バイオハザード RE:2

バイオハザード RE:2』(BIOHAZARD RE:2, 英語版タイトル:RESIDENT EVIL 2)は、2019年1月25日カプコンから発売されたコンピュータゲームであり、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版に当たる。

バイオハザード RE:2
BIOHAZARD RE:2
RESIDENT EVIL 2
ジャンル サバイバルホラー
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 カプコン
発売元 カプコン
販売元 カプコン
シリーズ バイオハザードシリーズ
人数 1人
メディア ディスク/ダウンロード
発売日 2019年1月25日
対象年齢 [通常版]CEROD(17才以上対象)[1]
[ZVersion]CEROZ(18才以上のみ対象)[1]
PEGI18
ESRBM(17歳以上)
USK18(18歳未満提供禁止)
コンテンツ
アイコン
[通常版/ZVersion共通]暴力[1]
ダウンロード
コンテンツ
あり
エンジン REエンジン
売上本数 世界 860万本[2]
テンプレートを表示
E3 2018に展示された『バイオハザード RE:2』のブース

概要編集

物語の大筋は『バイオハザード2』と同じであるが、主要人物以外の人物の行動や顛末は大幅に変更されており、新たな人物も追加されている。また、クリーチャーについてはゾンビが登場人数や容姿の種類を増やされた一方、登場そのものを見送られたクリーチャーもいる。

『2』に収録されていた「The 4th Survivor」や「The 豆腐 Survivor」も、それぞれ『RE:2』に準じた内容で収録されている[3]

製作編集

背景編集

2002年の時点ではゲームキューブ版『2』がリメイクという位置づけになる予定だったが、当時開発中だった『バイオハザード4』の作業に支障が出るおそれがあるとして、シリーズ総括の三上真司から却下された[4]

2008年、シリーズ内の武器デザインなどを担当していた当時『バイオハザード5』のプロデューサーを務めていた竹内潤英語版は、「『1』のように、いつか本作のリメイクをしたい」と話していた[5][6][7]

『2』のリメイクの要望はかねてよりカプコンに多く寄せられており、2014年1月にはイタリアにてUnityを用いた非公式リメイク作品『Resident Evil 2 Reborn』の開発が開始された[8]が、カプコンとの話し合いを経て2015年8月には開発が中止された[9][注 1]。それと同時期に、カプコンは『2』のリメイク計画が進行中である旨を公表した[11]

2018年6月には、『BIOHAZARD RE:2』のタイトルで2019年に発売予定であることがE3にて明らかにされた[12]

2018年7月3日には、『Game Critics Awards: Best of E3 2018』の「Best of Show」を受賞した[13]

開発編集

開発は2015年8月に開始され、完成まで3年が費やされた。カメラシステムには『バイオハザード4』でナンバリングタイトルとして最初に採用された「肩ごしの3人称視点」を取り入れ、エンジンには『バイオハザード7』の「REエンジン」を採用している[14]。これについて、『RE:2』のプロデューサーである神田剛は、『7』のような1人称視点も検討したが、「レオンとクレアという人気の高いキャラクターを大事に表現すること」、「とにかく怖いゾンビを表現すること」という理由から、3人称視点を取り入れたと語っている[15][16]

開発チームは2つのシナリオに集中してもらいたいと考え、『RE:2』をレオンとクレアの2人のシナリオとして作り上げた[17]。それと同時に、『2』のザッピングシステムのように、2人のシナリオを通じて全貌が見えてくる仕掛けも取り入れた[18]

登場人物などは『2』とほぼ同じだが、ドラマ性を強化するため、仕掛けや演出などが変更された[19][15][16]。たとえばマービンの場合、『2』ではレオンとクレアに出会った時点でロッカーの前に座り込んだまま動けないほど弱っていたが、本作ではまだそこまで弱っておらず、彼らに協力する[19][15][16]。また、『2』におけるエイダはスパイとしての要素がぼかされていたのに対し、『RE:2』ではプロ意識とレオンへの配慮の間で葛藤するキャラクターとして描かれた[20]。さらに、アイアンズも『2』より出番が増えており、『2』では署長室で初登場したが、本作では地下駐車場で初登場する[21]

キャラクターのモデリングには『7』でも採用されたフォトスキャンが用いられた。たとえばレオンの服装の場合、映画の衣装デザイナーらの協力を得て実際の服を作成し、その服からデータを取得するという手法がとられた[15][16]。『2』におけるシェリーのデザインは設定年齢より幼く服装もシンプルなセーラー服だったが、『RE:2』では年相応のデザインに変更され、服装も1990年代後半の制服らしさを出したものに変更された[21][22][19]。『RE:2』のゲームディレクターである門井一憲は、2018年12月の合同インタビューの中で、シェリーを子どもという記号ではなく、ちゃんと人格を持った人間として描きたかったため、あえて大人っぽい容姿にしたと述べている[19]。また、『RE:2』においてアイアンズやクレアに「Shit」や「FUCK」といった汚い言葉を使わせた意図について、開発スタッフはシェリーの危機を伝える演出として使わせたと、2018年12月の合同インタビューの中で述べており、ゲームで描かれている状況はネイティブスピーカーが使ってもおかしくないと話している[19]。クレアのデザインは一発で決まったのに対し、エイダのデザインの決定までには時間を要した[20]。チームディレクターの安保康弘はファミ通とのインタビューの中で「みんなが持っている“エイダ像”に仕上げるのがすごくたいへんでしたね。」と振り返っている[20]

プレイヤーキャラクターの肩ごしの3人称視点でゲームが進むことから、ビジュアル面も強化された[22]。ビジュアル面においては「ウェットアンドダークネス」というコンセプトが掲げられ、水の表現が強化された[19]。門井は2018年12月の合同インタビューの中で濡れている様子が不潔感や不快感につながると述べており、同席していた『RE:2』のチームディレクターである安保康弘も「濡れているほうが生物の"ナマ感"を上手く表現できるんですよね。皮膚もカサカサしているよりも濡れてるほうがナマっぽいんです。」と述べている[19]。一方で、グラフィックの向上によりアイテムと背景の区別がつきにくくなってきたことから、『biohazard HD REMASTER』で採用したマップ上にアイテムの有無を示す手法がとられた[17]。『2』ではカメラのカットを利用して「先に進む恐怖」を演出していたのに対し、『RE:2』では曲がり角や全体の明度を落とすといった演出がとられた[21][22]

怖いゾンビを表現することには特に力が入れられており、ゾンビの歩きモーションの多様化や倒れ込んだ後に再び起き上がるといった表現が取り入れられ[17][21][22]、同様の理由から倒した後に部屋へ戻ると姿を消すという演出が取り入れられたほか[21][23]、レオン編でエイダを操作するパートではレオンのアイテムを引き継げないようにし、エイダが使用できるアイテムもハンドガンに限定した[20]。素早くて恐ろしい敵はゾンビである必要が無いことから、開発スタッフはゾンビを走らせないようにした[23]

さらに、『2』では完全に倒したことが周囲に広がる血の表現でわかりやすかったのに対し、『RE:2』ではあえてその表現を入れず、完全に倒したかどうかをわかりにくくした[24]。一方で、ゾンビは建物に侵入する存在として設定されており、木の板で塞ぐことで侵入率を下げられるようにした[19]

