バグダサル・アヴァキャン

バグダサル・アイラペトヴィチ・アヴァキャンロシア語: Багдасар Айрапетович Авакян1876年1月9日〈または1883年〉 - 1918年9月20日)、民族名バグダサル・ハイラペティ・アヴァギアンアルメニア語: Բաղդասար Հայրապետի Ավագյան)は、ロシアの軍人・革命家であり、26人のバクー・コミッサールの一員である。

バグダサル・アイラペトヴィチ・アヴァキャン
Багдасар Айрапетович Авакян
Բաղդասար Հայրապետի Ավագյան
生誕 (1876-01-09) 1876年1月9日
(または1883年
ロシア帝国の旗 ロシア帝国エリザヴェトポリ県ロシア語版シュシャ郡アタグトアゼルバイジャン語版
死没 (1918-09-20) 1918年9月20日(42歳没)
ロシア社会主義連邦ソビエト共和国の旗 ロシア社会主義連邦ソビエト共和国ザカスピ州クラスノヴォツク郡、カスピ海横断鉄道ペレヴァル駅=アフチャ・クイマ駅間[1]
所属組織ロシア帝国陸軍→)
ボリシェヴィキ軍事組織
軍歴 - 1918年
最終階級 少尉
テンプレートを表示

生涯編集

1876年1月9日(または1883年[2])、ロシア帝国エリザヴェトポリ県ロシア語版アタグトアゼルバイジャン語版の貧しい家庭に生まれた[1]1898年9月にシュシャ英語版の実科学校 (hy) を卒業してハリコフ獣医研究所 (uk) へ進んだが、学費未納で度々停学となった[1]1901年1月からの第2回全ロシア学生ストと同年のメーデーに参加している[1]

獣医研究所を退学となった後の1905年からはバクーで教師を務め[2]第一次世界大戦中は軍務に就き、やがて少尉となった[1]二月革命後はボリシェヴィキの軍事組織を組織し、バクー駐屯地司令官やバクー労兵ソビエト執行委員会書記にも選出された[1]。その後もイギリス軍オスマン帝国軍から街を防衛するため戦ったが、ボリシェヴィキによるバクー・コミューン1918年7月末に崩壊すると逮捕された[1]。そして、コミューン成員らとともに9月20日にカスピ海横断鉄道沿線で、社会革命党によって銃殺された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h Корольов А. Г. (2013). "Один з 26 бакинських комісарів – ветеринар" (журнал) (2) (Ветеринарна медицина України ed.). К.: ТОВ Ветінформ: 39. Cite journalテンプレートでは|journal=引数は必須です。 (説明)
  2. ^ a b "ԱՎԱԳՅԱՆ". Հայկական Սովետական Հանրագիտարանロシア語版. 1. Երևան: Հայ սովետական հանրագիտարան հրատարակչություն. Վիկտոր Համբարձումյան. 1974. p. 600. |chapter-url=の38文字目にC1制御文字が入力されています。 (説明)