メインメニューを開く

メボウキ(目箒、学名: Ocimum basilicum)は、シソ科メボウキ属の多年草である。日本では越冬できないので一年草として扱われる。英語由来のバジル(basil)、イタリア語由来のバジリコ(basilico)としても知られる。中国語名は羅勒

メボウキ
Basil-Basilico-Ocimum basilicum-albahaca.jpg
バジル
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : イヌハッカ亜科 Nepetoideae
: メボウキ連 Ocimeae
: メボウキ属 Ocimum
: メボウキ O. basilicum
学名
Ocimum basilicum L.
和名
メボウキ
英名
Basil

インド、熱帯アジア原産のハーブである[1]。BasilならびにBasilicoの名称はいずれも「王」を意味するギリシャ語βασιλεύςバシレウス)に由来する。「バジル」と呼ばれるハーブには、O. basilicum以外の種に由来するものもふくめ、およそ150 種類の栽培品種がある。香りの主成分はメチルカビコール(エストラゴール)、リナロールシネオールオイゲノールで、刺激性は低く生でも食べられる。

メボウキの種子を水に浸けると、グルコマンナンを多く含むためゲル化する[2]。和名の目箒は、このゲル化した種子を目のごみを取るために使ったことに由来する[3]

イタリア料理に多く使われる品種は「バジル」「バジリコ」あるいは「スイートバジル (Sweet basil)」の名で知られている。バジルの栽培品種、近縁種、雑種にはレモンバジル英語版O. × citriodorum)、ホーリーバジルOcimum tenuiflorum)、タイバジル英語版O. basilicum var. thyrsiflora、台湾バジルとも)がある。

日本においては、有名メーカー製の家庭用乾燥ハーブが「バジル」と称される一方で、産地および料理からイタリア語の呼称、バジリコが使われることもある。

記載編集

メボウキは葉がハーブとして使われる一年生または時には多年生植物である。品種によって30 cmから150cmまで生長する。葉は濃い緑色、卵形であるが、栽培品種によって様々な大きさと形をしている。葉の大きさは長さが3 cmから11 cm、幅は1 cmから6 cmである。メボウキは太い直根性の根を延ばす。花は小さく、白色である。

植物化学編集

栽培品種によって精油成分の比率は異なるため、バジルの香りは様々である[1]。ヨーロッパの品種の精油は高濃度のリナロールエストラゴールをおよそ3:1の比で含む[1][4]。その他の成分は1,8-シネオールオイゲノールミルセンなどである[1][5]。スイートバジルのクローブ香はオイゲノールに由来する[6]

分類編集

メボウキの正確な分類は膨大な数の栽培品種、その多形性、メボウキ属の他種や種内での頻繁な他家受粉(これによって新たな雑種が生じる)のため不確かである。Ocimum basilicumには少なくとも60の品種があり、これがさらに分類を複雑にしている[1]

ほとんどのバジルはスイートバジル(Ocimum basilicum)の栽培品種である。

交雑種編集

近縁種編集

その他の栽培品種編集

メボウキ属のいくつかの多種を含むその他複数のバジルがアジアの多くの地域で栽培されている。アジアのバジルのほとんどは、一般的に地中海のバジルよりも強いクローブ様の香りを持つ。最も特筆すべきはホーリーバジル(トゥルシー )で、ネパールでは民族の植物として敬われている。

レモンバジルはその他の品種とは大きく異なる強いレモン様の匂いと風味を持つ。これはシトラールと呼ばれる物質を含むためである。インドネシアで広く使われる。現地ではケマンギ kemangi と呼ばれ、魚やアヒルの揚げ物の添え物として生のキャベツサヤインゲンキュウリと共に生で食べられる。花はピリっとした風味のあるサラダの薬味である。

