メインメニューを開く

バグダード国際空港

バグダード国際空港(バグダードこくさいくうこう、: مطار بغداد الدولي‎、: Baghdad International AirportIATA空港コード:BGW、ICAO空港コード:ORBI)は、イラク首都バグダードにある国際空港である。イラク戦争以前は当時の大統領サッダーム・フセインにちなみ「サッダーム国際空港(Saddam International Airport)」の名称であった(旧IATA空港コード:SDA、旧ICAO空港コード:ORBS)。

バグダード国際空港
مطار بغداد الدولي
Baghdad International Airport
Baghdadinternationalairportaerial.JPG
IATA: BGW - ICAO: ORBI
概要
国・地域 イラクの旗 イラク
所在地 バグダード
種類 軍民共用
運営者 イラク政府
拠点航空会社
標高 35 m (114 ft)
座標 北緯33度15分45秒 東経044度14分04秒 / 北緯33.26250度 東経44.23444度 / 33.26250; 44.23444座標: 北緯33度15分45秒 東経044度14分04秒 / 北緯33.26250度 東経44.23444度 / 33.26250; 44.23444
地図
バグダード国際空港の位置
バグダード国際空港の位置
BGW/ORBI
バグダード国際空港の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
15R/33L 3,301×45 コンクリート
15L/33R 4,000×60 コンクリート
統計 (2009年)
旅客数 増加 7,500,000人(推計)
出典: DAFIF[1][2]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示
ターミナルビル内部

目次

歴史編集

開港〜1991年編集

「サッダーム国際空港」は1979年から1982年にかけて、フランス企業の技術支援の元に、約9億アメリカドル以上の費用建設された。多数のボーディングブリッジを装備し、ボーイング747型機などの大型旅客機の就航が可能で、民軍共用で年間750万人の乗降客を扱える能力を持っていた。

当時の3つの乗降ゲート名はそれぞれバビロン、サマラ、ニネヴェという古代帝国の名が当てられていたが、現在では単純にA、B、Cとなっている。VIPターミナルも併設されており、フセイン大統領が外国からの要人等を出迎える際に使われた。

イラクのフラッグ・キャリアであるイラク航空の本拠地ハブ空港として使われ、アジア各国やヨーロッパアフリカへの定期便が数多く発着していた。また、日本航空大韓航空などでも1980年代まで成田ソウルから欧州へ向かう際、当初は現在のようなシベリア上空を通過することが不可能の理由から南回りの欧州線の経由地にも入っていた。イラク航空、日本航空、パンアメリカン航空が成田から乗り入れていた時代多くの日本人が訪れていた。

1986年12月25日、バグダードからヨルダンアンマンに向かうイラク航空163便、ボーイング737機がハイジャックされ、その後サウジアラビアで墜落、63人の死者を出した。

1987年11月29日、バグダード発アブダビバンコク経由、ソウル特別市行大韓航空858便、ボーイング707機が、ビルマ上空で、北朝鮮工作員が荷物棚に仕掛けたラジオ時限爆弾により空中で爆破され、乗客乗員115人が全員死亡した。

1991年〜2003年編集

1991年湾岸戦争の際にイラクが受諾した停戦決議「国連決議687」により、一旦ほとんどの民間航空事業は停止された。英米による航空禁止区域の設定により、イラク航空は限定期間のみ国内線を運航するにとどまった。国際線については、医療品や国際援助従事者、政府官僚などのチャーター機によって使用されるのみであった。

なおこの頃より、イラク航空が所有するものの国際線の運航が停止されている上に、部品の輸入ができずに使用停止を余儀なくされたボーイング747-SP型機やボーイング727型機の多くが空港内に放置されることになる。

イラク戦争中編集

2003年3月に開戦したイラク戦争においては、同年4月3日アメリカ軍がバグダード侵攻の直前にこの空港を占領。空港を支配下に置いた後、「サッダーム国際空港」から「バグダード国際空港」に改称した。

2003年中頃にはアメリカ軍兵士約1万人の駐在基地となり、バーガーキングなどの食料供給等を行った。また「ボブ・ホープ食堂施設」が設置され、2003年11月27日にはエアフォースワンに搭乗したジョージ・W・ブッシュ大統領が突然訪れた。またブッシュ大統領は2007年9月にも予告無しにバクダードを訪問している。

なお、空港に設置されたアメリカ軍施設は2004年に撤収され、その後は空港の再開に向け、「サッダーム」の表示は「バグダード」に置き換えられ、肖像画の類はすべて取り外された。現在も改修が進行中である。

現在編集

2004年8月25日に公式的に民間航空事業が開始され、イラクのフラッグ・キャリアとして復活したイラク航空とロイヤルヨルダン航空が国内外への定期便を就航させたほか、DHLが民間運輸業を開始した。なお、民間航空事業開始前の2003年11月22日には、DHLのエアバスA300F貨物機が地対空ミサイル攻撃された(DHL貨物便撃墜事件)。

しかし現在でもイラクの民兵による攻撃も継続している。特に、空港とバグダード市中心部を結ぶ道路は「ルート・アイリッシュ」と呼ばれ、イラク戦争の終戦直後は世界で最も危険な道路と言われていた。なお、現在は厳重な警備体制が整えられているため、攻撃されるケースは珍しくなっている。また、ターミナルビルはイラク兵及びグルカ兵により警備されている。

ここ数年は、イラクの石油開発本格化への期待からビジネス客が増加し、ターキッシュ エアラインズガルフエアミドルイースト航空エティハド航空エミレーツ航空などが次々と就航している。

就航航空会社と就航都市編集

 
バグダード国際空港の壁にある空飛ぶ絨毯の彫刻(2011年撮影)

旅客便編集

航空会社就航地
  イラク航空 東アジア:広州北京/首都
東南アジア:クアラルンプール
南アジア:アフマダーバードカラチデリームンバイ
西アジア:バクー
中東:アルビールアンマンアンカラアンタルヤイスタンブール/アタテュルクイスタンブール/サビハ・ギョクチェンエスファハーンガズィアンテプ英語版クウェートケルマーン英語版スレイマニヤ英語版テヘラン/エマーム・ホメイニードバイ/国際ナジャフ英語版ナーシリーヤ英語版バスラベイルートマシュハド
西欧:マンチェスターロンドン/ガトウィック
東欧:キエフ/ボルィースピリモスクワ/ヴヌーコヴォ
中欧:デュッセルドルフフランクフルトベルリン/テーゲル
北欧:コペンハーゲンストックホルム/アーランダ
北アフリカ:カイロシャルム・エル・シェイク
  フライバグダード英語版 アルビール、アンマン、アンカラ、イスタンブール/アタテュルク、イスタンブール/サビハ・ギョクチェン、ダマスカス、ベイルート
  フライアルビール英語版 東欧:キエフ/ジュリャーヌィ
北欧:ストックホルム/アーランダ
  エミレーツ航空 ドバイ/国際
  フライドバイ ドバイ/国際
  エア・アラビア シャールジャ
  イラン航空 エスファハーン、ケルマーン、ザーヘダーン英語版サーリー英語版タブリーズ、テヘラン/エマーム・ホメイニー、マシュハド、ラシュト英語版
  イラン・アーセマーン航空 テヘラン/エマーム・ホメイニー
  カスピアン航空 ケルマーンシャー英語版、テヘラン/エマーム・ホメイニー、マシュハド
  ATA航空英語版 アルダビールゴルガーン英語版、タブリーズ、テヘラン/エマーム・ホメイニー
  ゲシュム航空英語版 エスファハーン、テヘラン/エマーム・ホメイニー
  マーハーン航空 シーラーズ、テヘラン/エマーム・ホメイニー
  ターバーン航空 エスファハーン
  ザグロス航空英語版 テヘラン/エマーム・ホメイニー
季節運航:ゴルガーン
  カタール航空 ドーハ
  サウディア ジッダ
  フライナス ジッダ、マディーナリヤド
  シリア・アラブ航空 ダマスカス
  シャーム・ウィングス航空 ダマスカス
  フライダマス英語版 ダマスカス
  ターキッシュ エアラインズ アンタルヤ、イスタンブール/サビハ・ギョクチェン、イスタンブール/新
  オヌル航空英語版 イスタンブール/アタテュルク
  アトラスグローバル イスタンブール/アタテュルク
季節運航:アンタルヤ
  ペガサス航空 イスタンブール/サビハ・ギョクチェン
  ガルフ・エア バーレーン
  ロイヤル・ヨルダン航空 アンマン
  ヨルダン・アビエーション アンマン
  ミドル・イースト航空 ベイルート
  アルメニア・エアカンパニー英語版 エレバン
  エジプト航空 カイロ
  ナイル航空英語版 カイロ

貨物便編集

航空会社就航地
  クリック・エアウェイズ英語版 アルビール、シャールジャ
  エティハド・カーゴ アブダビ
  RUSアヴィエーション英語版 シャールジャ
  ターキッシュ エアラインズ・カーゴ イスタンブール/アタテュルク
  SNAS/DHL バーレーン
  フィッツエア英語版 ドバイ/国際
  シルクウェイ航空 バクー
  コイン・エアウェイズ英語版 ドバイ/国際
  エジプト航空カーゴ カイロ

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ORBIの空港情報 - World Aero Data (2006年10月時点のデータ) 出典:DAFIF.
  2. ^ SDAの空港情報 - Great Circle Mapper. 出典:DAFIF.

外部リンク編集