タイラントは、テキスト上の設定を元に再構成された結果、帽子をかぶったデザインへと変化した[18]。それと同時に、帽子を撃ち落とすことにより、『2』のような姿が見える演出も付け加えられた[18]。また、プレイヤーの恐怖感を演出するため、タイラントが立てる物音が聞こえやすくなったほか、タイラントが来たときに音楽が変わる仕掛けも施された[23]。G生物の第1形態については「腕の目を狙いたい」というプレイヤー心理に応えるべくその部分を弱点に据えた一方、見た目は『2』のままにした[21]

恐怖の演出には難しさも重要であるという門井の考えから、『RE:2』の難易度はシリーズ過去作と同じ何度でも難しく感じるように設定された[20]。プレイヤーキャラクターの移動速度は、マップの広さや敵の性能などを加味したうえで、あえて遅く設定された[19]。また、プレイヤーにどのアイテムの取捨選択を試行錯誤してもらうために、アイテムを持てる量もあえて少なくした[19]。アイテムのうち、ナイフは性能を強化させた一方で強度を下げ、それに伴い入手率が上げられた[19]。開発中は、「STANDARD」よりも低い難度の「ASSISTED」の難度も高めだったが、安保の要望を受け、最終的には難易度が下げられた[20]

2017年1月、英語版『RE:2』の声優には、『2』の声優を起用しないことが明らかにされ[25]、英語版のキャストは完全に一新されている。なお、『2』でレオンを演じていたポール・ハダド英語版は2020年4月15日に死去しており、本作でレオンを演じたニック・アポストリデスが「あなたが真のレオンだ」と涙ながらに語るビデオメッセージを公開している[26]

広報編集

2015年8月13日、『2』のリメイク版の開発が発表され[27]、2018年6月12日に開催されたE3SIEカンファレンスにて『バイオハザード RE:2』のタイトルと発売日が発表され、後に2019年1月25日に発売された[28][29]。対応機種は、PlayStation 4Xbox OneWindows[14]。また、4K画質および60毎秒フレームを誇るPlayStation 4 ProXbox One Xにも対応する予定である[30]

国内での製品は、CEROのレイティング区分がCEROD(17才以上対象)に準拠した通常版『バイオハザード RE:2』と、CEROZ(18才以上のみ対象)に準拠した『バイオハザード RE:2 Z Version』の2ラインナップで行うことが発表された[31][注 2]。また、日本語音声も収録されることが決定した[32]

2019年1月11日から31日までの間、本作の体験版『バイオハザード RE:2 "1-Shot" Demo』が配信された。30分で遊べるこの体験版は世界観を体験して貰うために配信されており、あえて製品版とは若干の差異を持たせてある[17]

DLC編集

『RE2』では複数のDLCが配信される予定である。このうち、「Extra DLC pack」は、『2』のBGMに切り替えられる機能に加え、没キャラクターであるエルザをモチーフにしたコスチュームなどが収録されている[33]。このDLCは、「COLLECTOR'S EDITION」および「DELUXE EDITION」の特典の1つとして収録されているほか、2019年1月25日には本編と同時に発売された。

2019年2月15日には、無料DLC「THE GHOST SURVIVORS」が配信された[34]

製品展開編集

バイオハザード RE:2
  • パッケージ版(PS4、Xbox One)
  • ダウンロード版(PS4、Xbox One、Steam)
  • デラックスエディション(DELUXE EDITION)(PS4、Xbox One、Steam)
  • COLLECTOR'S EDITION(PS4)
  • ラクーンシティエディション (RACCOON CITY EDITION) (PS4, Xbox One, Steam)
バイオハザード RE:2 Z Version
  • パッケージ版(PS4、Xbox One)
  • ダウンロード版(PS4、Xbox One、Steam)
  • デラックスエディション(DELUXE EDITION)(PS4、Xbox One、Steam)
  • COLLECTOR'S EDITION(PS4)
  • Best Price(PS4)
  • ラクーンシティエディション (RACCOON CITY EDITION) (PS4, Xbox One, Steam)

難易度編集

難易度は、簡単な順に「ASSISTED」、「STANDARD」、「HARDCORE」の3つ。以下の特徴がある。

「ASSISTED」の特徴
  • 心電図が「DANGER」の状態になった時、「CAUTION」の状態まで体力が自動回復する
  • 銃の照準操作のアシスト(自動照準)がある
  • 敵の攻撃力と耐久力が低くなり、敵に与えられるダメージ量が大きくなる
  • 隠し要素の開放がほとんどできないという制約がある
「STANDARD」の特徴
  • 上記「ASSISTED」のサポート機能がない
  • クリアランクにより、隠し要素を開放できる
  • ゲームオーバーになった時、任意で難易度を「ASSISTED」に下げることが可能(ただし、一度難易度を下げたら元の「STANDARD」に戻すことはできない)
「HARDCORE」の特徴
  • セーブにインクリボンが必要(インクリボンはマップ上に配置されているものを拾って入手するため、入手数〈=セーブ回数〉には限りがある)
  • クリアランクにより、すべての隠し要素を開放できる
  • オートセーブが操作キャラクター変更時のみに限定される
  • 敵の攻撃力と耐久力が高くなり、敵に与えられるダメージ量が小さくなる
  • 入手できるサイドバックの数が6つから3つに減少する

登場人物編集

登場人物の詳細については、「バイオハザードシリーズの登場人物」を参照。

主人公とパートナー編集

レオン・S・ケネディ (Leon Scott Kennedy)
英語音声 - Nick Apostolides / 日本語音声 - 森川智之
本作の男主人公。ラクーン市警「R.P.D.」に配属された21歳の新人警察官。赴任日直前になって突然、自宅待機を命じられ、その後警察署との連絡が取れないため不審に思い、ラクーンシティへ向かうこととなった。正義感が強く、窮地を脱するサバイバル能力に優れる。
クレア・レッドフィールド (Claire Redfield)
英語音声 - Stephanie Panisello / 日本語音声 - 甲斐田裕子
本作の女主人公。19歳の大学生。『1』の主人公クリス・レッドフィールドの妹で、連絡の途絶えたクリスの安否を確認するためラクーンシティを訪れる。
クリスに戦闘術を仕込まれており、身体能力は高く、ナイフから大型の銃まで扱える。
エイダ・ウォン (Ada Wong)
英語音声 - Jolene Andersen / 日本語音声 - 皆川純子
レオン編のパートナー。謎めいた東洋系の美女。FBI捜査官を自称するが、その目的や素性は不明。
オリジナル版とは異なり、最初はトレンチコートにサングラスという服装で登場し、物語中盤からオリジナル版に準拠した服装になる。
シェリー・バーキン (Sherry Birkin)
英語音声 - Eliza Pryor / 日本語音声 - 佐々木りお
クレア編のパートナー。ウィリアム・バーキンとアネット・バーキンの娘。母から貰った大きなペンダントを身に着けている。

