メインメニューを開く
インペリアル航空のH.P.42

ハンドレイ・ページHandley Page Aircraft Company)はフレデリック・ハンドレイ・ページ(Frederick Handley Page)によって1909年に設立されたイギリスの航空機メーカー。よくハンドレページと表記される。

歴史編集

第一次世界大戦編集

第一次世界大戦中はイギリス海軍のための爆撃機を製作した。第一次世界大戦後にロンドン - パリ間の民間航空会社ハンドレイ・ページ・トランスポートのための飛行機を製作した。ハンドレイ・ページ・トランスポートが他の航空会社と合併してインペリアル航空ができると、複葉の旅客機H.P.42などを生産した。迎え角が大きい時に有効な高揚力装置「ハンドレイ・ページスラット」を開発し、その特許料が1920年代前半の収入源になった。

第二次世界大戦編集

第二次世界大戦開戦が近づいた時ハンドレイ・ページ社は再び、爆撃機の開発を再開し、ハリファックス爆撃機を生産した。A・V・ロー社のランカスター爆撃機とともにイギリスの戦略爆撃機として活躍した。

倒産編集

第二次世界大戦後は、イギリスの核爆撃機のトリオ(3Vボマー)のうち、三日月翼のヴィクター爆撃機を生産した。ヴィクターは後に空中給油機に改装され、長く用いられた。その後はジェット機時代に対応できず販売数が低迷し、1970年に倒産した。

主な生産機種編集

関連項目編集