バクスターズカーブ列車強盗

バクスターズ・カーブ列車強盗英語: Baxter's Curve Train Robbery、バクスターのカーブれっしゃごうとう)は、サンダーソン列車強盗英語: Sanderson Train Robbery、サンダーソンれっしゃごうとう)としても知られ、1912年アメリカ合衆国南部、テキサス州サンダーソン英語版の近くで発生した。ベン・キルパトリック(Ben Kilpatrick)と相棒オレ・ホベック(Ole Hobek)は、サザン・パシフィック急行車を強盗しようとしたが、しかし、人質の1人デビッド・A・トロウスデール(David A. Trousdale)に止められ、トロウスデールはどうにかして盗賊を2人とも殺害した[1]

バクスターズ・カーブ列車強盗
Ben Kilpatrick Ole Hobek 1912 Sanderson Texas.jpg
ベン・キルパトリック(左)とオレ・ホベックの遺体 サンダーソン停車場前で
日付1912年3月12日
場所アメリカ合衆国テキサス州サンダーソン英語版近郊
別名サンダーソン列車強盗(Sanderson Train Robbery)
関係者ベン・キルパトリック(Ben Kilpatrick)
死者2

背景編集

「トール・テキサン」("Tall Texan")として知られるベン・キルパトリックは、もともとブッチ・キャシディのワイルド・バンチのメンバーであったが、モンタナ州の1901年のグレート・ノーザン強盗の後に捕まり、ジョージア州アトランタの連邦刑務所に送られた。グレート・ノーザン強盗からちょうど10年後の彼の釈放と同時に、ベンはまっすぐに犯罪生活に戻った[1]

西部開拓時代の歴史家らはしばしば、ベン・キルパトリックをブッチ・キャシディやキッド・カリーの助力がなければ強盗を完全に実行することはできないと見なしてきたが、しかし刑務所から釈放されたのち、オレ・ホベックという名前の男と彼とは、短時間で一連の「見せ物ふうの」("spectacular")銀行と列車の強盗を実行した。しかし、これら強盗はあまり利益をもたらさなかったために、さらなる強盗を必要とした[2]

刑務所からの釈放に先立つホベックの人生についてはほとんど知られていないし、刑務所で彼はベンに会ったと考えられている。しかしながら、1911年春に彼はベンの釈放を期待して、ウエスト・テキサスに姿を現わした。彼は自分は探偵であると主張して、テキサス州シェフィールドへの旅行をしていた、テキサス州サン・アンジェロからの男2人と貸馬車1台に相乗りした。ひとたびそこに着くと、ホベックは勘定の自分の分を支払わずに姿を消した。捜査官らはのちに、テキサス州クリストーバル(Christoval, Texas)の何者かにコンタクトした、と決めたが、そこにはベンの親戚が数人住んでいた。ホベックは次にテネシー州メンフィスで見られたし、そこで1911年7月から1912年2月5日までL.B. Price Mercantile Companyで働いていた[1][2]

強盗編集

1912年3月13日午前12時05分ころ、キルパトリックとホベックはテキサス州ドライデンでサザン・パシフィック鉄道の列車 #9に乗り込み、西に向かってサンダーソンに向かった。町から出ると、強盗犯2人はマスクをつけ列車の前部に進み、機関士D・E・グロッシュ(D. E. Grosh)、乗務員2人、および急使を人質にとった。強盗犯らはそれから機関士に、バクスターズ・カーブの西にある最初の鉄橋で列車を止めるように命じたが、鉄橋はドライデンとサンダーソンとのほぼ中ほどに位置し、彼らはそこにウマたちを残していた[1][3]

キルパトリックが銃をつきつけて機関士を留めている間、ホベックは急使 デイビッド・A・トロウスデールおよび乗務員2人とともに急行車に行き、次の車複数を切り離して実際の強盗を開始した。途中、トロウスデールはどうにかして、冷凍カキ(牡蠣)の積荷に使用される氷木槌でわが身を固めた。彼はそれを適切な瞬間まで身に着けて隠した。数分後、ホベックが包みを1つ拾い上げるために下を見たとき、トロウスデールは木槌で頭部を殴り、殺した[1][3]

その後、トロウスデールはホベックのライフルで身を固め、乗務員2人にピストルを与えた。それから彼らは明かりを消し、車の後部に行き、キルパトリックが姿を現わすのを待った。トロウスデールによると、彼らは1時間超待って、彼はいらだち、急行車に向かうことに決めた。彼が急行車の窓に現れたとき、キルパトリックは数回「フランク」("Frank")という名前を叫んだが、しかしそれから、彼に会うことなく、トロウスデールに頭部を撃たれた[1][3]