アンブレラ社編集

G-ウイルス開発者編集

ウィリアム・バーキン (William Birkin)
英語音声 - Terence J. Rotolo / 日本語音声 - 関俊彦
アンブレラのエリート研究員。アネットの夫で、シェリーの父。36歳。
G-ウィルスを研究、開発していたが、そのG-ウィルスを巡ってアンブレラ側と対立、アンブレラが送り込んだU.S.S.の隊員に重傷を負わされ、ウィルスを奪われたが、自らに投与したG-ウイルスにより、G生物化を果たす。第1形態~第3形態は全シナリオで戦い、第4形態はクレア編でのみ、第5形態は2ndシナリオでのみ戦う。
アネット・バーキン (Annette Birkin)
英語音声 - Karen Strassman / 日本語音声 - 林真里花
アンブレラの女性研究員。シェリーの母で、ウィリアムの妻。G生物と化したウィリアムとG-ウィルスの漏洩を止めるべく奔走する。
オリジナルとは違い、レオンやクレアの事をスパイと疑うことはないが、エイダに対しては、G-ウィルスを狙う産業スパイであることを見抜いており、命を奪おうと罠に嵌める様子を見せている。また、レオンやクレアに今回の事件の発端となった片棒を半ば担っていたと言う点と、その事で一人娘のシェリーを一人きりにした点で責められはしているものの、上記のようにG-ウィルスの危険を認識し、それを排除しようとしたり、その際に「あの子(シェリー)のいる世界にG-ウィルスを放つわけには行かない」と発言するなど、オリジナルと違い非人道的な考え方を辞さないアンブレラの人間の中では、比較的人間味や良心、シェリーの母親としての意識や愛情のある人物として描かれている。

U.S.S.隊員編集

ハンク (HUNK)
英語音声 - キース・シルバースタイン / 日本語音声 - てらそままさき
アンブレラ特殊工作部隊「U.S.S.」アルファチームの隊長。どのような過酷な任務でも必ずただ一人生還し、それ以外の人物は全員死亡していることから、部隊内では「死神」と呼ばれている。
レオン編かクレア編の2ndをクリアすると解放される「The 4th Survivor」で操作できるようになる。
ナイトホーク (NIGHT HAWK)
英語音声 - / 日本語音声 - 高橋大輔
「U.S.S.」のヘリコプターパイロット。アルファチームの回収を担当している。
J・マルチネス (J. Martinez)
英語音声 - / 日本語音声 - 吉田健司
コードネームはゴースト (GHOST)。ハンクと共にウィルス確保に赴いた隊員。ウィリアムを連行する予定だったが、命令に抵抗した彼を誤って銃で撃ち瀕死の重傷を負わせた。ハンクらと共にG-ウィルスとT-ウィルスの回収には成功したものの、後にGと化したウィリアムにNEST内で殺されている。
『The Ghost Survivors』ではGに殺されることなく、エイダが落としたG-ウィルスの回収に成功する[35]
A・カークパトリック (A. Kirkpatrick)
英語音声 - / 日本語音声 - 綿貫竜之介
ハンクと共にウィルス確保に赴いた隊員。ハンクらと共にG-ウイルスとT-ウィルスの回収には成功したものの、下水道にてもう1人の隊員と共にGに殺されている。
その際にT-ウィルスのカプセルをGが破壊し、ネズミを介し下水へT-ウィルスの原液が流出。T-ウィルスが街に蔓延し、街中でバイオハザードが起こる原因となった。

警察関係者編集

ブライアン・アイアンズ (Brian Irons)
英語音声 - Sid Carton / 日本語音声 - 広瀬彰勇
「R.P.D.」の署長。
本作では、警察署の近所に存在する孤児院の院長も兼任している。また、地下駐車場にてクレアと遭遇後にシェリーを拉致し、孤児院の一室に監禁するなど、悪辣な振る舞いが強調されている。さらに、シェリーを連れ去るのを阻止しようとしたクレアに暴行を加えた際には、彼女に痛罵されている。その後、探索中のクレアに電話をかけ、シェリーの落としたペンダントを持ってくるよう要求する。
クレア編のシェリーを操作する場面では、人間でありながら敵キャラクターとして立ち塞がる存在である。シェリーは非力ゆえ、アイアンズに接触された時点で捕まってゲームオーバーとなってしまうので、一定の場所まで逃げ続けなければならない。
マービン・ブラナー (Marvin Branagh)
英語音声 - Christopher Mychael Watson / 日本語音声 - 小松史法
「R.P.D.」の警部補。
本作ではメインホールにてエリオットを救おうとしてゾンビに襲われた主人公のもとへ駆けつけて救出し、その後もメインホールから献身的にサポートするなど、人間や職務への誇りを保ち続ける一面が強調されている。最期を悟って自身のナイフを託した後はメインホールで待機し、後にゾンビ化する。
重傷を負う経緯は『RE:3』で明かされる。
エリオット・エドワード (Elliot Edward)
英語音声 - / 日本語音声 - 高橋研二
「R.P.D.」の警察官。マービンやデビッドらと共に最後の生き残りとして署内で奮戦していた。単独で脱出方法を模索していたところ、駆けつけた主人公に救出される途中で下半身をゾンビに喰われて死亡し、後にゾンビ化する。本来ならば、マービンやリタ、ジョージら6人と共にレオン直属の先輩となる予定だった。
ダニエル・コルティーニ (Daniel Cortini)
英語音声 - / 日本語音声 - 露崎亘
アークレイ郡保安局所属の保安官。主人公が最初に訪れる郊外のガソリンスタンドにてゾンビに襲われて死亡し、その直後にゾンビ化する。
『The Ghost Survivors』の「No Way Out」では、多数のゾンビを排除した末に生還を果たす[35]

民間人編集

ベン・ベルトリッチ (Ben Bertolucci)
英語音声 - Rod Wilson / 日本語音声 - 伊丸岡篤
ラクーンシティへ取材に来たジャーナリスト。オリジナル版とは異なり、眼鏡を掛けており喫煙者である。加えて、キャサリンの恋人という設定も追加されている。
レオン編にのみ登場し、所持していた駐車場のカードキーと引き換えに自分を留置所から出すようレオンに取引を持ちかける。
ロバート・ケンド (Robert Kendo)
英語音声 - Ken Lally / 日本語音声 - 田中英樹
「ケンド銃砲店」店主。レオン編の警察署脱出後の中盤にて登場。ゾンビ化寸前の娘を殺した後、自らも命を絶つ。
『The Ghost Survivors』では、自殺の直前に友人からの無線を聞き、自殺を想いとどめてラクーンシティから脱出する[35]
エマ・ケンド (Emma Kendo)
英語音声 - / 日本語音声 - 平田真菜
ロバート・ケンドの娘。主人公と会った時には感染してからかなりの時間が経過しており、意識朦朧でゾンビ化寸前であった。
キャサリン・ウォーレン (Katherine Warren)
ラクーンシティ市長であるマイケル・ウォーレンの娘。剥製目的でアイアンズに殺害される。
『The Ghost Survivors』ではプレイヤーキャラクターの1人であり、アイアンズに殺されかけるが、逆に返り討ちにして殺害し、恋人であるベンのもとへと向かう[35]
トラックの運転手 (Truck Driver)
英語音声 - / 日本語音声 - 蓮岳大
トラックを運転中に女性のゾンビを轢いてしまい、動揺している間に襲われ感染。その後、意識を失いかけながらも市内を運転し続け、最終的に自身のタンカートラックを横転させ爆死している。その事故が原因でレオンとクレアは分断され、別行動をとらざるを得なくなった。
ジェリー (Jerry)
ラクーンシティ郊外にあるガソリンスタンドの従業員。主人公と出会った時には既に感染しており、ダニエル保安官が死んだ後はゾンビとなって主人公に襲い掛かる。

the 豆腐 Survivor編集

豆腐 (to-fu)
声:唐津麻勝俊[18][20]
旧作では単なるデバッグ用キャラクターを用いたおまけ要素であったが、本作ではリアルさを追求し、実際の木綿豆腐を3Dスキャンしたものが採用されている[36]。使用武器は『2』と同じくナイフを使用している。
ういろう (Uirō-Mochi)
声:?
使用武器は破片手榴弾。
こんにゃく (Konjac)
声:?
使用武器は化学燃料火炎放射器とGM79。
杏仁豆腐 (Annin Tofu)
声:?
使用武器はM19とクイックドロウ・アーミー。
プリン (Flan)
声:?
使用武器はミニガンと対戦車ロケットとスパークショット。

