乗船しての撮影は行われず、撮影には実物大セットとミニチュアが用いられた。
  • 長門型戦艦
  • 戦艦伊勢
  • 戦艦山城

その他編集

  • 映画のラストでは、『軍艦行進曲』の流れる中、戦艦長門陸奥が主砲を撃つ実写シーンがあり貴重な映像である。[独自研究?]
  • 東宝特技課に所属していた鷺巣富雄は、照準器の映像などに教材映画『水平爆撃』の動画が流用されたと証言しているが、現存するフィルムでは該当するシーンは存在していない[11]
  • クライマックスの一つである真珠湾攻撃のシーンは、戦後の1953年に公開された映画『太平洋の鷲』の真珠湾攻撃のシーンに再利用された[16][注釈 5]
  • 2001年公開のアメリカ映画『パール・ハーバー』において、連合艦隊首脳が屋外で池に模型の戦艦を浮かべ、水兵に竹竿を用いてその模型を動かさせながら作戦会議をする、という奇怪なシーンがあるが、これは、海軍士官が『ハワイ・マレー沖海戦』制作現場を視察している写真を見た『パール・ハーバー』の監督であるマイケル・ベイら製作陣が、前述の撮影中の写真を元に演出したものである。監督自身は「ここは史実を歪め、日本のプロパガンダ映画を引用した」と語っている[注釈 6][注釈 7]
  • 予科練練兵場における明治帝御製奉唱は「あさみどり 澄みわたりたる 大空の 廣きをおのが こゝろともがな」である。

映像ソフト編集

  • キネマ倶楽部の日本映画共通レーベル『日本映画傑作全集』の一本として、戦後公開の編集版がVHSベータが販売された。品番1582[17]。冒頭の東宝マークが戦後の東宝作品と同様のものに差し替えられ、オープニングはタイトルカードのみでクレジットタイトルも省略されている。
  • LD TLL2130[7]
  • 2001年8月21日に東宝よりDVDが発売された[18]。収録されているのは1942年に公開された版で、オープニングも原版どおりである。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 書籍『東宝特撮映画全史』では、「1時間56分」と記述している[2]
  2. ^ DVD収録の予告編には映倫マークがあるほか、字幕が全て新字体で「日本映画史上に燦然と輝く」「昭和十七年作品」などの字幕があり、戦後に製作された予告編であることが分かる。
  3. ^ そのため、戦後の再映時にはタイトルクレジットは削除されている。
  4. ^ トラ・トラ・トラ!』でも、航空機の発進シーンは実際のアメリカ海軍空母を借用して行われている
  5. ^ なお、『太平洋の鷲』の新規の特撮も円谷英二が手掛けた。
  6. ^ パール・ハーバー』ビデオソフトのオーディオコメンタリーより
  7. ^ ただし、ベイ監督が当該の写真を「日本のプロパガンダ映画にこのようなシーンがあった」としてではなく「日本のプロパガンダ映画の制作を視察していた海軍将校を撮影したものである」と正しく認識しているかについては定かではない。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 映画資料室”. viewer.kintoneapp.com. 2022年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d 東宝特撮映画全史 1983, pp. 543–544, 「東宝特撮映画作品リスト」
  3. ^ a b c d e f g 円谷英二特撮世界 2001, pp. 18–19, 「ハワイ・マレー沖海戦」
  4. ^ a b c d e f 超常識 2016, pp. 194–195, 「Column 東宝特撮戦記映画の代表作」
  5. ^ a b c d 日本特撮映画図鑑 1999, pp. 4–5, 「『ゴジラ』前夜」
  6. ^ a b c d e f g h i j 東宝特撮映画全史 1983, pp. 83–85, 「東宝特撮映画作品史 前史」
  7. ^ a b 日本特撮映画図鑑 1999, p. 144, 「東宝特撮作品 ビデオLDラインナップ 戦争映画」
  8. ^ a b c d 東宝特撮映画全史 1983, p. 535, 「主要特撮作品配役リスト」
  9. ^ 宇垣纏『戦藻録』(原書房、1968年)265頁
  10. ^ 山本 1965, pp. 213–214.
  11. ^ a b 特撮秘宝3 2016, pp. 102–109, 但馬オサム「うしおそうじ&ピープロダクション年表」
  12. ^ 山本 1965, p. 214.
  13. ^ 円谷 1970, pp. 132–135.
  14. ^ 円谷 1970, p. 135.
  15. ^ a b 山本 1965, p. 223.
  16. ^ 日本特撮映画図鑑 1999, p. 86, 「太平洋の鷲」
  17. ^ 日本特撮映画図鑑 1999, p. 96, 「特撮映画 裏のウラ[3]」
  18. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ、2002年5月1日、 170頁、 雑誌コード:01843-05。

参考書籍編集

  • 山本嘉次郎 『カツドウヤ水路』筑摩書房、1965年。ASIN B000JADOUE 
  • 円谷一 『8ミリカメラ 特撮のタネ本』芸術生活社、1970年8月25日。ASIN B00EQ477SO 
  • 『東宝特撮映画全史』監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『東宝編 日本特撮映画図鑑 BEST54』特別監修 川北紘一成美堂出版〈SEIBIDO MOOK〉、1999年2月20日。ISBN 4-415-09405-8 
  • 『円谷英二特撮世界』勁文社、2001年8月10日。ISBN 4-7669-3848-8 
  • 『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社、2016年3月13日、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  • 『ゴジラの超常識』[協力]東宝、双葉社、2016年7月24日 (原著2014年7月6日)。ISBN 978-4-575-31156-3 

外部リンク編集