余波編集

強盗がはばまれて、機関士は、機関を再始動させ、列車の残り半分に再連結し、それからサンダーソンまで走り、そこでテキサス州テレル郡の保安官が通報を受けた。保安官デイビッド・L・アンダーソンは、ビリー・ザ・キッドのギャングの一員であったことで有名で、のちに強盗未遂で3人目の共犯者を捕らえた。バクスターズ・カーブにウマを留めておくために採用された11歳の少年である。盗賊のウマたちは、後ろ向きに装蹄されているのがわかったが、おそらくは彼らの逃げるとき足跡が反対方向に進んでいるよう装うためであろう[3][4]

午前5時ころ、列車はサンダーソンに到着した。キルパトリックとホベックの遺体はただちに列車から移動され、今では有名な写真のために停車場前で立てかけられた。写真撮影ののち、それら遺体はシートで包まれ、大きな木製の棺1つにおさめられた。キルパトリックとホベックは当初シーダー・グローブ墓地のマークのない区画に埋葬されたが、しかし以後墓が発見され、現在では人気のある観光名所である[1][2]

デビッド・トウロスデールは英雄視され、報酬として、Wells Fargo & Companyから1000ドルと、彫り刻まれた金時計が贈られた。彼はまた、連邦政府からさらに1000ドル、サザン・パシフィック鉄道から500ドル、そして感謝する乗客からテキサスの星の中にダイヤモンド1つがはめ込まれた金(きん)のウォッチ・フォブ(gold watch fob)を受け取った。ウォッチの彫り刻みには、「1912年3月13日、テキサス州ドライデン近郊で行われた列車強盗未遂で示された勇気と忠実さを認めて、ウェルズ・ファーゴ・アンド・カンパニー」("In recognition of the courage and fidelity displayed in an attempted train robbery near Dryden, Texas, March 13, 1912, Wells Fargo and Co")と書かれていた。フォブには、「1912年3月13日、テキサス州ドライデン近くで、示された勇気にたいして、西行きのサンセット・エクスプレス、乗客が贈る」("Presented by passengers, west-bound Sunset Express, for bravery displayed March 13, 1912, near Dryden, Texas.")とあった[1]

バクスターズ・カーブ列車強盗はテキサス史上最後の列車強盗と見なされることもあるが、ニュートン・ギャングは1914年にユヴァルデ近くのサウス・パシフィックの列車を強盗した[1][4][5]

