ハワイ交響楽団(Hawaii Symphony Orchestra, 旧称:ホノルル交響楽団、Honolulu Symphony Orchestra)は、1900年に設立されたアメリカのロッキー山脈以西で2番目に古いオーケストラである。現在はホノルルブレイズデル・センターコンサートホールを本拠として活動している。

ハワイ交響楽団
Hawai‘i Symphony Orchestra
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ホノルル
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1900年 -
公式サイト 公式サイト
メンバー 芸術顧問
ジョアン・ファレッタ

元々パンチボウル英語版の斜面にあるクラブハウスで活動していた。1996年から2004年までは指揮者サミュエル・ウォン英語版の指揮下にあった。2007年8月、現在ミルウォーキー交響楽団英語版音楽監督を務めるアンドレアス・デルフスが正式に首席指揮者に就任した。彼は「ハレクラニ名曲シリーズ」で、1シーズンに7回のコンサートを指揮している[1]2010年から現在までジョアン・ファレッタ英語版がハワイ交響楽団の芸術顧問を務めている。コンサートマスターイグナス・ジャン英語版が務めている。

これまでの音楽監督には、フリッツ・ハート英語版(1937年-1949年)、ジョージ・バラティ1950年-1967年)、ロバート・ラ・マルキナ、ドナルド・ジョハノス1979年-1994年)、ジョアン・ファレッタ(芸術顧問)などがいる。

2014年、ハワイ交響楽団はブロードウェイ音楽、ディズニー・イン・コンサート、シルク・ドゥ・ラ・シンフォニー、ゼルダ・イン・コンサートなどの人気シリーズ「musicthatPOPS」を開始した。

歴史 編集

ハワイ交響楽団は、その最初の1世紀の間、一連の変化を遂げてきた。2度の世界大戦、世界恐慌、金融危機、音楽的・文化的な流行の変化にも耐えてきた。

2009年10月30日、ホノルル交響楽団の理事会は、連邦倒産法第11章の適用を申請することを決議した。2009年11月6日、ホノルル交響楽団は2009-2010年シーズンの残りのコンサートの中止を発表。同協会によると、同協会は100万ドルの負債を抱えており、11月以降の運営を支えるだけの資金がないという。

2010年、数百万ドルの赤字に直面した同交響楽団は連邦倒産法第7章に基づき解散したが、翌年、ホノルルの実業家グループによって「ハワイ交響楽団」という新名称で復活した。ジョアン・ファレッタが芸術監督に、シンシナティ交響楽団の元監督スティーブン・モンダーが理事長に就任した。

2010年5月、交響楽団の指導者らは、年間経費を以前の800万ドルから400万ドルに削減することを目標としていると発表した。また、40回の公演スケジュールも半分に削減され、より小さな会場での公演と、チケットの価格を変えて、すべての座席を有料客で満たすことを目指している。2010年10月15日までに連邦破産法第11章に基づく再建計画を提出する事が発表された[2] 。 2010年12月には、連邦破産法第7章に基づく清算を行い、110年後に完了する事が発表された[3]

2011年4月、ハワイの実業家グループ「交響楽団調査委員会」が、交響楽団の復活に向けた取り組みを発表した。同委員会は交響楽団の資産を買い取り、演奏家との3年契約を交渉し、2011年秋に新シーズンの開幕を予定した[4]

出典 編集

  1. ^ Westphal, Matthew. “Andreas Delfs Named Principal Conductor of Honolulu Symphony”. 2020年5月31日閲覧。
  2. ^ Jacqueline Palank (2010年5月19日). “Honolulu Symphony Revamps Business Plan”. Wall Street Journal. https://blogs.wsj.com/bankruptcy/2010/05/19/honolulu-symphony-revamps-business-plan/ 
  3. ^ Archived copy”. 2011年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月12日閲覧。
  4. ^ Symphony revived, new season planned for fall Archived 2011-09-27 at the Wayback Machine., KHON-2, May 24, 2011

外部リンク 編集