バジャー (バンド)

イギリスのバンド

バジャーBadger)は、1972年に結成されたイギリスのロック・バンド。元イエストニー・ケイと、元ザ・ウォリアーズのデイヴィッド・フォスターによって結成された。

バジャー
Badger
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1973年 - 1974年
レーベル アトランティック・レコード
エピック・レコード
共同作業者 イエス
旧メンバー トニー・ケイ
デイヴィッド・フォスター
ロイ・ダイク
ブライアン・パリッシュ
キム・ガードナー
ポール・ピルニック
ジャッキー・ロマックス

略歴編集

結成編集

イエスの初代キーボード奏者であったケイは、1971年7月31日のクリスタル・パレス・ボウルでの公演を最後に、音楽性の相違を理由にイエスを脱退。同年、彼より前にイエスを脱退したギタリストのピーター・バンクスが結成したフラッシュにゲスト参加してデビュー・アルバムの制作に携わった後、新しいバンドの結成に乗り出した。

フォスターは、イエスのボーカリストのジョン・アンダーソンがイエスを結成する前に在籍していたザ・ウォリアーズ[注釈 1]でベース・ギターを担当していた。彼はイエスのセカンド・アルバム『時間と言葉』(1970年)にアンダーソンと共作で二曲を提供した。

ケイはフォスターとソロ・プロジェクトに取り組んでいたが、このプロジェクトは発表されなかった。彼らは、新しいバンドのメンバーを探し始め、元アシュトン・ガードナー・アンド・ダイクのドラマーのロイ・ダイクを勧誘した。そしてダイクが、パリッシュ・アンド・ガーヴィッツ(Parrish&Gurvitz)[注釈 2]のブライアン・パリッシュをギタリスト兼ボーカリストとして迎えることを提案した。彼らは、バンドの名前をバジャー[注釈 3]として、1972年9月にリハーサルを始め、アトランティック・レコードと契約した。

プログレッシブ・ロック・バンド期編集

バジャーは、1973年にライブ・デビュー・アルバム『ワン・ライヴ・バジャー』を発表した。このアルバムは1972年12月15日と16日にロンドンのレインボー・シアターイエスのコンサートの第一部を務めた時の音源を収録しており、アンダーソンとジェフリー・ハズラムによってプロデュースされた。収録曲はパリッシュによる一曲[注釈 4]を除いてメンバー全員の共作で、いずれもプログレッシブ・ロックの範疇に含まれる楽曲である。カバー・アートは、イエスのアルバム・カバーを数多く制作したロジャー・ディーンによって制作された[注釈 5]

収録曲
  1. 「運命の轍」 - "Wheel of Fortune" (リード・ボーカル:パリッシュ) – 7:50
  2. 「泉」 - "Fountain" (リード・ボーカル:フォスター) – 7:22
  3. 「ウィンド・オブ・チェンジ」 - "Wind of Change" (リード・ボーカル:フォスター) – 7:15
  4. 「リヴァー」 - "River" (リード・ボーカル:パリッシュ) – 6:50
  5. 「ザ・プリーチャー」 - "The Preacher" (リード・ボーカル:パリッシュ) – 3:59
  6. 「オン・ザ・ウェイ・ホーム」 - "On the Way Home" (リード・ボーカル:パリッシュ) – 7:39

ファースト・アルバム『ワン・ライヴ・バジャー』は、1993年に同じ曲目、同じ曲順でCD再発された。

One Live Badger (LP)
  • Side One
#タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
1.「Wheel of Fortune」BadgerBrian Parrish
2.「Fountain」BadgerParrish
3.「Wind of Change」BadgerDavid Foster
合計時間:
One Live Badger (LP)
  • Side Two
  • #タイトル作詞・作曲リード・ボーカル時間
    1.「River」BadgerParrish
    2.「The Preacher」Brian ParrishParrish
    3.「On the Way Home」BadgerParrish
    合計時間:

    リズム・アンド・ブルース・バンド期編集

    1974年までに、フォスターとパリッシュが脱退した。ケイとダイクは、アシュトン・ガードナー・アンド・ダイクでダイクと演奏していたベーシストのキム・ガードナーを迎え入れた。続いて、元スティーラーズ・ホイールのポール・ピルニック(ギター)、シンガーのジャッキー・ロマックス[注釈 6]が加入した。

    ロマックスはバジャーを自分のソロ・アルバムで演奏していたR&B / ソウル・バンドのように変え始めた。彼の楽曲と歌声がバジャーを支配した。1974年、彼らはアラン・トゥーサンがプロデュースしたセカンド・アルバム『ホワイト・レディ』をエピック・レコードからリリースした。収録曲の全てはロマックス作か彼と誰かの共作かであった。ジェフ・ベックがゲストとして「けがれなき女」でギター・ソロを披露した。

