メインメニューを開く

ハンス・クナッパーツブッシュ

ハンス・クナッパーツブッシュHans Knappertsbusch, 1888年3月12日 - 1965年10月25日)は、ドイツ指揮者ミュンヘンウィーンなどで活躍し、とくにリヒャルト・ワーグナーアントン・ブルックナーの大家として知られる。1951年から1964年にかけて、ほぼ毎年出演したバイロイト音楽祭では主幹的指揮者を務めた。

ハンス・クナッパーツブッシュ
Hans Knappertsbusch
Hans Knappertsbusch.jpg
基本情報
別名 クナ (Kna)
生誕 1888年3月12日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国・エルバーフェルト(現ヴッパータール
死没 (1965-10-25) 1965年10月25日(77歳没)西ドイツの旗 西ドイツ ミュンヘン
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

193センチの長身で、ドイツや日本では「クナ」(Kna) の愛称で親しまれた。

目次

生涯編集

ラインラント地方の都市エルバーフェルト(現在はヴッパータール市の一部)にあるアルコール蒸留会社を経営していたグスタフの次男として生まれる。(なお、同郷出身の指揮者にはギュンター・ヴァントや、ホルスト・シュタインがいる。)クナッパーツブッシュは子供の頃から音楽家に憧れていたが、家族、特に母と兄(後に会社を継ぐ)の反対もあり、ボン大学に進み哲学を学んだ。後にミュンヘンでも哲学を学び、卒業論文は『パルジファルにおけるクンドリー』であったと言われる。ケルン音楽大学にて音楽を修め、ブラームスの演奏で有名なフリッツ・シュタインバッハに指揮法を学ぶ。

1909年から1912年までバイロイト音楽祭における、ハンス・リヒターの助手として潜り込むことに成功。それ以後、故郷のエルバーフェルトやライプツィヒデッサウミュールハイム・アン・デア・ルール(1910年に、ここでデビューしたと伝えられる)など各地の歌劇場やオーケストラにて修行を重ね、1922年、34歳にしてブルーノ・ワルターの後任としてミュンヘンのバイエルン州立歌劇場の音楽監督に就任する。翌1923年にはウィーンに初めて進出し、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とも1929年のザルツブルク音楽祭で初顔合わせを果たしている。しかし、1935年バイエルン州での演奏活動を禁止され、同時にバイエルン州立歌劇場からも追放される(後任は当時ナチ寄りとされたクレメンス・クラウス)。追放後はウィーンとベルリン、ザルツブルク音楽祭などに定期的に客演した。1936年からはウィーン国立歌劇場を根城に、1944年6月30日の『神々の黄昏』上演(爆撃で破壊される前の最後の上演)まで同劇場で精力的な演奏活動を繰り広げた。『黄昏』上演後は、終戦まで息を潜めていた。

1945年8月17日、ミュンヘンのプリンツレゲンテン劇場のバイエルン州立管弦楽団とのコンサートで活動を再開するも、1ヵ月後に連合軍から「反ユダヤ主義者」という誤った嫌疑で活動を禁止されてしまう(彼はユダヤ人とも交際が幅広かった。禁止解除後、連合軍は謝罪している)。2年後の1947年バンベルク交響楽団を指揮し改めて活動を再開。ミュンヘンとウィーンを中心に指揮活動を継続した。1951年にはバイロイト音楽祭に初登場、『指環』、『パルジファル』を指揮した。

 
聖ゲオルグ教会(2007年撮影)

その後はウィーン、ベルリン、バイロイトを中心に、イタリアパリでも演奏活動を続けたが、1961年ブリュッセルで胃の大手術を受け、以後は体力が衰えがちとなり椅子に座って指揮するようになった。1964年の秋に自宅で転倒して大腿骨を骨折したのが原因で一気に体力が衰え、翌1965年に自宅で亡くなった。クナッパーツブッシュの亡骸は2番目の妻であるマリオン(1895-1984)とともにミュンヘンのボーゲンハウゼン墓地(聖ゲオルグ教会)に葬られている。[1]

