ハーラル2世 (ノルウェー王)

ハーラル2世古ノルド語:Haraldr gráfeldr、ノルウェー語:Harald Gråfell、デンマーク語:Harald Gråfeld ; c。935年 – c。970年)は、ホールファグレ朝ノルウェー王である[1]

ハーラル2世 (ノルウェー王)

在位期間
961年 – c. 970年
先代 ホーコン善王英語版
次代 ハーラル青歯王

出生 c. 935年
死亡 c. 970年
リムフィヨルド
王室 ホールファグレ朝
父親 エイリーク血斧王
テンプレートを表示

ハーラル2世は、vararfeldir(羊毛から作られたフェイクファーの一種)の大荷物を運んだアイスランドの商船の乗組員に出会って「灰衣王」の異名を取った。アイスランド商人がフェイクファーの販売に苦労していたので、王がたまたま灰色だったファーを献上できるかどうか尋ねると、彼らは躊躇することなく献上し、王はすぐさま外套として使った。これがすぐにファッショントレンドになり、ほどなくアイスランド商人は過去に売れ残っていた全てのファーを王の臣下と地元民に売った。ゆえに、ハーラル2世は「ハーラル灰衣王」として知られるようになった[2]

ハーラル2世は、エイリーク血斧王の息子でハーラル美髪王の孫である。母親は、ハーラル青歯王の姉妹グンヒルド・ゴームズダター英語版である。

父が954年に崩御した後、ハーラル2世と兄弟は、ホーコン善王英語版に対抗して、おじのハーラル青歯王と手を組んだ。Frei島付近のラスタルカルフの戦い英語版(955年)とen:Battle of Fitjar(961年)を含めて数回ほどホーコン王と戦った。

ホーコン王がen:Fitjarで崩御した後、ハーラル2世と兄弟はノルウェー王になったが、ノルウェー西部以外にはほとんど支配権が及ばなかった。ハーラル2世が兄弟で最年長だったので最も強大だった。961年に、デンマークのハーラル青歯王がノルウェーを訪れて、ハーラル2世がノルウェーの封臣王と宣言した。

en:Sigurd Haakonssonen:Tryggve Olafssonen:Gudrød Bjørnssonら地元の支配者を殺害して支配を強め、ハーロガランド英語版を含めて国の権力を握り、ノルウェー沿岸の交易路の支配を確立した。ビャルマランド英語版(現在のロシア北部アルハンゲリスク地域)へのヴァイキング遠征にも着手した。ハーラル2世はまもなくハーラル青歯王の支援にほとんど頼ることがなくなった[3]

970年、ハーラル2世は騙されてデンマークに向かい、Sigurd Haakonssonの息子でハーラル青歯王と手を組んだハーコン・シグルザルソンの策略で、リムフィヨルドHalsで殺害された。ハーコン・シグルザルソンは、父親が961年にハーラル灰衣王の臣下に殺害された後にラーデのヤールになった。ハーラル灰衣王が崩御した後に、生き残った兄弟は国から逃げて、ハーラル青歯王がノルウェーの支配権を取り戻し、ハーコン・シグルザルソンをノルウェーの封臣王にして支援した[4]

脚注編集

  1. ^ Harald 2 Eiriksson Gråfell – utdypning (Store norske leksikon)
  2. ^ [1] Sturluson, Snorri; Haralds Saga Gráfeldar, ch. 7, in Heimskringla. History of the Kings of Norway
  3. ^ Bjarmeland (Store norske leksikon)
  4. ^ [2] Sturluson, Snorri ; Eiríkr Magnúson (trans.) ; Óláfs saga Tryggvasonar, ch. 12 to 14, in Heimskringla. History of the Kings of Norway, 1905

その他の出典編集

ハーラル灰衣王

c。935年 - 970年

爵位・家督
先代:
ホーコン善王英語版
ノルウェー王
961年–970年
空位
次代の在位者
ハーラル青歯王