ハーフペニー橋

アイルランドのダブリンにあるリフィー川に架かる人道橋

ハーフペニー橋: Droichead na Leathphingine: Ha'penny Bridge)は、1816年5月アイルランドダブリンにあるリフィー川に架けられた人道橋[1][2]。正式名称は、リフィー橋: Droichead na Life: Liffey Bridge)。

ハーフペニー橋
Half Penny Bridge in Dublin.JPG
橋口付近
基本情報
アイルランドの旗 アイルランド
所在地 ダブリン
交差物件 リフィー川
用途 人道橋
設計者 ジョン・ウィンザー
開通 1816年5月
座標 北緯53度20分45.96秒 西経6度15分46.8秒 / 北緯53.3461000度 西経6.263000度 / 53.3461000; -6.263000座標: 北緯53度20分45.96秒 西経6度15分46.8秒 / 北緯53.3461000度 西経6.263000度 / 53.3461000; -6.263000
構造諸元
材料 鋳鉄(アーチ)
木材(デッキ)
セメント(デッキ、2015年)
全長 43 m(3.35 m 上昇)
3.66 m
高さ 48 m
地図
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
ダブリンにおけるハーフペニー橋の位置
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

名称編集

元々はウェリントン橋(ダブリン出身のウェリントン公爵にちなんで)と呼ばれていたが、リフィー橋へ改名された。リフィー橋は、現在も橋の正式名称だが、英語では一般的にヘイペニー橋Ha'penny Bridge)、日本語ではハーフペニー橋と呼ばれている[3][4]

歴史編集

 
1999年のハーフペニー橋

ハーフペニー橋が建設される前には、ウィリアム・ウォルシュが運営する7隻のフェリーリフィー川を渡っていた[1]。フェリーの状態は悪く、ウォルシュはフェリーを修理するか、橋を架けるかのどちらかをしなければならないと知らされた。ウォルシュは後者を選択し、100年間、橋を渡る人から半ペニー(ha'penny)の通行料を徴収する権利を与えられた[5]

橋は鋳鉄製で、イギリスシュロップシャー州で鋳造された[6]

当初、通行料は建設費ではなく、それに代わるフェリーの料金に合わせて徴収されていた。さらに、建設の条件として、ダブリン市民が橋と通行料を「好ましくない」と判断した場合には、ダブリン市の費用負担なしで撤去することが定められていた[7]

通行料は一時は1ペニー半(1.5ペンス)に値上げされたが、最終的には1919年に取り下げられた。通行料がかかっている間は、橋の両端に改札口が設けられていた。

ハーフペニー橋の製造は、当時のダブリン市長ジョン・クラウディウス・ベレスフォードが、イギリスのコールブルックデールに依頼した。リートリム県で採掘された鉱石を使用し、鋳鉄製の横梁を18分割してダブリンに出荷した[8]。設計と架設は、コールブルックデールの手下の一人であるジョン・ウィンザーが監督した[9]

修築および整備編集

 
夜のハーフペニー橋

2001年には、この橋を1日に利用する歩行者の数は27,000人に達した。このような交通量を考慮し、構造調査の結果、橋の改修が必要であることが示された[7]。橋は2001年中に修理と改修のために閉鎖され、2001年12月に元の白い色のままで再開された[6]

物議をかもしたが、数々の特徴が取り除かれたものの、構造物は古い部品の多くを保持するために再建された。修復作業はハーランド・アンド・ウルフによって行われた[10]

2012年、ダブリン市議会は、メンテナンスと破損の危険性を理由に、ハーフペニー橋とその近くのミレニアム橋から多数の愛の南京錠を撤去し、これ以上追加しないよう人々に要請した[11]2013年には、橋から300kg以上の錠前を撤去し、橋に南京錠をかけないように呼びかける看板を設置した[12][13]

2016年5月19日に開通200周年を迎えた[9]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b Ha'penny Bridge - Structurae
  2. ^ “Dublin’s Ha’penny Bridge reaches its 200th birthday”. Irish Times. (2016年5月19日). http://www.irishtimes.com/news/environment/dublin-s-ha-penny-bridge-reaches-its-200th-birthday-1.2652569 2016年5月20日閲覧。 
  3. ^ ダブリンの街:見る、する、経験する” (日本語). Ireland.com. 2020年8月8日閲覧。
  4. ^ アイルランド トラベルガイド”. アイルランド政府観光庁. 2020年8月8日閲覧。
  5. ^ “Iconic Ha'penny Bridge turns 200 years old today”. Irish Independent. (2016年5月19日). http://www.independent.ie/irish-news/iconic-hapenny-bridge-turns-200-years-old-today-34728649.html 2016年5月20日閲覧。 
  6. ^ a b Archiseek page on the Ha'penny Bridge”. Archiseek. 2016年5月20日閲覧。
  7. ^ a b Project history of Dublin’s River Liffey bridges. Bridge Engineering 156 Issue BE4 (Phillips & Hamilton). http://www.berthamilton.com/13329.pdf. 
  8. ^ Leitrim iron built Ha'penny bridge”. Leitrim Observer. 2016年5月25日閲覧。
  9. ^ a b “Spanning the years as bridge celebrates, Descendants of designer invited to city for anniversary”. Shropshire Star: p. 4. (2016年5月20日) Report by Toby Neal, of bicentenary celebrations, also highlighting the Shropshire origins of the bridge.
  10. ^ “Dublin bridge reopens after 'make-over'”. BBC News. (2001年12月21日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk/northern_ireland/1724085.stm 
  11. ^ “Where’s the love? Council removes ‘love padlocks’ from Dublin’s Ha’penny Bridge”. thejournal.ie. (2012年1月13日). http://www.thejournal.ie/wheres-the-love-council-removes-love-padlocks-from-dublins-hapenny-bridge-327300-Jan2012/ 2012年9月24日閲覧。 
  12. ^ Genevieve Carbery (2014年2月26日). “Council sign calls on couples not to lock love to Ha’penny bridge”. 2020年8月5日閲覧。
  13. ^ Shane Hegarty (2014年5月3日). “I love you. Let’s vandalise the Ha’penny Bridge”. Irish Times. 2020年8月5日閲覧。

外部リンク編集