メインメニューを開く

ハープーン作戦[1] (Operation Harpoon) は、第二次世界大戦1942年6月10日から15日にイギリス軍が行ったマルタ島への輸送作戦である。

ハープーン作戦
戦争第二次世界大戦
年月日:1942年6月10日-15日
場所地中海サルディニア島の南方海域
結果:枢軸軍の勝利
交戦勢力
イギリスの旗 イギリス
ポーランドの旗 ポーランド
イタリア王国の旗 イタリア王国
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
指導者・指揮官
セシル・キャンベル・ハーディー提督
アルバン・カーティス中将
アルベルト・ダ・ザラ上級少将
戦力
輸送船6
直接護衛:
軽巡洋艦1
駆逐艦5
間接護衛:
戦艦1
空母2
軽巡洋艦3
軽巡洋艦2
駆逐艦5
航空機多数
損害
輸送船4沈没
駆逐艦2沈没
軽巡洋艦2損傷
駆逐艦3損傷
駆逐艦1損傷
地中海の戦い

概要編集

1942年に入ってマルタ島への空襲は激化し、枢軸国側の北アフリカへの補給をほとんど妨害できなくなった。そのため、イギリスは6月にマルタ島への大規模な救援作戦を決行することにした。輸送船団はアレキサンドリアジブラルタルから同時に出発し、マルタ島へ向かった。アレキサンドリアからの船団はヴィガラス、ジブラルタルからの船団はハープーンと命名された(ヴィガラス船団についてはヴィガラス作戦を参照)。

ハープーン船団は貨物船トロイラス (Troilus)、バードワーン (Burdwan)、チャント (Chant)、タニンバー (Tanimbar)、オラリィ (Orari) とタンカー・ケンタッキー (Kentucky)、防空巡洋艦カイロ駆逐艦ベドウィンマーンマッチレスイシュリールパートリッジブランクネイミドルトンバズワースクヤヴィアックなどからなり、他に空母イーグルアーガス、戦艦マレーヤ、軽巡洋艦ケニアカリブディスリヴァプール、駆逐艦オンスロウイカルスエスカペイドウィシャートウェストコットレスラーヴィデットアンテロープからなる艦隊(W部隊)が間接護衛についた。 W部隊の2空母には16機のシーハリケーン、6機のフルマー、18機のソードフィッシュが搭載されていた[2]

6月14日、船団はサルディニア島からの航空攻撃を受けた。イタリア軍のサヴォイア・マルケッティ SM.79雷撃機の攻撃で貨物船タニンバーが沈没、軽巡洋艦リヴァプールが損傷した。リヴァプールは駆逐艦アンテロープに曳航されてジブラルタルへ後退した。夜には間接護衛部隊が引き返した。15日夜明けには、軽巡洋艦ライモンド・モンテクッコリエウジェニオ・ディ・サヴォイアを中心とするイタリア艦隊の攻撃を受け駆逐艦ベドウィンとパートリッジが損傷した。ベドウィンはこの後イタリア軍機によって撃沈された。この攻撃は退けることができたが、その後空襲により貨物船バードワーンとタンカー・ケンタッキーが損傷し貨物船チャントが沈んだ。損傷した2隻もその後沈められた。さらに機雷原で駆逐艦クヤヴィアックが沈み駆逐艦バズワース、マッチレス、掃海艇ヒービ (Hebe)、貨物船オラリィが損傷した。船団は夜にマルタに到着した。

結局、マルタ島に到着できた輸送船は2隻だったが、量は少ないものの補給物資が届いたことでマルタは北アフリカの枢軸軍への補給を行う船舶への攻撃拠点としての機能を回復し、北アフリカ戦線は膠着状態に陥った。その結果枢軸軍の作戦展開は大きく制約され、イギリス軍は部隊の補充、再編が容易となった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 福田誠、光栄出版部 編集『第二次大戦海戦事典 W.W.II SEA BATTLE FILE 1939~45』、光栄、1998年、ISBN 4-87719-606-4、276ページ
  2. ^ Llewellyn-Jones, 2007, Appendix J

参考書籍編集

  • 福田誠『第二次大戦 海戦事典1939~45』光栄、1998年。
  • Llewellyn-Jones, M. (2007). The Royal Navy and the Mediterranean Convoys: A Naval Staff History. Naval Staff Histories. London: Routledge. ISBN 0-415-39095-8.

関連項目編集