人物編集

クナッパーツブッシュは大変な練習嫌いで通っていた。第二次世界大戦中の爆撃で破壊され、1955年に再建されたウィーン国立歌劇場の再開記念公演で、リヒャルト・シュトラウスの楽劇『薔薇の騎士』を上演することになった時には、練習場所のアン・デア・ウィーン劇場でメンバーに向かって「あなたがたはこの作品をよく知っています。私もよく知っています。それでは何のために練習しますか」と言って帰ってしまった[2]。この本番のライヴ録音はCD化されている。

ただし音楽評論家の吉田秀和は、これはオーケストラや指揮者がそれまで繰り返し手がけてきた作品であることを前提としており、クナッパーツブッシュがどんな場合でも準備をしなかった訳ではないだろうとしてる[3]

また、修行時代から患っていた三半規管の異常により、ある程度以上頭を下げると下げた方向に体が倒れてしまうため、お辞儀は不得手であり、せいぜい演奏前か演奏後の1回程度だったと言われる。もっとも、「クナの出演する演奏会はすべて祝祭演奏会である」などと形容された晩年には、熱狂的で鳴り止まぬ拍手にサービスでお辞儀をすることもあった。しかし、この病のせいで飛行機はおろか船旅もおぼつかず、ロンドン行きが限度のため、終生ヨーロッパ大陸から離れることができなかった。

ナチスには終始冷淡な態度を示した。ただし、ナチスの政権奪取後は流石に表だった批判をせず、体制に配慮してトーマス・マンを非難する論文に署名したり、ヒムラーの臨席による親衛隊向けのコンサートを主催するなど、それなりに合わせてはいたが、ヒトラーから「彼のオペラを聴くのは苦痛だ」と嫌悪されミュンヘンを追放されたことで、ナチス嫌いに拍車がかかることとなった。ウィーン時代には演奏会でのナチス式敬礼を拒否したり、ヒトラーを出迎えなかったり、ヒトラーのラジオ放送に悪態をついたり、その反骨ぶりは相変わらずであった。結果としてナチスからは冷遇されたが、クナッパーツブッシュにとってはむしろ幸運であった。あれほどナチスによる音楽活動に従事していたにもかかわらず、戦後断罪されなかった最大の根拠となったのである。

演奏解釈・スタイル・レパートリー編集

岩城宏之がウィーンにいた頃、ウィーン・フィルの楽員に「クナの指揮スタイルが理想だ」と言ったところ、「クナは若い頃は無茶苦茶していたんだ。年をとってからああいう風になっただけだ。君も若いうちは無茶苦茶やればいい」と諭されたという。このように、若かりし頃のクナッパーツブッシュの演奏スタイルは、後年のイメージとは大きくかけ離れたものだったようである(同じことが、オットー・クレンペラーなどにも当てはまる)。40代からレコーディング活動を行っているが、収録時間の関係もあったのだろうがテンポの変化が激しく、後年にレコーディングされた一連のレコード群と比較すると、この差は歴然としている。後年はレコーディング活動を疎ましく思うようになっていったといわれる。

21世紀に入ってクナッパーツブッシュがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を振ったコンサート映像(ワーグナーの『ワルキューレ』第1幕全曲、『トリスタンとイゾルデ』から前奏曲と「愛の死」、ジークフリート牧歌など)がDVD化され、クナッパーツブッシュの指揮の映像を広く目にすることができるようになった。 ヴィルヘルム・バックハウスとのベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番などコンチェルトの伴奏も映像として残されているが、こちらは眼鏡を掛けて総譜を絶えず見ながら、より控えめにそして極めて真面目に振っている。コンチェルトの指揮に関しては、残された録音ではしばしばソリストとオケのテンポ等がずれてしまっているため、クナッパーツブッシュはソリストに合わせようという気がないのではないかという説もあったが、この映像を観る限りそれは完全な誤りであることが分かる。[独自研究?]

ワーグナー編集

楽劇の中では『パルジファル』がお気に入りであり、バイロイトでは1951年から死の前年の1964年まで、出演拒否した1953年を除いて連続して指揮をした。バイロイトでのライヴは、1962年の『パルジファル』は早くからフィリップスよりリリースされていたが、20世紀末以降はクナッパーツブッシュ協会の監修を経て GOLDEN MELODRAM など各種レーベルからリリースされている。

