メインメニューを開く

バイタルパート (Vital part) とは、軍艦における「重要防御区画」という概念のこと。VPと略されることがある。破壊された場合致命的であることから転じて、軍艦設備でなくとも使われることがある。

概要編集

14世紀中ごろより始まった艦砲による砲撃戦が発展していくにつれ、艦載砲は大口径化の一途を辿り、敵の砲弾を防ぐための装甲も重厚化していった。艦船は主に洋上にあり浮力によって船体を支えているため、戦車のような重量による制約が厳しくなく、純粋に装甲板を厚くすることで敵の砲弾から船体を防御していた。

しかし第一次世界大戦頃には、船体全てを装甲板で覆うことに限界が見えてきた一方で、艦砲の大口径化は収まらず被弾時の脅威は増大していった。そこで生み出されたのがバイタルパートである。これは軍艦に於いて直接的に継戦能力に関わる、弾薬庫・機関部・主砲塔といった重要な区画を出来る限り集約し、そこだけを集中的に防御することで、総トン数を抑えつつ被弾しても最低限の戦闘能力は維持しようという概念である。この集中防御された箇所「重要防御区画」を、バイタルパートという。バイタルパートを貫通されると多大な被害を出す。バイタルパートは艦によって場所が違うため狙って打つのはとても難しかったそうだ。

装甲化箇所を必要最小限としたことで総トン数を抑えつつ防御力を高められる本概念は、第二次世界大戦中の戦艦・巡洋艦に適用され、大艦巨砲主義を実現するうえで必要不可欠となった。大和型戦艦に於いて、「対46cm砲装甲を備えていた」というのは、このバイタルパート装甲を指すのであり、船体全てが装甲化されているわけではないことは留意する必要がある。