ハース・VF-18 (Haas VF-18) は、ハースF1チーム2018年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

ハース・VF-18
Kevin Magnussen-Test Days 2018 Circuit Barcelona (3).jpg
ケビン・マグヌッセンがドライブするVF-18
(プレシーズンテストにて)
カテゴリー F1
コンストラクター ハース
先代 ハース・VF-17
後継 ハース・VF-19
主要諸元
エンジン フェラーリ 062 EVO
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム ハースF1チーム
ドライバー フランスの旗 ロマン・グロージャン
デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
出走時期 2018年
通算獲得ポイント 93
初戦 2018年オーストラリアGP
最終戦 2018年アブダビGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
21(42台)0001
テンプレートを表示

概要編集

他チームに先駆け、2018年2月14日にウェブ上で先行公開された[1]前年のマシンVF-17の進化版で、レギュレーションの変更によりシャークフィンがなくなり、コックピット保護デバイス「ハロ」が搭載されている。空力の改善やハンドリングの問題改善に重点を置いて開発された[2]フェラーリの前年のマシンSF70Hの特徴だった独創的なサイドインテークを備えている[3]

カラーリングは2016年VF-16で使用された白と赤のカラーリングに戻されている[2]

2018年シーズン編集

ドライバーはロマン・グロージャンケビン・マグヌッセンが残留。

プレシーズンテストでは、総合タイムのトップ10に入り[4]、関係者を驚かせた。それを証明するかのように開幕戦オーストラリアGPでは2台ともQ3に進出し、決勝でも2台とも上位を走り速さを見せたものの、両者ともピットストップでのタイヤ交換ミスでリタイアとなってしまった[5]

第5戦スペインGPまでは1台が予選Q3の常連となっており、マグヌッセンは第2戦バーレーンGPの5位入賞を筆頭に前年より好調なスタートを切り、第8戦フランスGPの入賞の段階で前年の成績を上回った。第15戦シンガポールGPでは自身及びチーム初のファステストラップを記録した。だが、グロージャンは自身の方にマシントラブルが集中したうえ、自らのミスもあり苦戦気味であったが、第9戦オーストリアGPで4位入賞を果たし、シーズン初ポイントかつチームの最高順位を更新しエースドライバーとしての意地を見せた。これをきっかけにグロージャンは復調し、第10戦イギリスGPこそ失敗するが、第11戦ドイツGP以降は安定した走りを見せるようになる。

予選Q3の常連なことから、マシンの速さが本物であったが、シーズンを通じて何らかのトラブルやミスでポイントを取りこぼす場面が目立った。例えば、第4戦アゼルバイジャンGP終盤のセーフティカー導入中に6位走行中のグロージャンが運転ミスでリタイア。解除後もマグヌッセンはマシンが不安定になった影響で10位争いをしていたピエール・ガスリーと接触し、入賞のチャンスを失っている。スペインGPは開幕戦以来の両者Q3進出を果たしマグヌッセンが6位に入賞したが、グロージャンは1周目に単独スピンを犯してガスリーとニコ・ヒュルケンベルグを巻き込みリタイアした。また、第14戦イタリアGPでグロージャンが6位でフィニッシュしたものの、コンストラクターズランキング4位を争うルノーからフロア寸法のレギュレーション違反を指摘され失格となった[6]。ホームグランプリのアメリカGPでもマグヌッセンが9位でフィニッシュしたものの、レース全体での燃料使用量105kgを超過したため失格となっている[7]

スペック編集

[8]

シャシー編集

パワーユニット編集

  • 型式:フェラーリ 062 EVO
  • 排気量:1,600cc
  • 気筒数:V型6気筒
  • 過給機形式:ターボ
  • 最高回転数:15,000rpm(レギュレーションで規定)

記録編集

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
AUS
 
BHR
 
CHN
 
AZE
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
AUT
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
SIN
 
RUS
 
JPN
 
USA
 
MEX
 
BRA
 
ABU
 
2018 8   グロージャン Ret 13 17 Ret Ret 15 12 11 4 Ret 6 10 7 DSQ 15 11 8 Ret 11 8 9 93 5位
20   マグヌッセン Ret 5 10 13 6 13 13 6 5 9 11 7 8 16 18 8 Ret DSQ 15 9 10

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “Haas VF-18 First Out the Gate”. Haas F1 Team. (2018年2月14日). https://www.haasf1team.com/VF18 2018年2月15日閲覧。 
  2. ^ a b “ハースF1、2018年マシン『VF-18』をレンダリング画像で先行公開”. motorsport.com. (2018年2月14日). https://jp.motorsport.com/f1/news/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B9f1-2018%E5%B9%B4%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3-vf-18-%E3%82%92%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%94%BB%E5%83%8F%E3%81%A7%E5%85%88%E8%A1%8C%E5%85%AC%E9%96%8B-1005076 2018年2月15日閲覧。 
  3. ^ “ハースF1チーム 「VF-18は昨年マシンの進化版」”. F1-Gate.com. (2018年2月15日). https://f1-gate.com/haas/vf18_40924.html 2018年2月15日閲覧。 
  4. ^ 2018年 F1プレシーズンテスト:総合タイム&周回数・走行距離”. F1-Gate.com (2018年3月12日). 2018年5月16日閲覧。
  5. ^ “ハースの過酷な結末……速さを見せるもピットミスで相次いでリタイア”. motorsport.com. (2018年3月25日). https://jp.motorsport.com/f1/news/F1-AUS-Race-Haas-retire-1018724/ 2018年3月25日閲覧。 
  6. ^ ハース、ルノーの抗議で結果から除外! フロアに違反発覚”. motorsport.com (2018年9月3日). 2018年9月3日閲覧。
  7. ^ F1アメリカGP エステバン・オコンとケビン・マグヌッセンが失格”. F1-Gate.com (2018年10月22日). 2018年10月22日閲覧。
  8. ^ “ハース:2018年F1マシン「VF-18」解説 / 画像とエンジンスペック・技術諸元”. formula1-data.com. (2018年2月14日). https://formula1-data.com/article/f1-car-haas-vf18-2018 2018年2月27日閲覧。