ハーバーブリッジ

シドニーハーバーブリッジ (Sydney Harbour Bridge) は、オーストラリアニューサウスウェールズ州シドニーにある橋。

シドニーハーバーブリッジ
Sydney Harbour Bridge from Circular Quay.jpg
ハーバーブリッジ
基本情報
オーストラリアの旗 オーストラリア
所在地 シドニー地図
交差物件 ポート・ジャクソン湾
用途 鉄道道路併用橋
着工 1923年
竣工 1932年
開通 1932年3月19日
座標 南緯33度51分25.4秒 東経151度12分29秒 / 南緯33.857056度 東経151.20806度 / -33.857056; 151.20806座標: 南緯33度51分25.4秒 東経151度12分29秒 / 南緯33.857056度 東経151.20806度 / -33.857056; 151.20806
構造諸元
形式 アーチ橋
全長 1,149 m
48.8 m[1]
高さ 134 m
桁下高 49 m
最大支間長 503 m[1]
地図
ハーバーブリッジの位置(シドニー内)
ハーバーブリッジ
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

概要編集

深く入り組んだポート・ジャクソン湾(シドニー湾)の南岸にあるシドニーと、北岸にある近郊の町を道路路面電車で繋ぐため、1923年に着工、1932年に完成したシングルアーチ橋である。

正式開通は、1932年3月19日[1]

橋の両端に高さ89mの石張りの支柱(パイロン)がそそり立ち、ここを支えに巨大な鋼鉄のアーチがかかる。全長は約1,500m、パイロン間の長さは約500m[2]。アーチの最上部の高さは134mで、建設当時はシドニーで最も高い建物だった。シドニー・オペラハウスと並ぶシドニーのシンボルである。

ノースシドニーとシドニー西部を結ぶハイウェイ(8車線の車道)とシティレールの複線の鉄道線路(路面電車の廃止後に、鉄道用に転用された)に加え、自転車専用道と歩道が走っており、車線が世界一多い橋としても知られている。また、「最も幅の広い橋」としてギネス世界記録の認定を受けていたが[1]、2012年バンクーバーのポートマン橋に記録を塗り替えられた。

橋の建設のため、植民地時代の名残を残すザ・ロックスの町並みは、その一部が失われてしまった。

パイロン上部の塔の部分は構造的には不要であり、装飾的な理由により付加された。しかし現在では橋の維持管理を行う作業員の事務所などが入っている。

南東のパイロンの中は橋の資料館となっており、観光案内所や土産物店なども入居している。最上部は展望台である。アーチの鉄骨の上を歩いて頂上まで登るスリリングな「ブリッジクライム (BridgeClimb)」のアトラクションも用意されている。

北東のパイロンは1992年以来、シドニー・ハーバートンネルの排気口として使われている。

 
ハーバーブリッジとシドニーの夜景

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『ギネス世界記録 2013』角川マガジンス、2012年、150頁。ISBN 978-4-04-895467-9
  2. ^ マーカス・ビニー 『巨大建築の美と技術の粋 世界の橋』河出書房新社、2017年、166頁。ISBN 978-4-309-27838-4 

外部リンク編集