バイコヌール (小惑星)

小惑星

バイコヌール (2700 Baikonur) は小惑星帯に位置する小惑星。1976年にソビエト連邦(当時)の天文学者ニコライ・チェルヌイフがクリミア天体物理天文台で発見した。

バイコヌール
2700 Baikonur
仮符号・別名 1976 YP7
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
コロニス族
発見
発見日 1976年12月20日
発見者 N. S. チェルヌイフ
軌道要素と性質
元期:2011年2月8日 (JD 2,455,600.5)
軌道長半径 (a) 2.907 AU
近日点距離 (q) 2.786 AU
遠日点距離 (Q) 3.029 AU
離心率 (e) 0.042
公転周期 (P) 4.96
軌道傾斜角 (i) 2.41
近日点引数 (ω) 271.44 度
昇交点黄経 (Ω) 171.39 度
平均近点角 (M) 328.38 度
物理的性質
絶対等級 (H) 12.1
Template (ノート 解説) ■Project

カザフスタンのチュラタム(現:バイコヌール)にソ連が建設したロケット発射場のバイコヌール宇宙基地から命名された。

MUSES-C(はやぶさ)後継機の探査対象候補として検討されたことがある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 次期太陽系始源天体探査ミッション検討例(MEF-小天体探査フォーラム一般公開ページ (web.archive))

関連項目編集

外部リンク編集