メインメニューを開く

ハーミーズ(HMS Hermes, R12)はイギリス海軍セントー級航空母艦の4番艦。イギリス海軍で就役した最後の従来型航空母艦である。日本ではハーミスまたはハーミズとして知られている。

ハーミーズ
HMS Hermes (R12) underway on 16 March 1982 (6350754).jpg
HMS Hermes
基本情報
運用者  イギリス海軍
次級 クイーン・エリザベス級航空母艦
艦歴
起工 1944年6月21日
進水 1953年2月16日
就役 1959年11月25日
退役 1984年
除籍 1985年
その後 インドへ売却、ヴィラートとして2017年3月6日までインド海軍で就役
現況 インド海軍を退役
要目
基準排水量 23,000t
満載排水量 28,700t
全長 236.14 m
最大幅 45.10 m
吃水 8.48 m
機関 ギアード蒸気タービン
主機 2機
推進 2軸
出力 76,000hp(57 MW)
速力 28ノット
乗員 2,100名
兵装 40mm連装機関砲×5基
搭載機 シーハリアー 最大28機
テンプレートを表示

目次

概要編集

設計編集

艦歴編集

ハーミーズは第二次世界大戦中の1944年にヴィッカース・アームストロング社バロー・イン・ファーネス造船所でエレファント(Elephant)として起工された。1945年に建造が一時中止されたが、1952年に造船台をあけるために工事が再開され、1953年2月16日に船体は進水した。1957年まで完成せず、大規模な改装の後1959年11月18日に就役した。

1971年にはコマンド母艦へ改装され、1981年には12°のスキージャンプ甲板設置などの改装が行われ、BAe シーハリアーを運用するV/STOL空母となった。

ハーミーズは1981年に退役する予定であったが、フォークランド紛争勃発により急いで整備をおこなった後イギリス艦隊の旗艦となり、直前に就役したインヴィンシブル級軽空母インヴィンシブルと共に海軍航空隊のシーハリアーやSAS海兵隊の兵員を運んだ。

1984年4月12日に退役、1985年に除籍されて1986年にインドへと売却され、1987年5月、インド海軍ヴィラートとして再就役した[1]。ヴィラートは2017年3月6日で退役となった[1]

搭載機変遷編集

CATOBAR時代
第二次改装後
フォークランド紛争時

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集