    収録曲
    1. 「きみの夢」 - "A Dream of You"
    2. 「人はだれでも」 - "Everybody, Nobody"
    3. 「聞いて欲しい」 - "Listen to Me"
    4. 「引金を引かないで」 - "Don't Pull the Trigger"
    5. 「自然の成り行き」 - "Just the Way It Goes"
    6. 「けがれなき女」 - "White Lady"
    7. 「きみと一緒」 - "Be with You"
    8. 「主よわたしに」 - "Lord Who Give Me Life"
    9. 「夢をもう一度」 - "One More Dream to Hold"
    10. 「落し穴」 - "The Hole Thing"

    「White Lady b/w Don't Pull the Trigger」が、シングルとして、1974年5月にリリースされた。

    White Lady (LP)
    • Side One
    #タイトル作詞・作曲時間
    1.「A Dream of You」Jackie Lomax
    2.「Everybody, Nobody」Lomax
    3.「Listen To Me」Lomax
    4.「Don't Pull The Trigger」Lomax
    5.「Just The Way It Goes」Lomax
    合計時間:
    White Lady (LP)
  • Side Two
  • #タイトル作詞・作曲時間
    1.「White Lady」Lomax, Robert Ashley
    2.「Be With You」Lomax
    3.「Lord Who Give Me Life」Lomax
    4.「One More Dream To Hold」Lomax
    5.「The Hole Thing」Lomax
    合計時間:

    解散と元メンバーの動向編集

    『ホワイト・レディ』が発表される前に、バジャーは二つの派閥に分かれてしまい解散した。

    ケイは、1977年、元シルヴァーヘッドのマイケル・デ・バレスが結成したディテクティヴ に加入して、二作のアルバムの制作に参加。続いてバッドフィンガーに加入して、1981年に一作のアルバムを発表。1983年にイエスの再結成に参加して1994年まで在籍した。

    フォスターは、ジム・ホーンズビー、ポール・ローズ、マーク・ステフェンソン(ギター)、フランク・ギボンズ(ベース・ギター、キーボード)、ポール・スミス(ドラムス)というメンバーで、2004年にアルバム『Open Road』(ヴォイスプリント・レコード:VP291CD)を発表した。このアルバムには、イエスのセカンド・アルバム『時間と言葉』のためにアンダーソンと共作した「時間と言葉」を彼が解釈し直したカバーが収録されている。

    ロマックスはガードナーと「White Lady」[1]というライブ・バンドを短期間率いた後、ソロ活動に戻り、2013年9月、病没。ガードナーは2001年に病没。

    メンバー編集

    『ワン・ライヴ・バジャー』(1973年)
    • トニー・ケイ (Tony Kaye) – キーボード
    • ロイ・ダイク (Roy Dyke) – ドラムス
    • デイヴィッド・フォスター (David Foster) – ベース・ギター、ボーカル
    • ブライアン・パリッシュ (Brian Parrish) – ギター、ボーカル
    『ホワイト・レディ』(1974年)
    • トニー・ケイ (Tony Kaye) – キーボード
    • ロイ・ダイク (Roy Dyke) – ドラムス
    • キム・ガードナー (Kim Gardner) – ベース・ギター
    • ポール・ピルニック (Paul Pilnick) – ギター
    • ジャッキー・ロマックス (Jackie Lomax) – ボーカル

    ディスコグラフィ編集

    アルバム編集

    • 『ワン・ライヴ・バジャー』 - One Live Badger (1973年)
    • 『ホワイト・レディ』 - White Lady (1974年) ※旧邦題『女と穴熊』

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    出典編集

    1. ^ Jackie Lomax: Three”. Theband.hiof.no. 2018年1月1日閲覧。

    注釈編集

    1. ^ 他のメンバーには、アンダーソンの兄のトニー(ボーカル)、後にキング・クリムゾンに加入するイアン・ウォーレス(ドラムス)がいた。
    2. ^ パリッシュの脱退後にフランプトンズ・キャメルへと発展した。
    3. ^ バジャーとは、アナグマのこと。
    4. ^ 元々はパリッシュ・アンド・ガーヴィッツのために書かれた曲だった。
    5. ^ ディーンがイエスのアルバム・ジャケットを制作し始めたのは、ケイが脱退した後に発表された四作目のアルバム『こわれもの』からであった。
    6. ^ 1960年代から活動し、1968年8月にアップル・レコードから、ジョージ・ハリソン作の「サワー・ミルク・シー」をシングルで発表。ハリソンがプロデュースを担当し、ハリソン、ポール・マッカートニーリンゴ・スターエリック・クラプトンニッキー・ホプキンスが録音に参加した。1969年には同曲を収録したデビュー・アルバム ”Is This What You Want?” を発表した。

    関連項目編集

    外部リンク編集