メインメニューを開く

ハンスハインツ・シュネーベルガー

ハンスハインツ・シュネーベルガー(Hansheinz Schneeberger, 1926年10月16日 - 2019年10月23日)は、スイスヴァイオリン奏者[1]

ハンスハインツ・シュネーベルガー
生誕 (1926-10-06) 1926年10月6日
出身地 スイスの旗 スイスベルン
死没 (2019-10-23) 2019年10月23日(93歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

1926年ベルン生まれ。地元の音楽院でヴァルター・ケギに学ぶ傍らでルツェルンカール・フレッシュのところに通い、パリでボリス・カメンスキーにも師事した。1958年から1961年まで北ドイツ放送交響楽団コンサートマスターを務め、1965年からプラード・カザルス音楽祭に参加した。

1952年にはフランク・マルタンのヴァイオリン協奏曲、1958年にはバルトークヴァイオリン協奏曲第1番、1970年にはクラウス・フーバーの《テンポーラ》の初演をそれぞれ手掛けた。

1995年にはツヴィッカウからロベルト・シューマン賞を贈呈されている。[2]

2019年10月23日、スイス・バーゼルにて死去した[3]。93歳没。

脚注編集

  1. ^ portrait hansheinz schneeberger
  2. ^ http://www.musinfo.ch/index.php?content=maske_personen&pers_id=206
  3. ^ "Top-Violonist Hansheinz Schneeberger (93) gestorben". Online Reports. Online Reports. 2019-10-25. Retrieved 2019-10-26.