メインメニューを開く

ハンス・カラフース(Hans Kalafusz, 1940年9月3日 - )[1]は、オランダヴァイオリン奏者[2][3]

ハーグの生まれ。ハイデルベルク音楽院を経てマンハイムでユストゥス・リンゲルベルクにヴァイオリンを師事し、プラハでウィリー・シュヴェイダの薫陶を受けた。20歳でシュトゥットガルト放送交響楽団のコンサートマスターに抜擢され、セルジュ・チェリビダッケカール・ミュンヒンガーネヴィル・マリナーゲオルク・ショルティらと共演した。ドナウ・エッシンゲンやワルシャワ等の現代音楽祭に度々出演し、その縁で1974年にドイツ弦楽三重奏団を結成する。

1980年からシュトゥットガルト音楽院で教鞭をとる。

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ German String trio
  3. ^ [2]