メインメニューを開く

バイバイ、ブラックバード』は、伊坂幸太郎による長編小説。双葉社より2010年8月30日に刊行された。後に2013年3月17日に双葉文庫より文庫化された。

目次

概要編集

2009年に双葉社が企画した「ゆうびん小説」の企画として執筆された。書店で配布されているフリーペーパー『LOVE書店!』10号に付いている応募券で応募した中から抽選で50名限定で1届けられた。それをまとめ、書下ろしの最終話を追加した単行本が2010年に発売された。[1]

太宰治の未完の小説『グッド・バイ』のオマージュとして書かれた。基本設定である「何人もの女性と同時に付き合っていた男が、その関係を清算する為に、全く恋愛関係になかった女性の協力を得て一人ひとりを訪ねて歩く」を踏襲した。ちなみに繭美はキヌ子から影響を受けている。[2]

タイトルは1926年に発表されたジャズ「Bye Bye Blackbird」を元にしている。

あらすじ編集

星野一彦は〈あのバス〉で連れていかれる事が決まっており、体型から態度まで何もかもが規格外の繭美に監視されていた。

星野は五股をかけており、連れていかれる前に5人に別れ話をしに行きたいと頼んだ。幼少期に母親が出先で交通事故に遭って死んでしまい、待たされることの心細さを身を持って知っていたからだ。仕方なく繭美が仲間に確認すると「面白そうだから」と言う理由で許可が下り、繭美は仕方なく星野に付き添う事になった。だが星野は〈あのバス〉で連れていかれる事を相手に言いたくないと言い、代わりに繭美と結婚するからという理由で5人に別れ話をしに行く事になった。

主な登場人物編集

星野一彦
〈あのバス〉で連れていかれる事が決まっている。五股をかけており、最後に別れ話をしに行きたいと言い出す。
繭美
何もかもが規格外の星野の監視役。身長190cm、体重200kg。肌は白くブロンド髪。ブランドスーツに身を包んでおり、バレンシアガを着ている事が多い。
廣瀬あかり
星野の1人目の恋人。星野とは苺狩りに行った時に出会った。
霜月りさ子
星野の2人目の恋人。バツイチで、海斗と言う小学一年生の息子が居る。
如月ユミ
星野の3人目の恋人。侵入をするのが趣味。
神田那美子
星野の4人目の恋人。「1818」を「イヤイヤ」と言う様に、数字を見ると日本語に翻訳する。
有須睦子
星野の5人目の恋人。女優をしている。

テレビドラマ編集

バイバイ、ブラックバード
ジャンル テレビドラマ
原作 伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』
脚本 鈴木謙一
監督 森義隆
出演者 高良健吾
城田優
石橋杏奈
板谷由夏
前田敦子
臼田あさ美
関めぐみ
プロデューサー 武田吉孝
制作 WOWOW
放送
放送国・地域   日本
放送期間 2018年2月17日 - 3月24日
放送時間 土曜22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 6
公式サイト

2018年よりWOWOWで放送。全6話。主演は高良健吾[3]

キャスト編集

スタッフ編集

参考編集

  1. ^ ゆうびん小説”. 株式会社双葉社. 2013年7月23日閲覧。
  2. ^ 伊坂幸太郎『バイバイ、ブラックバード』双葉文庫、2013年初版、334頁より引用
  3. ^ 高良健吾“借金を抱えた5股男”役で主演 城田優は金髪“女性”役でヒロイン怪演<バイバイ、ブラックバード>”. モデルプレス (2017年8月30日). 2017年8月30日閲覧。
  4. ^ a b c d e “高良健吾が5股をかける女優陣発表 石橋杏奈、板谷由夏、前田敦子、臼田あさ美、関めぐみ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2101147/full/ 2017年11月24日閲覧。 

外部リンク編集