メインメニューを開く
ハーバーハイウェイをふくめた阪神地域の主な有料道路

ハーバーハイウェイは、神戸港六甲アイランドからポートアイランドに至る、延長10.5kmの有料道路である。

道路法による道路ではなく、港湾施設として神戸市みなと総局(旧 港湾整備局)が管理する、港湾法上の臨港交通施設(臨港道路)である。神戸市港湾施設条例にもとづき設置され、条例上の名称は港湾幹線道路である。

阪神高速道路5号湾岸線3号神戸線の接続のほか、5号湾岸線とポートアイランド神戸空港(マリンエア)・三宮方面などをつなぐ役割をもつ。

自動車専用道路ではない(標識は青色)ため、原付や125cc以下の自動二輪車も走行できる。制限速度は60km/h。

沿革編集

 
ハーバーハイウェイ全面復旧セレモニー

インターチェンジなど編集

橋など編集

 
ハーバーハイウェイ(摩耶大橋)

通行料編集

高羽ランプ - 新港ランプ間(全線)が210円、高羽ランプ - 摩耶ランプ間または摩耶ランプ - 新港ランプ間がそれぞれ110円である。いずれも車種区別料金ではないため、普通車・大型車とも同額である。二輪車は無料で通行できる。

2018年現在、ETCや自動精算機・料金自動収受機は設置されておらず料金所職員に支払う。

なお、神戸港の振興策として一定の事業者からの減免申請に基づき、別途規定枚数の「通行券」が交付されている。

ETCについて編集

ETCは導入されていない。

神戸市道路公社(同事業体が運営する六甲北有料道路などでETCを導入済)への取材をもとにした産経新聞の記事によると、導入にはシステム構築のため初期投資として数億円、さらに1レーンあたり機器費用だけで約7千万円が必要と試算されており、神戸市の財政事情を鑑みても導入は難しいのではないかとしている[1]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集