ハンス・ヘルマン・ユンゲ

ハンス・ヘルマン・ユンゲドイツ語Hans-Hermann Junge、1914年2月11日 - 1944年8月13日)[Note 1]は、ホルシュタイン地方のプレエッツに生まれた。ナチス・ドイツ親衛隊に勤務した。最終階級は親衛隊中尉である。ユンゲは、アドルフ・ヒトラーの護衛を担当し、周囲からは従者と見なされていた。また、ユンゲは、ヒトラー最後の個人秘書として知られるトラウデル・ユンゲの夫である[1]。ユンゲは、1944年8月、ノルマンディーの戦いに参加し、戦いの後半で死亡した。現在、ユンゲは、シャンピニー=サンタンドレ ドイツ戦争墓地英語版に埋葬されている。

ハンス・ヘルマン・ユンゲ
Hans-Hermann Junge
Hans Hermann Junge.jpg
生誕 1914年2月11日
ドイツ、プレエッツ
死没 1944年8月13日
フランスドルー
所属組織 武装親衛隊
軍歴 1933年 - 1944年
最終階級 親衛隊中尉
テンプレートを表示

経歴編集

ユンゲは、1914年2月、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州プレエッツ英語版で生を受けた。1934年、親衛隊に志願入隊する。所属部隊は、第1SS装甲師団 ライプシュタンダーテ・SS・アドルフ・ヒトラーであった。

1936年7月1日、ユンゲはヒトラー個人の護衛を担当する総統護衛隊英語版の隊員に選ばれた[2]。1940年、ユンゲは、ヒトラーの秘書であったトラウデル・フンプスに出会う。ユンゲは、周囲からハインツ・リンゲに次ぐ二人目の従者と見なされた[3]。ユンゲは、総統官邸や、ベルヒテスガーデン近くにあったヒトラーの自宅で、ヒトラーの身の回りの世話を担当した。妻トラウデルの回想によれば、リンゲとユンゲの2人は、従者と呼ばれ、実際にヒトラーの身の回りの世話をしていた。二人は、ヒトラーが移動する時も常に帯同し、ヒトラーの身の回りの雑務を片付けていた。仕事の内容は、ヒトラーを起こすことから始まり、新聞からの報告を提出する事、毎日の食事内容や、当日の服装を決めることまで含まれていた。リンゲとユンゲは、2日ごとに交代していた[4]

ヒトラーの仲介を経て、ユングとトラウデルは、1943年6月19日に結婚した。1943年7月14日に、ユンゲは第12SS装甲師団に異動した[2]。第12装甲師団は、ノルマンディーに来襲すると予想された連合軍を迎え撃つ準備をしていた。すなわち、この異動はユンゲが最前線に赴くことを意味した。夫が戦地に向かうことについて、トラウデルは次のように回顧録に残している[5]

……ユンゲは、ヒトラーから強い影響を受けていた。ユンゲは、自分の考えが、彼自身から出たものなのか、それともヒトラーから影響を受けたために出たものなのか、分からなくなるほどであった。一方で、ユンゲは、自分がヒトラーから強い影響を受けていると自覚した数少ない人々の一人でもあった。ユンゲは、自分自身を取り戻したかった。ユンゲは、何度か戦地に赴任させてもらえるようにヒトラーに申し出たが、それは彼がヒトラーとの付き合いをやめるための唯一の方法だった……

翌年1944年、ユンゲはフランスドルーで、対空戦闘の最中、戦死した。最終階級は、親衛隊中尉である。ヒトラーユーゲントの少年兵だったアーミン・レーマンの回顧録によれば、「ヒトラーはユンゲに好意的であったため、彼の死にとても憤慨した。そして、自らトラウデルにその死を伝えた」という[1]。トラウデルが夫の死を知った後、ヒトラーは秘書として自身の元に留まるように、トラウデルに頼んだ。トラウデルは未亡人だったので、ヒトラーはトラウデルを「世話をする」と約束した[6]

 
1944年撮影

脚注編集

  1. ^ Some sources give date of death as 18 August 1944. Junge, Traudl (2002). Until the Final Hour, London, Notes section #10.

出典編集

  1. ^ a b Lehmann & Carroll 2005.
  2. ^ a b Hoffmann 2000, p. 56.
  3. ^ Hamilton 1984, p. 155.
  4. ^ Galante & Silianoff 1989, p. 39.
  5. ^ Junge, Traudl (2002). Until the Final Hour, London. ISBN 0-297-84720-1.
  6. ^ Galante & Silianoff 1989, pp. 124–125.

参考文献編集

  • Galante, Pierre; Silianoff, Eugene (1989). Voices From the Bunker. New York: G. P. Putnam's Sons. ISBN 978-0-3991-3404-3.  Galante, Pierre; Silianoff, Eugene (1989). Voices From the Bunker. New York: G. P. Putnam's Sons. ISBN 978-0-3991-3404-3.  Galante, Pierre; Silianoff, Eugene (1989). Voices From the Bunker. New York: G. P. Putnam's Sons. ISBN 978-0-3991-3404-3. 
  • Hamilton, Charles (1984). Leaders & Personalities of the Third Reich, Vol. 1. R. James Bender Publishing. ISBN 0-912138-27-0.  Hamilton, Charles (1984). Leaders & Personalities of the Third Reich, Vol. 1. R. James Bender Publishing. ISBN 0-912138-27-0.  Hamilton, Charles (1984). Leaders & Personalities of the Third Reich, Vol. 1. R. James Bender Publishing. ISBN 0-912138-27-0. 
  • Hoffmann, Peter (2000) [1979]. Hitler's Personal Security: Protecting the Führer 1921–1945. New York: Da Capo Press. ISBN 978-0-30680-947-7.  Hoffmann, Peter (2000) [1979]. Hitler's Personal Security: Protecting the Führer 1921–1945. New York: Da Capo Press. ISBN 978-0-30680-947-7.  Hoffmann, Peter (2000) [1979]. Hitler's Personal Security: Protecting the Führer 1921–1945. New York: Da Capo Press. ISBN 978-0-30680-947-7. 
  • Lehmann, Armin Dieter; Carroll, Tim (2005). In Hitler's Bunker: A Boy Soldier's Eyewitness Account of the Fuhrer's Last Days. Globe Pequot. ISBN 978-1-59228-578-5.  Lehmann, Armin Dieter; Carroll, Tim (2005). In Hitler's Bunker: A Boy Soldier's Eyewitness Account of the Fuhrer's Last Days. Globe Pequot. ISBN 978-1-59228-578-5.  Lehmann, Armin Dieter; Carroll, Tim (2005). In Hitler's Bunker: A Boy Soldier's Eyewitness Account of the Fuhrer's Last Days. Globe Pequot. ISBN 978-1-59228-578-5. 

関連項目編集