その他:SHUNICHI MINE、YUKI SHINZATO、JANET HSU、PETER FABIANO

登場クリーチャー編集

オリジナル版より登場クリーチャーが絞られており、クロウ、大クモ、モス・ジャイアント、毒イビーが未登場。また、イビーの設定が大きく変更されている。ラージ・ローチは登場はしているが、プレイヤーには一切攻撃してこないので、実質的には背景と同じである。

二次感染で誕生した生物編集

ゾンビZombie
製薬会社アンブレラの開発した「T-ウィルス」の感染により変異した人間。
一度に画面上に登場する人数が増えたほか、容姿や動きのバリエーションも増えている。また、頭を撃っても1発では倒せず、何度も起き上がって主人公に襲い掛かるなど、過去作に比べ強い存在として描かれている。さらに、オリジナル版にあった、完全に死んだ時に周囲に血が広がる表現がなくなったため、ゾンビが倒れても完全に死んだかは判断しづらくなっている。
通常のゾンビに加え、エリオットら一部の登場人物のゾンビも登場する。
リッカー(Licker
ゾンビがさらに変異した存在。
視力がなく聴覚が発達しているという生態がより強調されている。また、オリジナルと比べ、歯が牙のように鋭く尖った形へと変化している。なお、特典として収録されているコンセプトアートの中にある没クリーチャーの設定画では、ゾンビからリッカーへの変異中の形態とうかがえる没クリーチャーの設定画が見られる。
ゾンビ犬(Zombie Dog
警察犬として「R.P.D.」で飼育されていたドーベルマンがT-ウィルスに感染したもの。敏捷さや獰猛さはゾンビ化した人間以上の脅威。
ラージ・ローチ(Large Roach
T-ウイルスにより変異したゴキブリ。オリジナルと違ってプレイヤーに一切攻撃してこないため、背景同然の存在。
アリゲーター(Giant Alligator
下水道に捨てられたワニがT-ウイルスによって変異した存在。レオン編でのみ登場。猛スピードでレオンに食いついて即死させにかかる。ガス管のある場所まで逃げ切れば、ガス管を咥えるため、それを撃つことで倒すことができる。

実験体編集

プラント43(Plant 43
地下研究所「NEST」の温室でアンブレラが研究していた巨大怪植物。自身の種子を散布するために人間に種子を植え付け、イビーに変える。
イビー(Ivy
プラント43に捕らえられ、種子を植え付けられた研究所の職員たち[37]
イビーには「移動する果実」の役割を与えられており、この種子を内包する果実が身体に複数点在している。この果実が弱点となっており、果実を全て破壊することで一時的に活動を停止させることが出来る。しかし、全ての果実を破壊しても種子が残っているため、時間経過で果実が再生して何度でも蘇る。完全に倒すには、果実内の種子を炎で焼き尽くさなければならない。そのため、レオン編では化学燃料火炎放射器、クレア編ではGM79の焼夷弾が有効な武器になる。
ゾンビ同様に組み付いてから噛み付き攻撃をしてくるが、リメイク前と異なり即死攻撃となっており注意が必要。動きがゾンビ以上に不規則で、果実が狙いにくい。

生物兵器B.O.W.編集

タイラントTyrant
アンブレラの開発したB.O.W.。隠密行動用という設定が重視されて帽子を被っているほか、『2』より小型化されている[38]。また、オリジナル版と違い1stと2ndの両シナリオで登場し、主人公を執拗に追ってくる。隣の部屋に逃げても足音が聞こえ、扉を開けて入ってくる。尚、今作では完全に倒すことは不可能(ある程度攻撃すると膝をついて一時的に動なくなるが、しばらくすると復活する)のため、遭遇したら必ず逃げなくてはならない。
スーパータイラント(Super Tyrant
施設の爆発による火炎に巻き込まれてスーパー化したタイラント。 オリジナル版は両腕に爪が生え、上半身は岩の様に固くなっていたが、こちらは左手には爪が生えていないという『1』及び『biohazard』に登場した「T‐002 タイラント」や『CODE:Veronica』のタイラント(T-078)、映画版の『Ⅲ』のタイラントに近いデザインで、施設の爆発による火炎に巻き込まれたためか顔の右下が欠けており、右目が露出している。またオリジナル版は全身が燃えていたが、こちらは右腕のみが燃えている。
レオン編(1stと2nd両シナリオ)でのみ登場し、1stシナリオではラスボス。

