ハード・バップ (hard bop) は、モダン・ジャズの一種。ニューヨークなどのアメリカ東海岸で、1950年代に始まり1960年代まで続いた演奏スタイルである。アフロアメリカンのジャズサウンド・スタイルの一つ。のちにこのスタイルを刷新しようとしたジャズマンたちが、ソウル・ジャズ、フリー・ジャズなどを生み出していった。

ハード・バップ
様式的起源 ゴスペル音楽ブルースワーク・ソングR&B黒人霊歌
文化的起源 1940年代後半
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
使用楽器 サックス、トロンボーン、トランペット、ギター、ウッド・ベース、ベースドラムピアノ、オルガンなど
融合ジャンル
ファンキー・ジャズ(ソウル・ジャズ)
関連項目
本文参照
テンプレートを表示

歴史編集

ビバップの発展過程での揺り戻し」「クール・ジャズウエストコースト・ジャズ」のソフトなサウンドを嫌った黒人ジャズメンが創造した[1]」「黒人のブルースフィーリングを熱く押し出したもの」と様々な形容がなされている。

1950年代後半、モダン・ジャズ・カルテットアート・ブレイキーマイルス・デイビスのグループらによって確立された(ジャズ評論家行方均によれば、アート・ブレイキー『バードランドの夜』〈1954年〉をハードバップの誕生アルバムとしている)。ハードバップの特徴は、ビバップのように、コード進行に乗せた、あるいはコード分解によるアドリブといった基本は一緒だが、それよりも特にソロのアドリブ演奏で、ホットでハードドライビングしながらも、メロディアスに洗練された演奏スタイルにあるといわれる。しかし、よりフレーズが重要視されるため、メロディーとして成立しない音を音階から外さざるをえず、同じコードを使用しても、使えない音が出てくることが多い。そのためビバップよりも、融通性のないメロディーやフレーズになりやすいという側面を持つ。

1950年代中頃、ビバップは激化したアドリブ演奏によって、より難解で本能的な音楽と化していた。それに加え、1955年チャーリー・パーカーの死も重なり、一般大衆ファンはビバップから徐々に離れはじめていた。その中でハードバップは、メロディアスで聴きやすいと同時に、演奏者の個性や情熱を表現することができ、大衆性と芸術性の共存を可能にした[2]。これはジャズにおける一種の到達点となり、ブルーノート・レコード(1500番台、4000番台)を筆頭に数多くのアルバムが作られた。一般大衆から愛好家まで、多くのファンから支持を集め、1960年代半ばまでのジャズ黄金期を支えた。

また、ハード・バップの一部は、アフロ・キューバンラテン音楽の要素、とりわけルンバマンボ等を取り入れて、ラテン・ジャズへと発展していった。特にハード・バップで演奏されるものはアフロ・キューバン・ジャズといわれることが多い。

代表的なアーティスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

ビブリオグラフィ編集

  • 細川周平、後藤雅洋、村井康司、寺島靖国、小川隆夫、加藤総夫、柳沢てつや、北里義之、大村幸則、瀧口秀之、西島多恵子、山下泰司、黒田京子、桜井圭介、上野俊哉、米田栄、田辺秀樹、高橋順一、川竹英克、田村和紀夫、大宅緒、高見一樹、島原裕司、柴俊一 『新版 ジャズを放つ』洋泉社、1997年、22頁。ISBN 4896912500 

関連項目編集