ハワード・ロバーツ

ハワード・ロバーツHoward Roberts1929年10月2日 - 1992年6月28日)は、アメリカジャズギタリスト。セッション・ギタリストとして、長くキャリアを積む一方、優れた教育者でもあった。

ハワード・ロバーツ
Howard Roberts
Howard Roberts.jpg
基本情報
出生名 Howard Mancel Roberts
生誕 (1929-10-02) 1929年10月2日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アリゾナ州フェニックス
死没 (1992-06-28) 1992年6月28日(62歳没)
ジャンル ジャズロックカントリー
職業 ミュージシャン、教育者
担当楽器 ギター
活動期間 1950年代 - 1992年
共同作業者 ボビー・トゥループチコ・ハミルトン、レッキング・クルー

略歴編集

アリゾナ州フェニックス生まれ。8歳のときにギターを弾き始め、15歳ですでにプロとして、地域の舞台に立つ。

1950年、彼はロサンゼルスに移り、ジャック・マーシャル(Jack Marshall)の支援で、ボビー・トゥループチコ・ハミルトンバーニー・ケッセルなど、著名なウエストコーストのミュージシャンと演奏することとなった。

1956年頃、ボビー・トゥループがソロ・ミュージシャンとしてヴァーヴ・レコードにサインした。これと同時期に、ハワードもソロとして活動することを決め、数多くのセッションに参加。その後、こうした活動は、1970年代前半まで続いた。

1959年、ロバーツはSFテレビドラマ『トワイライト・ゾーン』の演奏を担当し、リズムギター、リードギター、ベース、およびマンドリンを演奏した。

ロバーツがバックとして共演したミュージシャンは、ジョージー・オールドペギー・リーエディ・コクランチェット・アトキンスなどである。

1960年代後半からは、レコーディング活動よりも教育に力を入れた。ギター・セミナーを主催して全国を駆け回りながら、いくつかの教則本を著し、また数年間にわたり『Guitar Player』誌に即興演奏についてのコラムを執筆。1977年にはギター学校(Guitar Institute of Technology。ミュージシャンズ・インスティチュートの前身)を設立した。

1992年、死去。妻のパティもアクティブな音楽教育者であるが、彼の死後は彼女が活動を継続している。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ミスター・ロバーツ・プレイズ・ギター』 - Mr. Roberts Plays Guitar (1957年、Verve)
  • 『グッド・ピッキンズ』 - Good Pickin's (1959年、Verve)
  • Color Him Funky (1963年、Capitol)
  • H.R. Is a Dirty Guitar Player (1963年、Capitol)
  • 『サムシングス・クッキン』 - Something's Cookin' (1964年、Capitol)
  • Goodies (1965年、Capitol)
  • All-Time Great Instrumental Hits (1966年、Capitol)
  • Whatever's Fair! (1966年、Capitol)
  • The Movin' Man (1966年、VSP)
  • The Velvet Groove (1966年、Verve)
  • Guilty!! (1967年、Capitol)
  • 『ジョーンティ・ジョリィ』 - Jaunty-Jolly! (1967年、Capitol)
  • Out of Sight (But "In" Sound) (1968年、Capitol)
  • 『スピニング・ホイール』 - Spinning Wheel (1969年、Capitol)
  • Antelope Freeway (1971年、ABC Impulse!)
  • Sounds (1974年、Capitol)
  • Equinox Express Elevator (1975年、ABC Impulse!)
  • 『リアル・ハワード・ロバーツ』 - The Real Howard Roberts (1978年、Concord Jazz)
  • Turning to Spring (1981年、Discovery) ※フィーチャリング・ビル・メイズ
  • 『ザ・マジック・バンド・ライヴ・アット・ドンテス』 - The Magic Band Live at Donte's (1995年、V.S.O.P.)
  • 『ザ・マジック・バンド・ライヴ・アット・ドンテス Vol.2』 - The Magic Band II (1998年、V.S.O.P.)

参加アルバム編集

デヴィッド・アクセルロッド

ジューン・クリスティ

  • 『サムシング・クール』 - Something Cool (1954年、Capitol)

ソニー&シェール

  • 『アイ・ガット・ユー・ベイブ』 - Look at Us (1965年、Atco)

バディ・コレット

  • Everybody's Buddy (1957年、Challenge)
  • 『ジャズ・ラヴズ・パリ』 - Jazz Loves Paris (1958年、Specialty)

ナンシー・シナトラ

  • 『シュガー』 - Sugar (1966年、Reprise)

チコ・ハミルトン

  • 『チコ・ハミルトン・トリオ』 - Chico Hamilton Trio (1956年、Pacific Jazz)

ジョン・リー・フッカー

  • Free Beer and Chicken (1974年、ABC)

ミルト・ジャクソン

  • 『メンフィス・ジャクソン』 - Memphis Jackson (1969年、Impulse!)