G-ウィルス系統編集

G成体(G-Adult
G細胞の拒絶反応により誕生したクリーチャー。G細胞の強引な模擬複製により、宿主の身体を突き破るように新たな肉体を発生させている。腕や足など宿主となった犠牲者の痕跡がそこかしこに残されている。
オリジナル版ではボスクラスのクリーチャーだったが、本作では通常クリーチャーとして、下水道に複数体登場する。水中に潜んでいることが多く、大きく発達した左腕で主人公を捕まえようとする。また、オリジナル版と違って毒を持っており、口から吐き出す消化液を食らうと毒状態になる。弱点である目玉を露出させた個体や、その目玉を肉片で覆われた個体がいる。
G幼体(G-Young
G成体の口から吐き出される幼体。
G生物/ウィリアム・バーキン
G-ウイルスの開発者であるウィリアム・バーキンが、自らにG-ウィルスを投与し変異した存在。全部で5形態登場するが、第4形態を除いて基本的にはオリジナルに準じた容姿をしている。全形態共通で、基本的な弱点は巨大な眼球。
G第1形態(G 1st stage
第1形態は、右肩や腕・右上半身を中心に体格が肥大化し、左半身はまだウィリアムの姿を残している状態。普段はウィリアムの自我が発現し人語をうわ言のように呟きながら緩慢に徘徊する状態となっており、この状態では右肩の眼球は瞼が閉じられており、攻撃することができないため、代わりに頭部が弱点となっている。頭部を攻撃すると「痛い」等と叫んで大きく怯んだ後、G生物の本能が発現して乗っ取られ、右手に持つ鉄パイプを振り回しながら俊敏に主人公を追跡するようになる。この状態となっている間は右肩にある眼球の瞼が開かれ、初めてダメージを与えられる。ダメージが蓄積されると眼球が徐々に赤く変化していく。暫くすると、またウィリアムの自我が戻り、上記の状態に戻る。倒すと、地下施設の床の底に転落して退散する。
とあるイベントムービーでは、シェリーを捕まえようとしていたアイアンズを襲って胚を植え付け、その後にシェリーにも胚を植え付ける。また、その後の別のムービーでは、クレアとシェリーを襲ったタイラントの体を強烈な爪による一撃で引き裂き、その過程で下記の第2形態に進化を遂げている。
全シナリオ共通で、警察署の地下施設で戦う。
G第2形態(G 2nd stage
右半身を中心に更に体格や右腕やその爪が肥大化、新たなG生物の頭部が形成され始め、ウィリアムの頭部が押し退けられる、腹部脇腹辺りから新たな腕が形成され始める等、G生物独自の器官の生育が進行した状態。また、新たなG生物の頭部が形成された事でかつての頭部は機能を喪失したと同時に、ウィリアムとしての自我も失くなった。
第1形態よりも発達した右腕の爪による攻撃が主な武器となっている。普段は緩慢な動きしかしないが、上半身を仰け反らせた後に突進しつつ、大きく振りかぶって爪を振り下ろす攻撃を行う。
第1形態と違い、ただ攻撃でダメージを与えるだけでは膝をつくだけで倒すことができず、クレーンを機械で操作し、吊り下げられたコンテナをぶつけることで倒すことができる。また、1度目は壁に爪を突き刺して張り付き、復帰してくるため、2回ぶつける必要がある。
下記の第3形態との戦闘前のイベントムービーでも再登場し、クレアやレオンに迫るが、何れのルートでもアネットの攻撃により一度は倒れたが、それによって受けたダメージからの回復を図ったのと同時に第3形態に進化を遂げた。
全シナリオ共通で、下水道中層の浄水施設建設予定地で戦う。
G第3形態(G 3rd stage
第2形態で形成され始めた頭部が完成、左腕の下で形成され始めていた腕も完成と同時に右肩に移動、それに伴い、元あった巨大な右腕が背中に移動した後、背中から新たな巨大な左腕が発達、形成されるなど、G生物としての進化が更に進行した状態。それとは逆にウィリアムの頭部は更に退化して体の一部に取り込まれており、顔の形が僅かに露見するだけとなった。
第2形態よりも発達した右腕に加え、新たに形成された左腕を駆使して3度交互に振り回した後、右腕を床に叩き付ける攻撃や、巨大な両腕で自身よりも大きな物体を持ち上げて投げ付ける等、格段に攻撃手段が増えている。
右の巨大な腕、左大腿部、背中の合計3か所に目玉があり、全て破壊すると一時的に行動不能となり、胸が開いて多数の目玉で構成された核が露出し、そこが弱点となっている。一定時間が経過すると核を隠し、3か所の目玉が復活し、再び活動を始める。ある程度ダメージを与えると、常に核が露出したままとなる。第1形態と同じくダメージが蓄積されると眼球が徐々に赤く変化していく。
なお、オリジナルでは元々あった両腕が翼のような巨大な腕と化し、副腕が元々の腕の大きさへ変化していたが、『RE:2』では右側のみオリジナルと同様で、左側は元々の腕は巨大化せず、背中に巨大な腕がいきなり生えてきている。倒すと胸部の核から黄色い体液を流しつつ倒れる。
全シナリオ共通で、NESTの生体培養槽で戦う。
G第4形態(G 4th stage
オリジナルと違い六足歩行をする獣型ではなく、第3形態が度重なるダメージからの回復を計るため、更に全体的に肥大化し、4本の腕が2本に統合され、巨大な口腔が形成された直立歩行を行う人型の姿となっている。腕や足には取り込んだ者の腕が露出している。また、腕や足が半ば骨から肉が剥離し、触手に変化しつつあるような形状になっており、隙間が多くなっている。
普段は二足歩行で、突進攻撃時と弱った時のみ四足歩行になる。弱点となる眼球が巨大になった口腔内に無数に存在しており、代わりに右肩にあった眼球と左大腿部、背中の眼球等が消滅している。
攻撃手段としては、第3形態と同じく両腕を振り回す攻撃と壁にへばりついて登った後に直上落下して体当たりをする攻撃、四足歩行の姿勢になった後に突進攻撃を仕掛ける。
目玉以外を攻撃してもダメージは与えられない。一定の数の目玉を破壊することで倒せる。倒すと左腕がもげた後、口腔内を数回破裂させて倒れる。
クレア編(1stと2nd両シナリオ)でのみ、NESTの列車ターンテーブルで戦う。1stシナリオではラスボス。
G第5形態(G 5th stage
第4形態で受けたダメージを回復させようと周囲の死体を取り込みながら更に肉体を肥大化させ続けた結果、以前の原形すら留めない巨大な肉塊のような形状に変化した状態。腕や脚は触手に変化したため、肥大化した体を直接床に這わせて移動を行うようになる。列車を侵食させながら体を引きずって近づき、一定距離まで来ると口から弱点の巨大な目玉を露出させる。巨大な口で捕食行動を取る即死攻撃のみを仕掛けてくる以外は特に攻撃をしてこない。
レオン編・クレア編共に2ndシナリオでのみ、NEST脱出後の列車内で戦う。本作の真のラスボス。

DLC『The Ghost Survivors』での追加クリーチャー編集

P-Zガスゾンビ(P-Z Gas Zombie
アンブレラが開発した神経ガスである「P-Zガス」を取り込んだことで変異した紫色のゾンビで、口から紫色のガスを出している。これに噛まれると毒状態になるほか、倒した際に周囲に毒のガスをばら撒き、これに触れることでも毒状態になる。『No Way Out』ではA装備を装着したP-Zガスゾンビが登場する。
A装備ゾンビ(A-gear Zombie
対人用防弾プロテクタ(A装備)を着用したゾンビで、頭、胴体、腕、足などの様々な部位にA装備を着用しており、背中以外のA装備装着部位への銃撃を無効化する。ただし、電撃・火炎・酸・爆発によるダメージは有効。
ガスボンベゾンビ(Gas Bomb Zombie
ガスボンベを背負ったゾンビ。背負ったガスボンベへの銃撃で大爆発を起こし、周囲の敵を巻き込んでダメージを与えることが可能。また、ガスボンベに攻撃を与えずにゾンビのみを倒すことでガスボンベがマップ上に落ち、任意のタイミングで銃撃して爆発させることが可能となる。
ペイルヘッド(Pale Head
突然変異で高い再生能力を身に着けた実験体で、体色が白く目がないのが特徴。通常のゾンビに比べて動きが早いが、体力が低くなると動きが遅くなる。ダメージを受けても時間経過で体力を回復させてしまうため、威力の低い武器では倒すことが難しい。高威力の武器や断続的にダメージを与えられる火炎放射器などが有効となる。

