ハンス・ホルバイン (父)

ハンス・ホルバイン (父)(Hans Holbein der Ältere, 1460年 - 1524年)はドイツ出身の画家である。バイエルン州アウクスブルクで生まれた。彼と彼の兄弟ジギスムントはゴシック・スタイルの宗教画を得意とした。彼はドイツ絵画をルネサンス・スタイルに変換したリーダー的存在であった。

ハンス・ホルバイン (父)
Hans Holbein der Ältere
Holbein d AE.jpg
生誕1460年頃
ドイツ,アウクスブルク
死没1524年
フランス,Issenheim

ホルバインはまた、木版画家、挿絵画家でもあった。彼の作品としてデジデリウス・エラスムスの「痴愚神礼讃」の挿絵がよく知られている。

同名の息子ハンス・ホルバイン (子)も、もう一人の息子アンブロシウスも著名な画家である。

作品編集