ダイアン・シューア

  • 『ディードゥルズ』 - Deedles (1984年、GRP)

プラス・ジョンソン

  • 『ジス・マスト・ビー・ザ・プラス』 - This Must Be the Plas (1959年、Capitol)

ハンク・ジョーンズ

  • 『ジャスト・フォー・ファン』 - Just for Fun (1977年、Galaxy)

ハリー・ニルソン

  • 『ハリー・ニルソンの肖像』 - Harry (1969年、RCA Victor)

ベット・ミドラー

  • 『ブロークン・ブロッサム』 - Broken Blossom (1977年、Atlantic)

ジョン・クレマー

  • 『コンスタント・スロブ』 - Constant Throb (1971年、Impulse!)

ローズマリー・クルーニー

  • 『スウィングズ・ソフトリー』 - Rosemary Clooney Swings Softly (1960年、Verve)

チャールズ・カイナード

  • Where It's At! (1963年、Pacific Jazz)

ペギー・リー

  • 『シングス・アー・スインギン』 - Things Are Swingin' (1959年、Capitol)
  • Blues Cross Country (1962年、Capitol)
  • In the Name of Love (1964年、Capitol)

ハービー・マン

  • The Magic Flute of Herbie Mann (1957年、Verve)

セロニアス・モンク

  • 『モンクス・ブルース』 - Monk's Blues (1968年、Columbia)

フランク・モーガン

  • 『フランク・モーガン』 - Frank Morgan (1955年、Gene Norman Presents)

ショーティ・ロジャース

  • Chances Are It Swings (1958年、RCA Victor)

ピート・ルゴロ

  • Introducing Pete Rugolo And His Orchestra (1954年、Columbia)
  • Adventures in Rhythm (1954年、Columbia)
  • Rugolomania (1955年、Columbia)
  • New Sounds by Pete Rugolo (1957年、Harmony) ※1954年–1955年録音
  • Music for Hi-Fi Bugs (1956年、EmArcy)
  • Out on a Limb (1956年、EmArcy)
  • Rugolo Plays Kenton (1958年、EmArcy)
  • Ten Trumpets and 2 Guitars (1961年、Mercury)
  • 10 Saxophones and 2 Basses (1961年、Mercury)

ラロ・シフリン

  • Gone with the Wave (1964年、Colpix)
  • 『暴力脱獄』 - Cool Hand Luke (1967年、Dot)
  • 『ゼアズ・ア・ホウル・ラロ・シフリン・ゴーイン・オン』 - There's a Whole Lalo Schifrin Goin' On (1968年、Dot)
  • 『モア・スパイ大作戦』 - More Mission: Impossible (1968年、Paramount)
  • 『マニックス サウンドトラック TV編』 - Mannix (Themes from the Original Score of the Paramount Television Show) (1968年、Paramount)
  • 『ブリット オリジナル・サウンドトラック』 - Bullitt (1968年、Warner Bros.)
  • 『戦略大作戦』 - Kelly's Heroes (1970年、MGM)
  • Rock Requiem (1971年、Verve)

バド・シャンク

  • 『ザ・フルート・アンド・ジ・オーボエ』 - Flute 'n Oboe (1957年、Pacific Jazz) ※with ボブ・クーパー
  • 『ブローイン・カントリー』 - Blowin' Country (1959年、World Pacific) ※with ボブ・クーパー
  • 『風のささやき』 - Windmills of Your Mind (1969年、Pacific Jazz)

ガボール・ザボ

  • 『ウインド、スカイ・アンド・ダイアモンズ』 - Wind, Sky and Diamonds (1967年、Impulse!)

ボビー・トゥループ

  • 『ボビー・トゥループ!!』 - Bobby Troup! (1953年、Capitol)

ラリー・ウィリアムズ

  • 『ヒアズ・ラリー・ウィリアムス』 - Here's Larry Williams (1958年、Specialty) ※「Dizzy, Miss Lizzy」に参加[1]

脚注編集

  1. ^ Larry Williams: Bad Boy The Legends of Specialty Records, Speciality Records 1989, liner notes

外部リンク編集