登場武器編集

メインウェポン編集

レオン編の武器編集

マチルダ(H&K VP70)
レオンの初期装備として登場するハンドガン。弾薬は9mmパラベラム弾。初期状態では、装弾数は12発。カスタムパーツはオリジナル版と同じ「バーストストック」に加え「ロングマガジン」と「マズルブレーキ」。バーストストックを装着すると3点バースト射撃が可能となる。ロングマガジンを装着すると装弾数が24発に増加し、リロードする時間が短縮される。マズルブレーキを装着すると発射時の跳ね上がりが抑えられる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ストックホルスターを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版では単発と3点バーストのモード切り替えになっているのに対し、今作ではモード切り替えではなくストックホルスター着脱時に変化するようになった。
W 870(レミントンM870)
ショットガン。警察署の備品保管庫で入手出来る。弾薬は12ゲージショットシェル。初期状態では、ショートバレル、ストックレス仕様のブリーチャーモデルで、装弾数は4発。カスタムパーツはオリジナル版と同じ「ロングバレル」と「ストック」。ロングバレルを装着すると装弾数が8発に増加し、弾速が向上する事に伴い、弾の拡散が抑制され、威力が向上する。ストックを装着すると反動が軽減され、連射速度が向上する。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ロングバレルを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版のカスタムショットガンより比べると撃った後の反動が無くなり、安定する構えとなった。
ライトニングホーク(デザートイーグル)
マグナム銃。S.T.A.R.S.オフィスで入手出来る。弾薬は.50AE弾。初期状態では、ステンレスモデルで、装弾数は7発。カスタムパーツは「ロングバレル[注 3]」と「ダットサイト」。ロングバレルを装着すると、射撃ブレが軽減する上、弾速が速くなり破壊力も向上する。ダットサイトを装着すると、素早い照準が可能になる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ロングバレルを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。オリジナル版のカスタムマグナムより比べると撃った後の大きな反動がなくなり、連射速度はこちらが優れている。
化学燃料火炎放射器
アンブレラ製火炎放射器。下水道の資材置き場で入手出来る。予備弾薬であるタンク入りの「燃料」を装着すると400秒間にわたって炎を噴射することができる。カスタムパーツは「レギュレーター」。装着すると、火炎放射の時間を延ばすことができる。
対戦車ロケット(M202)
ロケットランチャー。スーパータイラント戦でエイダより渡される専用武器で、4発まで発射可能。
ブルームHc(モーゼルHSc)
ハンドガン。エイダの初期装備として登場する。弾薬は9mmパラベラム弾で、装弾数は9発。設定上、『One of five thousand(5000丁の内の1丁)』との事。レオン編で操作がエイダに切り替わった時のみ使用する。
『The Ghost Survivors』の「No way out」ではダニエル保安官の初期装備として無限弾仕様の物が登場する。
M19(コルト・ガバメント)
ハンドガン。レオン編の2ndシナリオで警察署の裏口に繋がる路地の部屋にて入手出来る初期装備。弾薬は「大型拳銃の弾」(.45ACP弾)で、装弾数は7発。マチルダとは異なり、横向きに寝かせた構えで射撃する。

クレア編の武器編集

SLS60(S&W M49)
リボルバー銃。クレアの初期装備として登場する。初期状態では、グリップアダプターが装着されており、装弾数は5発と少ないが、クリティカル率が高い。弾薬は9mmパラベラム弾。カスタムパーツは「スピードローダー」と「強化フレーム[注 4]」。スピードローダーを装着すると、リロードする時間が短縮される。強化フレームを装着すると、9mmパラベラム弾に加え、マグナム弾と同等の威力があるSLS強化弾(.357マグナム弾)が使用できるようになる。
『The Ghost Survivors』の「Runaway」ではキャサリンの初期装備として登場。
JMB Hp3(ブローニングHP)
オリジナル版クレア編と同様のハンドガン。警察署B1Fの駐車場内のパトカーのトランクから入手できる。弾薬は9mmパラベラム弾で、初期状態では、装弾数は13発。レーザーサイトがデフォルトで装着されている。カスタムパーツは「ロングマガジン」で、装着すると装弾数が26発に増加し、リロード時間が短縮される。
レーザーサイトは常時「Fit(狙い撃ち)」状態のため、クリティカル率を除いて実質的な本作最高性能のハンドガン。
GM79(M79グレネードランチャー)
グレネードランチャー。警察署の備品保管庫で入手出来る。弾薬は焼夷弾と硫酸弾の2種類であり、このうち硫酸弾はガンパウダーの精製でのみ入手可能であり、リッカーに有効である。一方、焼夷弾はマップ上から入手できるが、ガンパウダーの精製では入手できず、こちらはイビーに有効である。
初期状態ではストックレス仕様のソードオフモデルとなっており、カスタムパーツは「ストック[注 5]」で、装着すると、安定した弾道の換射が可能となり、レティクルの枠が狭くなる。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、ストックを装着するとアイテム欄2つ分の大きさになる。
MQ11(MAC-11)
サブマシンガン。弾薬は.380ACP弾で、初期状態ではストックが伸長されておらず、装弾数は24発。カスタムパーツは「ロングマガジン」と「サプレッサー」。ロングマガジンを装着すると、装弾数が50発に増加。サプレッサーを装着すると、重心が前方に傾き、同時にショルダーストックも伸長される事で、射撃のブレがなくなり発射音が静かになる[注 6]。入手時はアイテム欄1つ分の大きさだが、サプレッサーを装着するとアイテム2つ分の大きさになる。
スパークショット
実験動物撃退用のアンブレラ製高電圧銃。下水道の資材置き場で入手出来る。予備弾薬である「ニードルカートリッジ」を装着すると7発まで発射できる。カスタムパーツは「高電圧コンデンサ」。装着すると、通常よりも高い電圧を流すことができるようになり、連続放電の時間も短縮される。リッカー、G生物に有効。オリジナル版では電撃を放った直後で反動し後退していくのに対し、今作では反動は無く敵にニードルカートリッジを撃ち込んでから高電圧のチャージする間に歩きながらの移動が可能になる。ただし、高電圧チャージを満たした直後に敵との距離を離れすぎるとダメージは与えられない。
ミニガン(M134)
ガトリングガン。脱出用の列車のターンテーブル内にあるコントロールルームで入手出来る。G第4形態戦専用で、装弾数は400発。補充用の予備弾薬はない。特定の条件を満たすと弾数無限のミニガンを入手することができ、こちらはレオン編でも使用できる。『The Ghost Survivors』の「No Way Out」では、リハーサル時に、最初に開く扉から見える柱に付いているゴキブリを撃つと、最初に出てくるバックパックを背負ったゾンビから弾数無限のガトリングを入手することができる。
クイックドロウ・アーミー(コルトS.A.A.)
リボルバー銃。クレア編の2ndシナリオで、警察署の裏口に繋がる路地の部屋で入手可能。弾薬は「大型拳銃の弾」(.45ACP弾)で、装弾数は6発。グリップに翼のエングレーブがデザインされている。SLS60とは異なり、ファニング(利き手で引き金を引いたまま、もう片方の手で撃鉄を連続して弾く)で射撃する。

その他編集

サムライエッジ
ハンドガン。「オリジン」「クリスモデル」「ジルモデル」「アルバートモデル」の4種類あり、一定条件を満たしたり、数量限定特典やDLCで入手できる。装弾数は4種類とも15発だが、特定条件を満たすと手に入る「オリジン」のみ弾数無限。
『The Ghost Survivors』の「No time to mourn」ではロバートの初期装備として「オリジン」が登場。こちらは装弾数15発となっている。
MUP(H&K USP)
ハンドガン。ハンクの初期装備として登場する。装弾数は16発。
LE 5(H&K MP5A3)
サブマシンガン。ハンクの初期装備として登場する[注 7]。装弾数は32発。実銃と異なり、使用弾薬はMQ 11と同じく.380ACP弾。一定条件を満たすことで弾数無限のLE 5を入手することができ、こちらはレオンとクレアで使用可能。
ATM-4(FFV AT4)
弾数無限のロケットランチャー。一定条件を満たすことで入手可能。
EMFスキャナープロジェクター
エイダが使用するハッキングツール。微量なEMF(電磁界)を検知して、隠れた配線を壁に投影する装置。 特殊な干渉派で一部の機器を遠隔操作することもできる。

