ハンターキラー 潜航せよ

2018年の映画

ハンターキラー 潜航せよ』(ハンターキラーせんこうせよ、Hunter Killer)は2018年アメリカ合衆国スリラー映画。監督はドノヴァン・マーシュ、主演はジェラルド・バトラーが務めた。本作はドン・キースと米海軍潜水艦の元艦長ジョージ・ウォレス2012年に発表したFiring Point(原作は、"Final Bearing"、The Hunter Killer Series"の第1巻。シリーズは全6巻まである)を原作としている。なお、本作はミカエル・ニクヴィストの遺作のひとつ[4]

ハンターキラー 潜航せよ
Hunter Killer
監督 ドノヴァン・マーシュ
脚本 アーン・シュミット
ジェイミー・モス英語版
原作 ドン・キース
ジョージ・ウォレス
『ハンターキラー 潜航せよ』(早川書房
製作 ジェラルド・バトラー
マーク・ギル
トビー・ジャッフェ
マシュー・オトゥール
ニール・H・モリッツ
アラン・シーゲル
レス・ウェルドン
ジョン・トンプソン
タッカー・トゥーリー英語版
製作総指揮 クリスタ・キャンベル
ジェフリー・グリーンスタイン
ラティ・グロブマン
ケヴィン・キング
アヴィ・ラーナー
クリスティーン・オタール
アーン・シュミット
ハイディ・ジョー・マーケル
出演者 ジェラルド・バトラー
ゲイリー・オールドマン
コモン
リンダ・カーデリーニ
トビー・スティーブンス
ミカエル・ニクヴィスト
音楽 トレヴァー・モリス英語版
撮影 トム・マライス
編集 マイケル・J・ドゥーシー
製作会社 オリジナル・フィルム
ミレニアム・フィルムズ英語版
Gベース
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート/サミット・エンターテインメント
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年10月26日
日本の旗 2019年4月12日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $29,325,209[2]
日本の旗 4億5000万円[3]
テンプレートを表示

ストーリー編集

ロシア領バレンツ海にて、アメリカ合衆国海軍潜水艦USSタンパベイが何者かに撃沈され、消息を絶つ。軍上層部は詳細を調べるためにジョー・グラス艦長の指揮する潜水艦USSアーカンソーの派遣を決定する。

一方、ロシア連邦のザカリン大統領は、北海に面したコラ半島のフィヨルドの奥にあるポリャルヌイ海軍基地を訪れていたが、ドゥロフ国防大臣率いるタカ派がクーデターを起こし、身柄を拘束されてしまった。

事態を察知したアメリカは、4名のNavy SEALsを現地に派遣して情報収集を行いつつ、状況の打開を模索する。ジョン・フィスク海軍少将はザカリン大統領を救出する作戦を立案し、ドーヴァー米大統領は世界の秩序を守るべく作戦を承認する。

任務を受けた潜水艦USSアーカンソーは、死地へと潜入していった。

キャスト編集

アーカンソー乗員編集

ジョー・グラス
演 - ジェラルド・バトラー、日本語吹替 - 小原雅人[5][6]
バージニア級原子力潜水艦アーカンソーの艦長。海軍中佐。海軍兵学校の出身者ではなく一兵卒からの叩き上げ。
ブライアン・エドワーズ
演 - カーター・マッキンタイア、日本語吹替 - 丸山智行
潜水艦アーカンソーの副長。海軍少佐。

Navy SEALs隊員編集

ビル・ビーマン
演 - トビー・スティーブンス、日本語吹替 - 長野伸二[5][6]
Navy SEALs隊員。偵察チームのリーダー。
ポール・マルティネリ
演 - ゼイン・ホルツ英語版、日本語吹替 - 田所陽向
Navy SEALs隊員。ビーマンの部下の一人で新人のスナイパー。
デヴィン・ホール
演 - マイケル・トルッコ、日本語吹替 - 谷内健
Navy SEALs隊員。ビーマンの部下の一人。
マット・ジョンストン
演 - ライアン・マクパートリン、日本語吹替 - 川原元幸
Navy SEALs隊員。ビーマンの部下の一人。

対策本部編集

アイリーン・ドーヴァー
演 - キャロライン・グッドール
アメリカ合衆国大統領
チャールズ・ドネガン
演 - ゲイリー・オールドマン、日本語吹替 - 安原義人[5][6]
統合参謀本部議長。海軍大将。
ジョン・フィスク
演 - コモン、日本語吹替 - 俊藤光利[5][6]
海軍少将。
ジェーン・ノーキスト
演 - リンダ・カーデリーニ、日本語吹替 - 長尾歩[5][6]
NSA局員。

ロシア編集

ニコライ・ザカリン
演 - アレクサンドル・ディアチェンコ英語版、日本語吹替 - 綿貫竜之介[5]
ロシア大統領
セルゲイ・アンドロポフ
演 - ミカエル・ニクヴィスト、日本語吹替 - 牛山茂[5]
アクラ型原子力潜水艦コーニクの艦長。ドゥーロフ派の破壊工作により乗艦を撃沈されるも沈没した艦で生存しており、アーカンソーに救出され、ザカリン救出に協力する。
オレク
演 - ユーリー・コロコリニコフ英語版、日本語吹替 - 藤田幹彦
ザカリンのSP。
ウラジミール・ストレフ
演 - イリア・ヴォロック英語版
ドゥーロフ派のアクラ級原子力潜水艦艦長。潜水艦タンパベイを撃沈し、更に潜水艦アーカンソーと交戦する。
ドミトリー・ドゥーロフ
演 - ミハイル・ゴア、日本語吹替 - 及川ナオキ
ロシアの国防相。クーデターを敢行し、ザカリンを監禁する。
トレチャク
演 - イゴール・ジジキン
ロシア特殊部隊隊長。ドゥーロフの部下で基地の警備を担当。

