ハーマン・フェッシュバッハ

ハーマン・フェッシュバッハ(Herman Feshbach, 1917年2月2日 - 2000年12月22日)は、アメリカ合衆国の物理学者である。マサチューセッツ工科大学物理学科名誉教授。フェッシュバッハ共鳴の研究で知られる。また、1953年にフィリップ・モースとともに書いた著書Methods of Theoretical Physicsが有名である。

ニューヨーク出身。ニューヨーク市立大学シティカレッジ卒業、1942年マサチューセッツ工科大学から物理学のPH.D.取得。

1980年から1981年までアメリカ芸術科学アカデミーの会長、1982年から1986年までアメリカ物理学会の会長を務めた。

2000年12月、ケンブリッジのユービル病院で心不全のため83歳で死去。

受賞歴編集