サブウェポン編集

『RE:2』ではメインの銃器とは別にサブウェポンを装備し、敵への攻撃や、敵から攻撃された時の緊急回避に使うことができる。

コンバットナイフ(M9)
レオン編・クレア編ともに、1stシナリオのマービンから渡される形で入手する。攻撃の他、敵から攻撃を受けた時の緊急回避として使用できる。その一方で攻撃や緊急回避の度に耐久力が減り、それが尽きると壊れて使えなくなる。耐久値は武器としての使用時のアイコンやアイテムとして調べた際の見た目である程度判別出来る他に、アイテム欄のアイコンに白色の耐久ゲージとして確認が可能。その関係で、探索の道中でナイフを複数本拾うことができる。さらに、ある条件を満たすと、隠し武器として耐久力が無限の「∞コンバットナイフ」が使えるようになる。
閃光手榴弾(M84スタングレネード)
強烈な閃光と爆音を同時に発生させ、範囲内の敵の視力と聴力と一定時間奪い、移動も停止させることができる。
緊急回避時はゾンビやリッカーなどの雑魚敵には相手の口に押し込み脱出、タイラントなどのボス級の敵は相手の足元に投げつける。前者は仕掛けた敵の頭部に銃弾を当てる事で即座に爆発させる事が可能。
なお、視力がなく聴力が発達したリッカーも、閃光自体は効かないが爆音の効果は受ける。
破片手榴弾(M26手榴弾)
爆発と同時に無数の金属破片を飛び散らせる。マグナム級の威力があり、多くの敵を巻き込むことができる。緊急回避時は閃光手榴弾と同様。

舞台編集

ガソリンスタンド(Mizoil Gas Station
1stシナリオで主人公が最初に訪れる、市郊外のアークレイ郡にあるエリア。レオンとクレアが出会う場所で、基本操作のチュートリアルを行う。
ラクーン警察署(Raccoon Police Station
ラクーンシティ中心部に位置する唯一の警察署。 基本的にマップはオリジナル版に準拠しているが、より自然なマップに変更された。また、3階や地下施設など、新たに拡充されたマップも存在する。
元は美術館として利用されていたため、現代では珍しい時計台や玄関ホールの女神像がかつての面影を見せている。
地下施設(Underground Facility
警察署の地下にある秘密の地下施設。警察署ホールの女神像の下に入口があり、女神像の台座に3つのメダルをはめ込むことで入口が開く。地下駐車場のマンホールに繋がっており、下水道へと通じるエレベーターもある。
警察署裏通り(Behind R.P.D.
警察署の裏手にある通りで、地下駐車場から地上に出た先にある。通りにはケンド銃砲店があり、レオン編でのみ訪れる。クレア編では、銃砲店の隣の抜け道を通って孤児院へ向かう。
ケンド銃砲店(Gun Shop Kendo
警察署の裏通りにある鉄砲店。レオン編でのみ、警察署脱出後に訪れる。
孤児院(Raccoon City Orphanage
警察署の裏通りの先にある、孤児の養育施設。アンブレラ社をはじめとする企業と地元市民の寄付で運営されており、警察署長のアイアンズがこの施設の院長を兼任している。ステンドグラスがシンボルで、国外からも見学者が来るほど有名である。
しかし、裏ではアンブレラ社が孤児をウイルスの被験体として利用しており、被験対象に選ばれた孤児を研究所に連れ出していた。他の子供たちには「養子になる」とごまかしていたが、電話や外出が一切禁止されていたこともあり、子供たちの間では「養子に貰われていくのではなくブギーマンに食べられている」という噂も立っていた。
クレア編でのみ訪れる。地下室があり、そこから下水道に通じる通路がある。アイアンズが警察署でシェリーを連れ去り、一室にシェリーを監禁する。そのため、操作キャラがシェリーに切り替わり、彼女を操作して孤児院からの脱出を図ることになる。途中、脱走に気づいたアイアンズが追いかけてくるが、アイアンズに捕まったり隠れている所を見つかると即ゲームオーバーになるため、アイアンズから逃げ続けなければならない。
下水道(Raccoon City Sewers
ラクーンシティの地下を通る下水道。マップがオリジナル版から大幅に変更・拡充されており、上層・中層・下層の3階層になっている。アンブレラ社の各施設ともつながっており、研究員が秘密の移動経路として用いていた。
レオン編では、操作キャラが一時的にエイダに切り替わる。
NEST
ラクーンシティにあるアンブレラ社の地下研究所。オリジナル版の研究所よりもさらに近代的な内装にアレンジされており、新たに職員の生活スペースである食堂や仮眠室が追加されたほか、オリジナル版の工場にあった列車のターンテーブルも追加された。
メインシャフトがオリジナル版よりかなり広くなったほか、中央部のメインヒューズを設置するブレーカーが無くなった代わりに非常用のエレベーターが設置されており、そこからプラットフォームに行くようになっている。
扉の解錠には、鍵ではなく「リストタグ」を使用する。リストタグには所有者の権限に応じて「ビジター」「一般職員」「上級職員」「マスター」の4種類のチップがついており、それぞれのチップで出入り可能な部屋の範囲が異なる。主人公が入手した時は一番権限が低い「ビジター」のチップなので、探索を進めるにはより高い権限のチップを入手していく必要がある。

評価編集

週刊ファミ通1572号のクロスレビューでは、乱舞吉田が9点、ジゴロ☆芦田が9点、くしだナム子が10点、卵を守る雨宮が9点をつけ、合計40点満点中37点でプラチナ殿堂入りを果たした[39]

関連商品編集

書籍編集

バイオハザード RE:2公式コンプリートガイド

エアソフトガン編集

ライトニングホーク.50AE 10インチ マグナポートカスタム
東京マルイとのコラボした完全限定品[40]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ その後、同作品の開発チームは新規タイトルとして2020年に『デイメア: 1998』を発表している[10]。この作品には、語り手「クリーナー」役で『2』のレオン役だったポール・ハダドが出演している。
  2. ^ 人体損壊描写の一部緩和が行われており、リッカーに切り裂かれた警官のムービーなどで北米版と同等の映像が使用されている。それ以外の人体破壊表現は通常版と同じとなっており、海外版と合わせて3ラインナップが存在している。
  3. ^ 今作ではRE:2モデルとなっており、オリジナル版のデザインとは異なる
  4. ^ ブルバレル、ノンフルーテッドシリンダー、ラバーグリップのセットとなっている。
  5. ^ ショルダーストックと照準器のセットとなっている。
  6. ^ これにより、聴覚を頼りに獲物の位置を把握するリッカーにも発見されにくくなる。
  7. ^ 『The Ghost Survivor』でもJ(ゴースト)の初期装備として登場する。

