メインメニューを開く
子豚たちに乳をやるハンプシャー種

ハンプシャー種(: Hampshire pig)は、ブタ品種である。

イギリスハンプシャー州を原産とするウェセックス・サドルバック種英語版アメリカ合衆国に輸入され、ケンタッキー州マサチューセッツ州で改良を加えられた[1][2]。当初は輸入した人物名からMckyと呼ばれていたり、皮膚が薄いことからスインリンド種(Thin Rind)とも呼ばれていたが、1904年にはハンプシャーの呼び名で統一された[1][2]

体色は黒。背から前肢にかけて幅10センチメートルから30センチメートルほどの帯状の白斑があり、原種であるウェセックス・サドルバック種に由来している。産子数はやや少なめではあるが、哺育能力には優れている。脂肪分が薄く、筋肉量が多いため、赤肉ロースに適している[2]。アメリカ合衆国では最も登録頭数が多い品種である[2][3]

日本にも輸入されており、交雑用の種雄豚として数多く利用されている[2]

出典・脚注編集

  1. ^ a b 豚の品種 ハンプシャー”. 一般社団法人 日本養豚協会. 2016年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「新養豚全書」ハンプシャー種(Hampshire) (PDF)”. 全国養豚協会. 2016年12月5日閲覧。
  3. ^ 豚に関する豆知識(5)ハンプシャー種”. 一般社団法人 日本養豚協会. 2016年12月5日閲覧。

外部リンク編集