デイビッド・A・トロウスデールの話編集

以下は、デイビッド・A・トロウスデールによってサンダーソンの警察に報告された[1]――

停車していることを最初に知ったのは、電車がバクスターズ・カーブで停車したときであった。わたしはドアに行かなかったし、問題があることを知ったのは、列車のポーター[乗務員]か機関士がわたしを呼び、ドアに来るように頼んでからである。ドアを開け外を見ると、マスクをした男が1人、ライフルをわたしに向けて立っていた。列車のポーターは、あなたに外で用がある、強盗犯らがいる、あなたは外に出るほうがよい、と告げた。わたしはそこに数秒間立っていたし、強盗犯はわたしに、両手を上げて「外に落ちる」('fall out')よう命じた。わたしが車から降りたとき、彼はわたしに近づき、武器はないかわたしを調べてからわたしを列車乗務員とともにさがったところに立たせた。彼は車掌と列車ポーターに手荷物車複数を普通客車複数から切り離し、約10から12フィート離れさせた…。彼は助手[乗務員]を調べ、車掌とポーターには、戻って客車車両らと一緒にとどまるよう、郵便局員、助手、およびわたしには、機関を進みつづけるよう指示した。強盗犯の1人は、機関の片側にギャングふうに乗り、もう1人は反対側に乗った。彼らは、わたしたちに停止を命じた所からざっと1マイルわたしたちを運んだ。「パートナー」という名前で通る強盗は、機関士および機関助手とともにとどまった。「フランク」という名前で通るもう1人は、郵便局員、助手、およびわたしを機関タンクの横に並ばせて、わたしたちを両手を上げさせたまま手荷物車まで行進させて戻し、車に乗り込ませた。彼はそれからわたしたちを金庫まで運び、わたしにそれを開けさせた。わたしは金庫に貨物運送状7つ持っていただけだし、彼にとってとにかく価値のあるものは7つのうち2つしかないと彼に告げた。わたしは彼に包み2つを取らせた、1つは2ドルの価値の、もう1つは37ドルの価値の。彼は車を見たのちに、サムおじさん(Uncle Sam。米国の擬人化。青い燕尾服、赤白の縞のズボン姿の、白いあごひげのあるやせた長身の男)が何を持っているのか通りぬけて見ようと言い、わたしたち3人を郵便車に戻した。彼は1つの郵袋を切り開き、ばらの書留をすべてその中に入れ、書留でいっぱいの他の4つと一緒にそれを捨て、わたしに、川(リオ・グランデ川を指す)向こうにおまえを連れて行こう、と言った。わたしは、もし自分が彼に有利になる機会があるなら、それは彼を、形勢を逆転する何か方法を見つけられるわたしの車を通って連れ戻すことによってだろう、と思った。わたしたちは合造車を通り抜け、わたしは急行の包みを2つか3つ開け、すると彼はナイフを取り、1つの望遠鏡グリップを切り開いた。彼はメキシカン・ハットを1つ取り出し、手荷物の中に欲しいものは何もない、と言った。強盗、助手レーガン、およびわたしはスルー・カーに乗り込んだ。わたしは彼に、自分は戦闘賃金を得ていない、彼がどれだけ取り出したかは気にしていない、と言った。こうしてわたしは彼の信頼を得て、すると彼はわたしを以前のようにざつに扱うのをやめた。これの前には、彼はライフルでわたしを突き、わめきちらしてわたしに命令したものだ。わたしたちがカキ(牡蠣)の積み重ねの横を通りかかったとき、わたしは車のほぼ中央にからのパッカーを立たせていたし、強盗とわたしはカキとパッカーの間を通り抜けねばならなかったし、これはわたしをカキの近くに押しやったし、わたしたちが通りぬけるとき、わたしは、それらの上にある氷木槌[マレット]を持ち上げた。わたしは彼にそれが見えないようそれをオーバーコートの下に隠し、彼をドアから遠ざけ、彼にサンダーソンに行く予定の包みを見せ、彼に、包みは彼が得たすべてよりも価値がある、と告げた、わたしは思った。彼はライフルを片脚に寄りかけ、右手で包みを取上げ始めた。彼がこの位置にいる間、わたしは機を見たので、わたしが彼を打った第1撃は、頭部を首からつなぐ頭蓋底に、であった。それからわたしは彼が倒れたのち、頭頂にさらに打撃を2回与え、第3撃で脳をたたき出した。わたしはこの男からコルト・シングル・アクション・アーミー回転式拳銃2丁と.401ウィンチェスター・セルフローディングを取った。わたしは郵便局員と助手にそれぞれ回転式拳銃1丁を与え、ライフルをとっておいた。郵便局員と助手を車の後部に送った。それら灯りを消してから彼らに合流すると、見えた唯一の道は合造車の灯りからだけであった。わたしは2人目の男が戻ってくるのを2時間ほど待った。彼はしばらく姿を現さなかったし、わたしは車のてっぺんをとおして1発発砲し、すると数分後、彼はドアにやって来て、「フランク」という名前を3回呼び、5分間ほど待った、そのときわたしには彼の頭部がわたしから40フィート離れたトランクのむこうから突き出ているのが見えた。彼が頭部を出した1回目、わたしは撃つ機会をとらえなかったが、2回目彼は車の後部のほうを見ていた。わたしは1発発砲した――弾丸は彼の左眼の約1インチ半上に当たり、頭部を貫通し、車の端まで通り抜け始めた。1時間ほど待ったのち、わたしたちは空気を引き(we pulled the air)、機関士は機関と手荷物車複数を客車車両に後退させた。機関助手が客車車両に戻り、わたしを呼んだ。わたしは彼に、わたしが車を開ける前に車掌と何人かの乗客を得るように命じ、わたしが二人の男を殺したと告げた。数分後に彼は車掌、ポーター、および乗客15人か20人とともに戻った。わたしは危害を加える者が外にないことに気づいたとき、ドアを開けて列車乗務員を受け入れた。列車を連結させたのち、わたしたちは合衆国郵便物が荷降ろしされていた所に移動し、そこに荷降ろしされていたすべてのものを見つけたし、わたしは金庫から取り出された密封された包み2つを得た。わたしは自分の金銭すべてを助手レーガンに移し、サンダーソンまで行き、死体から取った銃6丁とともにそれら死体を降ろした。わたしはそれから大陪審と検視法廷の前に出頭し、釈放された。結論として、サンダーソンに向かう途中で、「パートナー」と呼ばれる男からダイナマイト6本とダイナマイト・キャップ1箱と「地獄機械」('Infernal Machine')を取り外したと述べよう。「フランク」と呼ばれる男は、サイドポケットにニトログリセリンを1パイント持っていた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Baxter’s Curve The Last Train Robbery in Terrell County”. Bill Hawn. 2013年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c Ben Kilpatrick and the last full sized train robbery in Texas, Sanderson, 1912.”. Arthur Soule. 2012年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c d Sanderson Chamber of Commerce: History”. Bill Hawn. 2014年1月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月27日閲覧。
  4. ^ a b The Last Full-Sized Train Robbery in Texas, Sanderson, 1912.”. Brewster Hudspeth. 2012年8月27日閲覧。
  5. ^ Newton Boys: The Handbook of Texas Online”. 2012年8月27日閲覧。