出典編集

  1. ^ a b c BIOHAZARD RE:2(PS4)”. イーカプコン. カプコン. 2018年1月24日閲覧。 / BIOHAZARD RE:2 Z Version(PS4)”. イーカプコン. カプコン. 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ ミリオンセールスタイトル”. 株式会社カプコン (2021年6月30日). 2021年8月10日閲覧。
  3. ^ リメイク版「バイオハザード2」ハンク&豆腐モードを収録!”. シネマトゥデイ (2019年1月15日). 2019年1月19日閲覧。
  4. ^ “三並達也×三上真司 独占対談”. ハイパーカプコンスペシャル (Sony Magazines Inc.). (June 11, 2002). 
  5. ^ Developer Interview 2008: vol01.Jun Takeuchi”. Capcom Co., Ltd (2008年9月30日). 2011年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月7日閲覧。
  6. ^ Reed, Kristan (2008年11月13日). “Resident Evil 5 Xbox 360 Hands On”. Eurogamer.net. Eurogamer Network Ltd. 2011年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  7. ^ Jun Takeuchi Interview II”. GameTrailers. MTV Networks (2009年2月27日). 2013年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月5日閲覧。
  8. ^ イタリアのファンが『バイオハザード2』の非公式HDリメイクを開発中、2014年冬にも無料で公開予定”. Game*Spark. イード (2014年1月28日). 2019年1月26日閲覧。
  9. ^ 伊インディーのリメイク版『バイオハザード2』開発中止―近くカプコンと「アイデアを議論」”. Game*Spark. イード (2015年8月18日). 2019年1月26日閲覧。
  10. ^ “怖さで寒気が止まらない!イタリア発の「バイオハザード」フォロワー「デイメア:1998」プレイレポート”. GAME Watch (インプレス). (2020年2月19日). https://game.watch.impress.co.jp/docs/kikaku/1236033.html 2020年2月19日閲覧。 
  11. ^ Resident Evil 2 Remake is in development”. PC Gamer. 2018年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月25日閲覧。
  12. ^ Resident Evil 2 remake revealed, coming January 2019”. Polygon. 2018年6月12日閲覧。
  13. ^ 『バイオハザード RE:2』がE3 2018を代表するゲームに! “Game Critics Awards: Best of E3 2018”の結果が発表”. ファミ通.com. GZbrain (2018年7月3日). 2018年7月18日閲覧。
  14. ^ a b Osborn, Alex (2018年6月11日). “E3 2018: Resident Evil 2 Remake Release Date Announced” (英語). IGN. 2018年6月13日閲覧。
  15. ^ a b c d 勝田哲也 (2018年6月15日). “名作への挑戦! 「バイオハザード RE:2」、平林氏、神田氏、2人のプロデューサーインタビュー”. Game Watch. Impress. 2018年6月22日閲覧。
  16. ^ a b c d [E3 2018]懐かしくも新しい体験を目指す。「バイオハザード RE:2」開発者への合同インタビュー。豆腐は絹か木綿か分かる?”. 4Gamer.net. Aetas (2018年6月18日). 2018年8月8日閲覧。
  17. ^ a b c d 神田プロデューサーにインタビュー!『バイオハザード RE:2』で目指したものとは?【特集第3回/電撃PS】”. PS Blog. ソニーコンピュータエンタテインメント (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。
  18. ^ a b c d “『バイオハザード RE:2』ディレクター・プロデューサーインタビュー!第1作に携わった二人のディレクターは、新生『RE:2』にどのように挑んだのか”. IGN (産経デジタル). (2018年12月5日). https://jp.ign.com/resident-evil-2-remake/31365/interview/re21re2 2019年12月14日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g h i j k 「バイオハザード RE:2」開発陣インタビュー”. GAME Watch. インプレス (2018年12月5日). 2018年12月15日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g 『バイオハザード RE:2』ゾンビはよりゾンビらしく、そして手強い!? 開発陣に本作の見どころを訊くインタビュー(2/2)”. ファミ通.com. GZbrain (2018年12月5日). 2018年12月15日閲覧。
  21. ^ a b c d e f 『バイオハザード RE:2』シェリーのデザインやシナリオのアレンジを質問。ブルーハーブに新要素が追加!?”. 電撃オンライン. アスキーメディアワークス (2018年8月24日). 2019年1月26日閲覧。
  22. ^ a b c d [gamescom]「バイオハザード RE:2」合同インタビュー。リメイク版における最大の進化はゾンビにあり 4Gamer.net 2018年8月24日
  23. ^ a b c 『バイオハザード RE:2』ゾンビはよりゾンビらしく、そして手強い!? 開発陣に本作の見どころを訊くインタビュー(1/2)”. ファミ通.com. GZbrain (2018年12月5日). 2018年12月15日閲覧。
  24. ^ 「バイオハザード RE:2」クリエイター合同インタビュー”. GAME Watch. インプレス (2018年8月27日). 2018年8月31日閲覧。
  25. ^ Resident Evil 2 Remake: Original Voice Actors Being Replaced”. IGN (2017年1月22日). 2018年9月21日閲覧。
  26. ^ “『バイオハザード2』でレオンを演じた俳優ポール・ハダド氏が亡くなる”. ファミ通.com (KADOKAWA Game Linkage). (2020年4月18日). https://www.famitsu.com/news/202004/18196963.html 2020年4月22日閲覧。 
  27. ^ 『バイオハザード2』リメイク版の開発が正式決定!”. ファミ通.com. GZbrain (2015年8月13日). 2018年6月15日閲覧。
  28. ^ Resident Evil 2 announced for PS4, Xbox One, and PC”. Gematsu. 2018年6月12日閲覧。
  29. ^ 『バイオハザード2』がプレイステーション4でリメイク!2019年1月25日発売予定【E3 2018】”. ファミ通.com. GZbrain (2018年6月12日). 2018年6月15日閲覧。
  30. ^ Resident Evil 2 Remake Release Date, Gameplay Footage, 4K/60FPS, PC System Specs - Everything we Know”. USGamer. 2018年7月13日閲覧。
  31. ^ 「バイオハザード RE:2」は「CERO D」版と「Z」(18歳以上対象)版の2ラインナップで国内展開へ。予約受付は8月10日スタート”. 4Gamer.net. Aetas (2018年8月8日). 2018年8月9日閲覧。
  32. ^ ゲーム『バイオハザード RE:2』の日本語ボイス版に森川智之さん、甲斐田裕子さん、皆川純子さん、関俊彦さんらが出演決定!”. アニメイトタイムズ (2018年9月20日). 2018年9月20日閲覧。
  33. ^ 簗島 (2018年10月9日). “「バイオハザード RE:2」,本編発売日に配信予定のDLCパック“Extra DLC pack”の内容が公開に”. 4Gamer.net. Aetas. 2019年1月25日閲覧。
  34. ^ 緑里孝行(クラフル) (2019年1月25日). “「バイオハザード RE:2」ついに本日発売!無料追加DLC「THE GHOST SURVIVORS」近日配信決定”. Game Watch. 2019年1月25日閲覧。
  35. ^ a b c d 【ネタバレ注意】『バイオハザード RE:2』の「if」ストーリーが成立していたらどうなっていたのか?DLC「THE GHOST SURVIVORS」から見る4つの物語の考察”. IGN (2019年2月18日). 2019年3月2日閲覧。
  36. ^ “『バイオハザード RE:2』に登場する豆腐は、“実際の豆腐”をスキャンして作られた。その正体は木綿”. AUTOMATON (アクティブゲーミングメディア). (2019年1月22日). https://automaton-media.com/articles/newsjp/20190122-83708/ 2019年12月14日閲覧。 
  37. ^ 『バイオハザードRE:2 公式コンプリートガイド』(204P)の解説、及び『RE:2』で取得できるファイル《誰かが残したメモ》《ウェイン・リー宛てのメール》より
  38. ^ シリーズ最新作にして再:新作の「バイオハザード RE:2」ではゾンビに襲われる恐怖を再構築。開発の中核を担うキーマン3人に話を聞いた”. 4Gamer.net. Aetas (2018年12月5日). 2019年1月25日閲覧。
  39. ^ バイオハザード RE:2のレビュー・評価・感想 ファミ通.com 2020年6月7日閲覧。
  40. ^ 『バイオハザード RE:2』レオンの「ライトニングホーク」がエアソフトガンに!あの「木箱」に入った完全限定品で、6インチ・10インチバレルに換装可能”. 電撃ホビーウェブ (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。

外部リンク編集