メインメニューを開く

ハンス・ロイシュ

ノルウェーの地質学者

ハンス・ロイシュ(Hans Henrik Reusch、1852年9月5日1922年10月27日)はノルウェーの地質学者である。

ベルゲンで生まれた。クリスチャニア、ライプツィヒ、ハイデルベルクで学び、1883年、クリスチャニアで博士号を得た。

1875年ノルウェー地質調査所に入り、1888年、所長となった。ノルウェーの結晶片岩古生代の岩石の研究で知られる。ベルゲン地域の変成岩の中にシルル紀の化石を発見し、1891年ヴァランゲル・フィヨルドに氷河起源の古生代の礫岩を研究し、ノルウェーの地形学にも貢献した。

著書にSilur fossiler og pressede Konglomerater (1882年) や Det nordlige Norges Geologi (1891年)がある。

ロイシュ・メダル編集

ロイシュが設立者の一人であるノルウェー地質学会(Norges Geologisk Forening)は1926年、ロイシュを記念してロイシュ・メダル(Reuschmedaljen)を創設した。

受賞歴編集

外部リンク編集