メインメニューを開く
日本で初めて発行されたバイメタル貨の地方自治施行60周年記念500円硬貨(中心部はクラッドメタルとなっている)

バイメタル貨(バイメタルか)は2種類以上の金属、もしくは合金から構成される硬貨のこと。単一の合金から構成される場合は通例としてバイメタル貨と言わず、中心部と外縁部で異なる金属、合金を配したものが一般的な構造である。

特徴編集

製造方法は中心部と外縁部のそれぞれに隙間を作ってから同時に打ち抜き、隙間が互いに合致するようプレス機にかけられる。それ以外の工程は通常の硬貨とさほど変わらない。

バイメタル貨が採用される理由のひとつは通常の硬貨より偽造対策に優れている点が挙げられ、流通目的でない高額貨幣や記念貨幣にバイメタル貨が採用されることも多い。

実施例編集

近年、初めて広く流通したバイメタル貨は1982年から2001年まで発行されていた500イタリア・リラ硬貨である。そのほか、1988年から発行されていた10フランス・フラン硬貨も広く流通するバイメタル貨であった。2008年時点で広く流通し、使用されているバイメタル貨は1ユーロ硬貨、2ユーロ硬貨、2UKポンド硬貨、2カナダ・ドル硬貨、5南アフリカ・ランド硬貨、10バーツ硬貨などがある。

日本では2008年に地方自治法施行60周年記念五百円貨幣で初めて用いられ、2021年より通常の五百円硬貨にもバイメタル貨が採用される予定。

流通する国・地域編集

 
2018年現在の流通マップ。
  1種類のバイメタル貨が流通している国
  複数の種類が流通している国
  バイメタル貨と同じ額面の単一金属貨幣が流通している国。
また、流通を目的としてバイメタル貨が発行された国で、通常は流通していない国も含まれる。