ハンス・アダム2世

ハンス・アダム2世ドイツ語: Hans Adam II.、ヨハネス・アダム・フェルディナント・アロイス・ヨーゼフ・マリア・マルコ・ダヴィアーノ・ピウス・フォン・ウント・ツー・リヒテンシュタイン、Johannes Adam Ferdinand Alois Josef Maria Marko d'Aviano Pius von und zu Liechtenstein1945年2月14日 - )は、リヒテンシュタイン[1](在位:1989年11月13日 - )。先代のリヒテンシュタイン公フランツ・ヨーゼフ2世とその妻ゲオルギーナ・フォン・ヴィルツェクの間の長男。

ハンス・アダム2世
Hans Adam II.
リヒテンシュタイン
Ιωάννης Αδάμ Β΄ του Λίχτενσταϊν.jpg
ハンス・アダム2世(2013年)
在位 1989年11月13日 - 在位中
全名 Johannes Adam Ferdinand Alois Josef Maria Marko d'Aviano Pius
ヨハネス・アダム・フェルディナント・アロイス・ヨーゼフ・マリア・マルコ・ダヴィアーノ・ピウス
出生 (1945-02-14) 1945年2月14日(72歳)
スイスの旗 スイスチューリッヒ
配偶者 マリー・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウ
子女 アロイス
マクシミリアン
コンスタンティン
タチアナ
王家 リヒテンシュタイン家
父親 フランツ・ヨーゼフ2世
母親 ゲオルギーナ・フォン・ヴィルツェク
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

概要編集

1989年に即位し、以来リヒテンシュタインの元首として統治を行ってきたが、2004年8月15日に長男のアロイス公子を摂政として統治権を譲り、自らは名目上の元首としての地位のみを有することとなった。なお、リヒテンシュタイン家はオーストリア・ハプスブルク家の家臣であったという歴史的経緯からオーストリア国籍も有している。ハンス・アダム2世は、ヨーロッパの君主のなかで所有資産が最大であり(2位はモナコアルベール2世)、約50億ドル(同時期の日本円換算で約5500億円)を所有している[2]

子女編集

マリー・キンスキーとの間に4人の子女がある。

脚注編集

  1. ^ 公国(principality)の元首である(prince)。侯国と訳す場合には候。
  2. ^ フォーブスアジア版 2008年8月22日。
先代:
フランツ・ヨーゼフ2世
リヒテンシュタイン公
1989年 -
次代: