バケモノの子

日本のアニメーション映画

バケモノの子』(バケモノのこ)は、スタジオ地図制作の日本アニメーション映画

バケモノの子
The Boy and The Beast
Bakemono no ko The Boy and The Beast logo.png
監督 細田守
脚本 細田守
原作 細田守
製作 齋藤優一郎
伊藤卓哉
千葉淳
川村元気
出演者 宮崎あおい
染谷将太
役所広司
広瀬すず
山路和弘
宮野真守
山口勝平
長塚圭史
麻生久美子
黒木華
諸星すみれ
大野百花
津川雅彦
リリー・フランキー
大泉洋
音楽 高木正勝
主題歌 Mr.Children
Starting Over
編集 西山茂
制作会社 スタジオ地図
製作会社 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS
配給 東宝
公開 日本の旗 2015年7月11日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 58.5億円[1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

時をかける少女』、『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』に続く細田守監督による長編オリジナル作品第4作である。細田は前作に続き、自ら脚本も手がける。本作では、バケモノたちの世界にある都市・渋天街を舞台に親子の絆を描いた「新冒険活劇」となっている。

スペインで2015年9月に開催された第63回サン・セバスティアン国際映画祭では、アニメーション映画として初めてコンペティション部門に選出されたものの、受賞には至らなかった[2][3]

ストーリー編集

多々良と百秋坊が「人間界(渋谷)に生きる少年(またの名を九太)とバケモノ界(渋天街)に生きるバケモノ(熊獣人の熊徹)」の人生を語る物語。

9歳の少年・蓮は、両親の離婚で父親と別れ、親権を取った母親につくことになるが、その母も交通事故で急死してしまう。両親がいなくなった蓮は親戚に養子として貰われることになったが、引越しの最中に逃げ出し、渋谷の街を独り彷徨っていた。行くあてもなく裏通りでうずくまっていた夜、蓮は「熊徹」と名乗る熊のような容姿をしたバケモノ(獣人)に出逢うが、すぐに見失ってしまう。蓮は、「独りでも生きていきたい」との思いから、『強さ』を求めてそのバケモノを探しているうちに、バケモノの世界「渋天街」へ迷い込んでしまう。元の渋谷に戻ろうとするが、不思議なことに来たはずの道は閉ざされていた。

バケモノ界の長老である「宗師」は高齢で、近々その役目を引退して神に転生する予定であり、後継者を決めなければならなかった。後継者は最も武術と品格に優れた者がなるしきたりであり、闘技会の勝者が次期宗師として認められることになっていた。後継者候補である熊徹は、闘技会に出場するための条件として、弟子を取ることが現宗師により課せられていた。熊徹が人間界の渋谷に現れたのは、渋天街には自分の修行に耐えられる根性のあるバケモノがいないという理由だった。自分を追ってバケモノの世界に踏み込んだ蓮を熊徹は見込みがあると判断、蓮は熊徹の弟子となった。自身の名前を言い渋った蓮は9歳だったことから熊徹に「九太」と名付けられ、2人は共同生活を始める。バケモノの世界では、人間を住まわせると、いつしか心に「闇」を宿し、大変なことになるという言い伝えがあるため、九太が弟子になる(=渋天街に住む)ことを周囲が反対したが、宗師がこれを認める。

二人は性格がまるで合わず、事ある毎にいがみ合い、衝突した。しかしお互いに素の自分を出し切ってぶつかり合う修行の日々を重ねることで互いに心身とも成長し、いつしか親子のような関係が結ばれるようになる。孤児のため独学で武術を極めた熊徹は、技術面で荒削りなところがあり、ライバルの猪王山には到底勝ち得なかったが、九太を指導することによって、独りよがりな武術が次第に洗練されていく。

それから8年、逞しく成長した九太はある日、偶然に渋天街から人間界の渋谷に戻り、図書館で進学校に通う女子高生のと出会う。以後、九太はそれまで通り渋天街に住みながら、昼間は人間界に戻って楓から学校の勉強を教わるようになる。楓は九太の勉強の理解が早いことに驚き、興味があるなら高卒程度認定試験を受けて大学進学を目指してはどうかと勧める。九太も大学進学を考えるようになり、楓といっしょに区役所で住民票を調べる内に、実の父親の住所を知り、父親との再会を果たす。そんなある日、熊徹は九太の寝床から人間の世界の教科書を発見する。人間の世界と縁が切れていなかったことを熊徹は問い詰め、反抗した九太は渋天街を出奔してしまう。人間の世界で、父親は九太に「辛い過去は忘れて一緒に暮らそう」と話を持ち掛けるが、九太は「何も知らないくせに」と拒絶してしまう。九太の心はさらに揺れ、自分の心の中に闇の部分があることを知る。

楓と話をし、自分の心に決着をつけるために久々にバケモノの世界に戻ってみると、宗師後継者を決めるための闘技会が行われていた。熊徹と猪王山の決戦、九太がいないせいか熊徹は精彩を欠き、ノックダウンされて負ける寸前であった。九太は倒れた熊徹を一喝、間一髪で立ち上がった熊徹は、九太の声援で勢いを取り戻し見事逆転、猪王山に勝利する。熊徹と九太の心が再び通い、熊徹が宗師になることが決定した瞬間、猪王山の子の一郎彦が念力で投げ放った長刀が熊徹を背後から刺し貫いた。一郎彦もまた九太と同じく、猪王山に育てられた人間の少年であったが、自身が彼の実の子でないことに気づき、宿した心の闇を増大させていたのだった。激しい怒りに駆られた九太もまた心の闇を増し、念力によって長刀を一郎彦に突き立てようとしたその瞬間、ギリギリで理性を取り戻し、刀は地面に落ちた。熊徹は瀕死の重傷を負うが、なんとか一命をとりとめた。しかし一郎彦は失踪してしまう。

おそらく人間界に行ったであろう、心に闇を宿したままの一郎彦を案じ、決着をつけようと九太は渋谷に戻る。渋谷で九太を発見した一郎彦は闇のパワーを炸裂させ、渋谷は各地で爆発炎上、大混乱に陥る。この騒ぎは渋天街にも影響を及ぼしていた。意識を取り戻した熊徹は前宗師に、彼の得ている神への転生の特権を譲り渡すよう迫る。九太は、事態を収めるには一郎彦の闇を自分に取り込み、直後に刀で自分の胸を刺し貫けば…と考える。意を決して一郎彦と対峙したその時、燃える剣が九太の前に突き刺さる。それは神になった熊徹の化身であった。剣は九太の胸に吸い込まれる。燃え上がる剣の使い手となった九太は、一郎彦の闇を粉砕した。

すべてが終わった後、一郎彦は闘技場での騒ぎ以降の記憶を失ったまま、猪王山邸の自室で目を覚ました。前宗師は後継である熊徹がいなくなってしまったので、宗師を続投することになった。九太は人間界に戻り父親と一緒に暮らす事を決めた。

登場人物編集

九太(きゅうた) / 蓮(れん)
声 - 宮崎あおい(幼少期)、染谷将太(青年期)
本作の主人公。 両親は離婚しており、母親と暮らしていたが、9歳の時に母親が他界。親戚に引き取られる予定だったが荒れた態度で自ら拒否して引っ越し作業の最中に失踪。ホームレス状態になって渋谷の路地裏を彷徨っていた時に熊徹と出会い、その後渋天街に迷い込む。
渋天街でも当初はヤケになっていたが、行き場がないため仕方なく熊徹の弟子となり、共同生活を経て成長していく。熊徹に名を聞かれても年齢しか答えなかったため「9歳だから九太」と名付けられた。
青年期には偶然、渋天街から渋谷へと戻る方法を見つける。9歳以降は学校教育を受けていないため、文字の読み書きは不得意だったが、図書館で出逢った女子高生の楓から勉強を教わり(楓の教え方が上手かったことや九太自身の強い知的好奇心もあり、短期間で学習内容が小学生レベルから高校生レベルへと上がっていく)、彼女から大学受験を勧められる。
幼少期は背も低く、ひ弱だったが熊徹の指導を受けるうちに武術の才能に目覚め、街の不良を苦も無く倒し、ついには熊徹を一本背負いでたやすく放り投げるなど師を超える面も見せつけた。
騒動終結後、帯刀する事をやめ、人間界で父親と共に暮らす。
熊徹(くまてつ)
- 役所広司
本作のもう一人の主人公。九太の師匠。顔のバケモノ。「渋天街」で猪王山と共に一・二を争う最強のバケモノ。次期「宗師」候補の一人だが、その粗暴な性格が原因で、宗師となるための条件である弟子を取ることが出来ず、しまいには嫁の来手もいない。そのため、多々良を連れて弟子を見繕いに「渋谷」へ出向き、九太と出会う。
性格は横暴で品格もないが、身寄りのない九太を引き取って育てる優しい一面もある(本来、渋天街では人間を引き入れることは禁忌とされている)。天涯孤独で武術指導者に教わらず独学で武術を極めてきたため、技術をわかりやすく説明することができず(「心に剣を持て」「剣をグーっと持って、ビュッといってバーンだ」といったわかりにくい指導)、即座に理解しないと激怒するなど武術指導者としては失格であったが、九太と修行をするうちに技が洗練されていき、九太が17歳になる頃には九太に憧れた弟子志願者が大勢現れるようになる。
荷運びなどのバイトで生活費を稼いでおり、九太を弟子にしたためバイト時間を倍にするなど、生活には苦労している。
神になってからは、九太の心の中で存在し続けている。
楓(かえで)
声 - 広瀬すず
渋谷の図書館でよく勉強している女子高生。騒ぐ学生たちを図書館から追い出したことで仕返しを受けているところを九太に助けられ、一緒に勉強をするようになる。自己紹介し合う時に九太が本名の蓮と名乗ったため、彼を「蓮くん」と呼ぶ。読み書きの段階から教えてもらった九太にとって、彼女は人間界での師匠のような存在。
親の期待に応えるために進学校へ進み、自分の意思を抑圧していたが、九太と出逢うことで次第に自分の意思に忠実な行動をするようになる。
九太が「自分は何なのか」と思い悩んでいた時、自分と重ねて励ましたりした。この事がきっかけで彼の心の支えとなっている。
多々良(たたら)
声 - 大泉洋
顔のバケモノ。熊徹の悪友。頭は切れるが口の悪い皮肉屋。人間であるにも関わらず熊徹の弟子となった九太に当初は冷たい態度で接するが、次第に百秋坊と共に九太に対して目をかけていく。
騒動終結後、百秋坊と共に九太の様子を見に人間界に赴き、そこで百秋坊と語り合うのが本作ということになる。
百秋坊(ひゃくしゅうぼう)
声 - リリー・フランキー
顔のバケモノで僧侶。熊徹の旧友。聡明で誰にでも優しく接するが、怒るときは怒る。熊徹との師弟関係に悩む九太に度々助言を与える。家事全般が得意であり、何も出来なかった九太にとっては家事の師匠である。
騒動終結後、多々良と共に九太の様子を見に人間界に赴き、そこで多々良と語り合うのが本作ということになる。
宗師(そうし)
声 - 津川雅彦
顔のバケモノ。高齢だが武術の達人で渋天街に棲む10万を超えるバケモノを長年束ねている現役の長老。本名は不明。
引退して神格化するにあたり、自分の後継者となる強さ、品格とも一流のバケモノを探している。神出鬼没で、他人と話している間もあちこち居場所を変え、無意味に相手を翻弄する。常に3人の側近を連れている。
騒動終結後は後継の宗師となった熊徹に神格化の権利を譲ったことに伴い、再び宗師の座に就く。
猪王山(いおうぜん)
声 - 山路和弘
顔のバケモノ。一郎彦と二郎丸の父親で渋天街の誰もが強さ・品格ともに一流と認めるバケモノ。
武術館を主宰して数多くの弟子を持ち、次期宗師の最有力候補とされている。竹林に囲まれた豪邸(一等地らしい)に住んでおり裕福であるが、多忙を極め、息子たちにかまう時間がとれない。
かつて人間界を訪れた際に捨て子だった一郎彦を拾い、我が子同然に育てていたが、そのことは本人や二郎丸、周囲の者たちには秘密にしていた。
一郎彦(いちろうひこ)
声 - 黒木華(幼少期)、宮野真守(青年期)
猪王山の長男。常に豚顔の帽子を被っている。父親譲りの強さ・品格をもつ優等生。父のような立派なバケモノになることを夢見ている。青年期には大人びた精悍な顔つきに成長し、念動力を身に着けている。しかしこの念動力は彼の心の闇から生じるものであり、バケモノの力ではない。
実は彼も九太と同じく人間の子供であり、捨て子であった赤ん坊の頃に猪王山に拾われた過去がある。成長しても両親や弟と異なり牙が生えず人間のような容姿をしているのもそのためである。当人は自分の容姿から自分が人間であることに勘づいており、父のように伸びない鼻と牙を恥じて顔の下半分を布で隠すようになった。そのコンプレックスから次第に心に闇を宿し、同じ人間でありながらそれを恥じずに堂々と振る舞う九太に憎悪を向けていく。
二郎丸(じろうまる)
声 - 大野百花(幼少期)、山口勝平(青年期)
猪王山の次男で一郎彦の義弟。強いものに憧れ、父と兄を自慢に思っている。天真爛漫で無類の食いしん坊。
当初は人間の九太に偏見を持ち嫌っていたが、ある出来事をきっかけに九太を認め、以後は九太の親友になる。青年期には少年時代の気質が抜け、穏やかな性格で誰とでも親しくできる好青年に成長しており、九太に「どっちが負けても喧嘩になるぐらいなら、熊徹が勝っても、父が勝っても互いに恨みっこなし!」と固く誓った。
チコ
声 - 諸星すみれ
九太と渋谷の路地裏で出会った不思議な生物。楓と同様、九太の心の支えになっている。
騒動終結後も九太と共にいる。
九太の父
声 - 長塚圭史
妻とは(彼女の親族により強制的に)離婚しているため、行方知れずで九太を引き取ることができなかった。元妻の葬儀後に行方不明になった九太を、警察による捜索が打ち切られた後も捜し続けており、彼と再会した時には涙を流していた。実の父親なので当然、九太のことは本名の「蓮」と呼ぶ。
騒動終結後は、九太と暮らすようになった。
九太の母
声 - 麻生久美子
夫と離婚後は女手一つで九太を育てるも、彼が9歳の時に不慮の事故で急死した。彼女の女手一つで育てた事が、後の九太を心身共に強くするきっかけに繋がる。
九太の傍に時々幻として現れ、一言アドバイスを残して行く。
賢者
声 - 中村正(1)、沼田爆(2)、草村礼子(3)、近石真介(4)
アナウンサー
声 - 桝太一日本テレビアナウンサー)
TV経済ニュース
声 - 郡司恭子(日本テレビアナウンサー)

スタッフ編集

主題歌編集

Mr.ChildrenStarting Over』(トイズファクトリー
シングルとしてCD発売はされておらず、自身のオリジナルアルバムである『REFLECTION』に収録されている。

コラボレーション編集

  • 2015年にサントリーフーズGREEN DA・KA・RAのCM(「差し入れ」篇、「市場」篇)で同CMキャラクターと本作の九太と熊徹が登場するコラボレーションCMが放送[5]
  • 2015年にファッションブランド「Kastane」と「CIAOPANIC TYPY」とコラボレーションしたグッズが発売された[6]

イベント編集

  • 2015年7月24日より8月30日まで、渋谷ヒカリエにて、細田守監督最新作『バケモノの子』をはじめ、『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』の世界に迫る「『バケモノの子』展」が開催された。映画の設計図ともいえる絵コンテや背景美術など厳選されたオリジナル約300点の展示や、話題のクリエイター集団とコラボした体感型展示コーナーがあり、各作品の世界観を堪能できた[7]。8月23日、来場者数は7万人を突破した[8]。最終的に、来場者数は、88,745人を記録した[9]
  • 2015年9月16日より9月28日まで、大阪・梅田大丸梅田15階にある大丸ミュージアムで、「『バケモノの子』展」が開催されることが決定した[10]
  • バケモノの子 渋谷ローケーションプロジェクト、協力、渋谷区東京急行電鉄東急グループなど。

公開編集

  • 2015年7月11日 - 7月12日(土日2日間)の全国映画動員ランキングでは、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を抑え、初登場でナンバーワンとなった。457スクリーンで公開。動員49万4,170人、興行収入6億6,703万5,100円を記録した。配給元の東宝では「70億円以上が見込める」としている[11]
  • 2015年7月21日、11日の公開から10日間で約140万人を動員したことが分かった。興行収入は18億円を突破した[12]
  • 2015年8月9日に公開30日目にして、観客動員数が300万人を超え、興収も38億円を突破した。さらに本作が、第63回サン・セバスチャン国際映画祭(9月18日~26日)のコンペティション部門に出品されることも決定した[13]
  • 2015年8月24日、公開から44日間で興行収入が50億円を突破した。観客動員数も399万人と400万人目前の大ヒットとなっている[14]
  • 公開から45日経った8月24日に観客動員数が400万人を突破し、累計興行収入は51億円を超えた。

Blu-ray / DVD編集

バケモノの子 セルBlu-ray スペシャル・エディション
(BD本編ディスク+BD特典映像ディスク)2016年2月24日発売
品番:VPXT-71409/価格:¥8,800+税
カラー、16:9、ビスタサイズ、1080p High-Definition(本編)、M-PEG4/AVC、リニアPCM2.0ch&5.1ch/ドルビーデジタル2.0ch(コメンタリー)、日本語字幕
【本編ディスク】
本編約119分
オーディオコメンタリー二種収録
出演(キャストコメンタリー):細田守、宮﨑あおい、染谷将太、広瀬すず/古川耕(司会)
出演(スタッフコメンタリー):細田守、山下高明、西田達三/氷川竜介(司会)
【特典映像ディスク】
特典映像(劇場予告集、各種プロモーション映像、メイキング・オブ・「バケモノの子」ほか)
【封入特典】
『バケモノの子』細田守監督書き下ろし短編小説
オーディオコメンタリー副読本
ブックレット(劇場パンフレット縮刷版予定)
バケモノの子 セルBlu-ray スタンダード・エディション
(BD本編ディスク+BD特典映像ディスク)2016年2月24日発売
品番:VPXT-71408
価格:¥5,800+税
カラー、16:9、ビスタサイズ、1080p High-Definition(本編)、M-PEG4/AVC、リニアPCM2.0ch&5.1ch/ドルビーデジタル2.0ch(コメンタリー)、日本語字幕
【本編ディスク】
本編約119分
オーディオコメンタリー二種収録
出演(キャストコメンタリー):細田守、宮﨑あおい、染谷将太、広瀬すず/古川耕(司会)
出演(スタッフコメンタリー):細田守、山下高明、西田達三/氷川竜介(司会)
【特典映像ディスク】
特典映像(劇場予告集、各種プロモーション映像ほか)
【封入特典】
ブックレット(劇場パンフレット縮刷版予定)
バケモノの子 セルDVD
(本編ディスク+特典映像ディスク)2016年2月24日発売
品番:VPBT-14477
価格:¥4,800+税
カラー、16:9、ビスタサイズ、ドルビーデジタル2.0ch/5.1ch、日本語字幕
【本編ディスク】
本編約119分
オーディオコメンタリー二種収録
出演(キャストコメンタリー):細田守、宮﨑あおい、染谷将太、広瀬すず/古川耕(司会)
出演(スタッフコメンタリー):細田守、山下高明、西田達三/氷川竜介(司会)
【特典映像ディスク】
特典映像(劇場予告集、各種プロモーション映像ほか)
【封入特典】
ブックレット(劇場パンフレット縮刷版予定)

受賞編集

テレビ放送編集

テレビ放送の視聴率編集

回数 放送日時 視聴率
1 2016年07月22日  10.9%
  • 2016年7月22日放送分の『金曜ロードSHOW!』にて地上波初放送。放送枠を25分拡大し、本編ノーカットで放送された。視聴率は関東地区で10.9%を記録した(ビデオリサーチ調べ)。

脚注編集

  1. ^ 2015年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ “ルポ:サンセバスチャン国際映画祭 日本映画に存在感”. 毎日新聞(東京夕刊). (2015年10月13日). http://mainichi.jp/shimen/news/20151013dde012200086000c.html 2015年10月15日閲覧。 
  3. ^ “細田守監督『バケモノの子』受賞ならず!サンセバスチャン映画祭優秀作品賞決定(1/2)”. シネマトゥデイ. (2015年9月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0076902 2015年10月15日閲覧。 
  4. ^ スイッチ・パブリッシング刊 『SWITCH』 2015年7月号より。
  5. ^ グリーンダカラちゃんがアニメキャラに 話題作『バケモノの子』とコラボ”. ORICON (2015年6月25日). 2015年6月25日閲覧。
  6. ^ 「バケモノの子」とKastane&CIAOPANIC TYPYがコラボ、Tシャツなど発売”. 映画ナタリー (2015年6月29日). 2015年6月29日閲覧。
  7. ^ 細田守監督、お祭りみたいな「バケモノの子展」に期待!、2015年9月1日閲覧。
  8. ^ ヒカリエで開催「バケモノの子」展、来場者7万人突破、2015年9月1日閲覧。
  9. ^ 来場者数約9万人突破!アニメーション映画監督細田守作品の展覧会が大丸ミュージアム<梅田>で開催。『バケモノの子』展。9/16~9/28、2015年9月11日閲覧。
  10. ^ 来場者5万人突破の「バケモノの子展」が大阪でも開催!、2015年9月1日閲覧。
  11. ^ 『バケモノの子』が『おおかみこども』上回る好スタート!前作比約183%の興収で首位【映画週末興行成績】(1/2)、2015年7月22日閲覧。
  12. ^ 〈バケモノの子〉公開10日で140万人動員 興収は18億円突破で好調(2015年7月22日)、毎日新聞まんたんウェブ)、2015年7月22日閲覧。
  13. ^ 『バケモノの子』が観客動員300万人を超え、興収38億円を突破!、2015年8月11日閲覧。
  14. ^ バケモノの子:興行収入が50億円突破! 動員数も400万人目前の大ヒット、2015年8月25日閲覧。
  15. ^ 『思い出のマーニー』『バケモノの子』がアニー賞にノミネート!”. シネマトゥデイ (2015年12月2日). 2015年12月2日閲覧。
  16. ^ 第19回文化庁メディア芸術祭 審査委員会推薦作品一覧 アニメーション部門”. 文化庁メディア芸術祭. 2015年12月14日閲覧。
  17. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年3月4日閲覧。
  18. ^ “批評家大賞アニメ部門で永井豪が最高賞に、功労賞・渡辺宙明を串田アキラが祝福”. 映画ナタリー. (2016年5月25日). http://natalie.mu/eiga/news/188463 2016年5月25日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集