その他編集

ロサンゼルス級原子力潜水艦タンパベイ艦長
演 - コーリイ・ジョンソン
海軍の士官
演 - デヴィッド・ギャーシー
ヒメネス
演 - ガブリエル・チャバリア英語版、日本語吹替 - 三好翼
ニコルズ
演 - キーロン・ビンプソン
ベルフォード
演 - テイラー・ジョン・スミス英語版、日本語吹替 - 竜門睦月
潜水艦アーカンソーのソナーオペレーター。
ターナー
演 - シェーン・テイラー、日本語吹替 - 中野泰佑
潜水艦アーカンソーの水雷長。
マッカウ
演 - コーラ・ボッキーニ
メディック・ジョーンズ
演 - リチャード・ヒルズ

製作編集

2015年11月12日、オリジナル・フィルムが新作映画の製作に着手したと報じられた[7]2016年3月3日、ドノヴァン・マーシュが監督に起用され、ジェラルド・バトラーとゲイリー・オールドマンの出演が決まったとの報道があった[8]。6月23日、テイラー・ジョン・スミスの出演が決定した[9]。7月6日、ガブリエル・チャバリアがキャスト入りした[10]。7日、ゼイン・ホルツが本作に出演すると報じられた[11]。13日、マイケル・トルッコとライアン・マクパートリンの出演が決まった[12]。19日、ミカエル・ニクヴィストの起用が発表された[13]。21日、デヴィッド・ギャーシーがキャスト入りしたとの報道があった[14]。8月4日、リンダ・カーデリーニが本作に出演すると報じられた[15]

撮影編集

2016年7月25日、本作の主要撮影ロンドンで始まった[16]

興行収入編集

本作は『Indivisible』及び『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』と同じ週に封切られ、公開初週末に750万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[17]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2018年10月26日、本作は全米2728館で公開され、公開初週末に665万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場5位となった[18]。この数字はジェラルド・バトラー主演作としては異例の低さであった[1]

評価編集

本作に対する批評家の評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには101件のレビューがあり、批評家支持率は37%、平均点は10点満点で4.7点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「潜水艦を舞台にした作品の多くと同様、『ハンターキラー 潜航せよ』は陰鬱な雰囲気のアクション映画になっている。そのおざなりなストーリー展開は他の作品で何回も展開されたものをなぞっている。」となっている[19]。また、Metacriticには28件のレビューがあり、加重平均値は43/100となっている[20]。なお、本作のCinemaScoreは A+ から F のうちの A- となっている[21]

出典編集

  1. ^ a b ‘Halloween’ Screams $32M Second Weekend As October B.O. Hits $789M+ Record”. 2018年10月30日閲覧。
  2. ^ Hunter Killer (2018)” (英語). The Numbers. 2020年2月23日閲覧。
  3. ^ 『キネマ旬報』2020年3月下旬特別号 65頁
  4. ^ Michael Nyqvist, 'Dragon Tattoo' Star, Dies at 56”. 2018年10月22日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g ハンターキラー 潜航せよ”. WOWOW. 2021年3月11日閲覧。
  6. ^ a b c d e ハンターキラー 潜航せよ”. スター・チャンネル. 2021年3月11日閲覧。
  7. ^ Relativity & Neal Moritz Strike ‘Hunter Killer’ Deal; Millennium Films On Board”. 2018年10月22日閲覧。
  8. ^ ‘Hunter Killer’ Moving Ahead; Donovan Marsh Helms Gerard Butler/Gary Oldman Thriller In London July 25th”. 2018年10月22日閲覧。
  9. ^ Taylor John Smith Dives Into ‘Hunter Killer’; Hiroyuki Sanada Gets ‘Life’”. 2018年10月22日閲覧。
  10. ^ Gabriel Chavarria Enlists In Action Thriller ‘Hunter Killer’”. 2018年10月22日閲覧。
  11. ^ Zane Holtz Comes Aboard ‘Hunter Killer’; Marcus Vanco Joins ‘Day Of The Dead’ Remake”. 2018年10月22日閲覧。
  12. ^ Michael Trucco & Ryan McPartlin Sail With ‘Hunter Killer’; Wendy Braun Joins ‘The Clapper’”. 2018年10月22日閲覧。
  13. ^ 'Containment' Actor David Gyasi Joins Gerard Butler in 'Hunter Killer' (Exclusive)”. 2018年10月22日閲覧。
  14. ^ Toby Stephens Takes Co-Star Lead Opposite Gerard Butler In ‘Hunter Killer’”. 2018年10月22日閲覧。
  15. ^ Linda Cardellini Joins ‘Hunter Killer’ Cast”. 2018年10月22日閲覧。
  16. ^ Hunter Killer to start filming in London”. 2018年10月22日閲覧。
  17. ^ 'Halloween' Set for Second Weekend at #1 as Holdovers Continue to Dominate”. 2018年10月30日閲覧。
  18. ^ October 26-28, 2018”. 2018年10月30日閲覧。
  19. ^ Hunter Killer”. 2018年12月13日閲覧。
  20. ^ Hunter Killer (2018)”. 2018年12月13日閲覧。
  21. ^ 'Halloween' Repeats at #1, Helping October 2018 Reach Record Heights”. 2018年12月13日閲覧。

外部リンク編集