メインメニューを開く

ハンブルク=アルトナ

ドイツの都市
行政的な区画

ハンブルク=アルトナ(Hamburg-Altona)は、ハンブルク市の西部に位置した歴史的な都市で、現在はハンブルク市の一部となっている。古くはホルシュタイン公国に属した。小惑星アルトナは、この都市にちなんで命名された。

行政編集

交通編集

電車 Sバーンハンブルク=アルトナ駅がある。通過車線 S1 S11 S2 S21 S3 S31 長距離列車 ICE IC

違う都市へ向かう際、同じ行政区また距離が近いということもあり、アルトナ駅発であっても中央駅発との料金は同じである。

中距離列車 レギオナールバーン

国道(ブンデスシュトラーセ)4 431

高速道路(アウトバーン) 7

歴史編集

人物編集

外部リンク編集