ハーレーダビッドソン・ストリート

ストリートStreet)とは、アメリカのオートバイ製造会社であるハーレーダビッドソンが販売するオートバイである。シリーズ車種として排気量別に2車種が生産されており、型番はXG(エックスジー)。

本項ではストリートのエンジンを搭載した競技用車両であるXG750R(エックスジー750アール)についても記述する。

概要編集

Harley Davidson Street XG750
 
ストリート XG750
基本情報
排気量クラス 大型自動二輪車
メーカー  ハーレーダビッドソン
エンジン Evolution X型 749cm3 4サイクル
水冷V型2気筒SOHC4バルブ
内径x行程 / 圧縮比 85mm x 66mm / 11.0:1
最大トルク 58Nm/3,750rpm
車両重量 223kg
テンプレートを表示

ストリートは2013年EICMA(ミラノショー)で発表され[1]、35歳以下のライダーをターゲットとし、都市を俊敏に走り、タイトに曲がることを目指して設計されたオートバイである。エンジンは完全新作の水冷60°V型2気筒で、スポーツスターよりも重量は30kgほど軽量であり、カフェレーサーのような外観とクルーザーというよりネイキッドに近いハンドリングで取回しも軽くなっている。2016年現在、750ccと500ccが生産されているが、日本では750ccのみが輸入販売されている。価格も低価格であるため若者にも買いやすくなっている。なお生産はインドの現地法人が行っている。

前述のようにスポーツスターよりも軽く車高も低いということで女性や小柄なライダーでも扱いやすいため、日本の自動車教習所では大型自動二輪車用の教習車として使われ始めている[2]


XG750R編集

ストリートはエックスゲームズの競技向けベース車両となっており、2014年スパイクタイヤを装着させたアイスレース仕様[3]と、ダートトラック向けの改良を加えたフラットトラック仕様[4]が発表されている。

そしてAMAプロフラットトラック向けの仕様として、1970年に登場したXR-750の後継車両としての開発も進められ、2016年シーズンより XG750R としてデビューした[5]。なおXG750Rの車体は市販のストリートのものをほぼ刷新しており、エンジンはXG750から改良したものを搭載している[6]

脚注編集

[ヘルプ]

関連項目編集

外部リンク編集