クナッパーツブッシュのバイロイト出演記録

なお、ゲオルク・ショルティがレコーディングしてワーグナー録音の一大金字塔を打ち立てた『ニーベルングの指環』全曲録音は、最初はクナッパーツブッシュに依頼されたものであり、その下準備のためのレコーディング(『ワルキューレ』第1幕。ジークリンデ:キルステン・フラグスタート、ジークムント:セット・スヴァンホルム、フンディング:アーノルト・ヴァン・ミル)も行われた。

ブルックナーのスコア選択編集

ブルックナーの交響曲もクナッパーツブッシュの得意としたレパートリーであるが、原典版を使用しなかったことでも知られている。クナッパーツブッシュの若いころにはブルックナーのスコアはいわゆる「改訂版」しか出版されていなかった。この改訂版にはブルックナー以外の者による改変・カットなどがあったが、こうした改変・カットを見直すべく1935年以来ローベルト・ハースによって校訂された「原典版」が出版され、その後ハースに引き続いてレオポルト・ノヴァークによって校訂された新しい原典版も出版されていった(「ブルックナーの版問題」も参照のこと)。しかしクナッパーツブッシュはブルックナーの交響曲の演奏に際し、校訂された原典版は採用せず旧来の改訂版ばかりを使用した。クナッパーツブッシュがなぜ旧態依然とした改訂版の使用に固執し、原典版を採り上げなかったのかについては様々な見方がある。

クナッパーツブッシュがスタジオ録音したブルックナーの交響曲はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した3番4番5番ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した8番がある。このほか7番9番にもライヴ録音がある。現代では改訂版による演奏に接する機会は極めて稀であり、クナッパーツブッシュによる演奏が「一番入手しやすい改訂版のCD」となっている。

レパートリー編集

ワーグナー指揮者、ブルックナー指揮者のイメージが強すぎるため見過ごされがちだが、実際のレパートリーは幅広く、コンサートではバッハからモーツァルトベートーヴェンブラームスチャイコフスキーマーラー、リヒャルト・シュトラウス、シベリウスバルトークフランツ・シュミットストラヴィンスキーテオドール・ベルガーを、オペラではリヒャルト・シュトラウスの他、ヴェルディプッチーニコルンゴルトプフィッツナーヴォルフ=フェラーリなども指揮していた。また、ウェーバーシューベルトヨハン・シュトラウスなどの小品を振った演奏も高く評価されている。

関連項目編集

参考文献編集

  • 岩城宏之属啓成「クナッパーツブッシュ逝く 最後の巨星!」『音楽の友』1965年12月号、音楽之友社、1965年。
  • オットー・シュトラッサー『栄光のウィーン・フィル―前楽団長が綴る半世紀の歴史』芹澤ユリア訳、音楽之友社、1977年、ISBN 4276217806
  • フランツ・ブラウン『クナッパーツブッシュの思い出(原題"Hans Knappertsbusch zur Erinnerung")』野口剛夫編訳、芸術現代社、1988年/1999年
  • 宇野功芳「ハンス・クナッパーツブッシュ 巨大な造型、壮大な響き、大波がうねるようなダイナミクス、すべてが破天荒な巨人」『クラシック 続・不滅の巨匠たち』音楽之友社、1994年、18頁 - 21頁。
  • 吉田光司「曲目解説」『ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、ミュンヘン・フィル。ブルックナー:交響曲第8番(改訂版)』ユニバーサルビクター/ビクターエンタテンメント、1997年。
  • 舩木篤也「『改訂版』さいごの守護者?」『ハンス・クナッパーツブッシュ指揮、ミュンヘン・フィル。ブルックナー:交響曲第8番(改訂版)』ユニバーサルビクター/ビクターエンタテンメント、1997年。
  • 吉田光司『Hans Knappertsbusch Discography』キング・インターナショナル、1999年。
  • 奥波一秀『クナッパーツブッシュ ― 音楽と政治』みすず書房、2001年。
  • アレクサンダー・ヴィテシュニク『ウィーン・フィル えぴそーど』福原信夫/吉野忠彦 共訳 立風書房

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 実現したクナのお墓参り「ぱたのアナログな世界」2018年9月22日閲覧
  2. ^ 吉田秀和著『世界の指揮者』(新潮文庫、1982年)にも、場所と時期は明言されていないがこれに類する逸話が紹介されている(p113)。ただし、真実か誇張かは定かでないとしている。
  3. ^ 吉田秀和著『世界の指揮者』新潮文庫、1982年、113頁。

ポスト編集