歴史編集

 
絵画に描かれたバジル

バジルは、アレキサンダー大王によって、インドからヨーロッパに伝えられたとする説がある。イギリスには16世紀に、アメリカには17世紀に渡来している。インドではホーリーバジルが、クリシュナ神とヴィシュヌ神に捧げる神聖なハーブとされる。またバジルは、ペルシャ、エジプトでは墓に植える草とされていた。

バジルの名称は前述の「王」を意味するギリシャ語βασιλεύς に由来するという説の他、伝説上の怪物バジリスク: basilisk, : basiliscus, 古希: βασιλίσκος [basiliskos])に由来すると言う説もある[12]。ただし怪物バジリスクの名称も元はギリシャ語の βασιλεύς に由来している。

歴史的にみて、とてもよく知られているハーブであり、様々な儀礼迷信と結びついている。昔のインドでは葬儀の際に死者の横にバジルを供えることで、故人が黄泉の国へ無事にたどり着けると考えられた。中世ヨーロッパでは、サソリがバジルを好むと考えられており、粉末にしたバジルを吸い込むと頭のなかにサソリが沸くと信じられていた[13]

利用編集

編集

 
バジルの葉

バジルの利用法としてはジェノヴァ付近で作られるペスト・ジェノヴェーゼ(ジェノヴァのソース)が有名である。

日本では、ペスト・ジェノヴェーゼあるいは類似のソースを混ぜ込んだスパゲッティをバジリコ・スパゲッティ(スパゲッティ・バジリコ)とも呼ぶ。バジリコ・スパゲッティは、東京都港区のイタリア料理店『キャンティ』がまだバジルが手に入らない頃、代用としてシソパセリを使ってジェノヴェーゼ風に仕上げたのが始まりと言われている[要出典]。現在では日本でもバジルの生の葉や乾燥、粉砕した葉が容易に入手できるため、代用品を使う必要はなくなっている。

その他、トマトと相性がよいことでも知られる。新鮮なスイートバジルの葉とモッツァレッラチーズとトマトをあわせたサラダは、インサラータ・カプレーゼ(Insalata Caprese、「カプリ風サラダ」の意)といい、イタリアの国旗と同じ配色で、イタリアを象徴するサラダとなっている。ナポリピッツァの一つマルゲリータも、ピザの生地にモッツァレッラ、トマト、バジルの葉をトッピングしたものである。

また、台湾では「羅勒」と称されるが、近縁種でインド原産のほんのり清涼感がある「九層塔(タイバジル)」(台湾語 カウツァンタッ Káu-chàn-thah、同時に北京語でも言われる)が圧倒的に多く使われ、「羅勒」というと「九層塔」を指す場合が多い。調理の際にもスイートバジルと同じようにパスタに使われるが、主に台湾料理の炒め物や台湾式鉄板焼に葉が数枚入れられたり、天ぷらのように揚げられたりする。九層塔は東南アジアでも多く栽培され、タイ料理ベトナム料理カンボジア料理インドネシア料理など、東南アジアでも使われる。

種子編集

 
バジルの種子

バジルの種子はグルコマンナンを多く含むため、水分を含むと乾燥状態の約30倍に膨張し、ゼリー状の物質で覆われる。食物繊維を豊富に含むことからダイエット補助食品としても利用されている。日本には最初、種子が漢方薬として輸入された。ゼリー状の物質により目の汚れを取り去る目薬とされ、メボウキ(目箒)の名称が付いた。東南アジアアフガニスタンでは、水に浸した種子をデザートや飲み物にする。

栄養編集

抗癌作用を主張する研究編集

かつて、バジルはデザイナーフーズ計画のピラミッドで3群に属しており、3群の中でも、マスクメロン、タラゴン、カラスムギ、アサツキと共に3群の上位に属する、癌予防効果のある食材であると位置づけられていた[14]

画像編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e Basil”. Center for New Crops & Plant Products, Department of Horticulture, Purdue University, West Lafayette, IN (1998年2月23日). 2017年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月22日閲覧。
  2. ^ Naji-Tabasi, Sara; Razavi, Seyed Mohammad Ali (2017). “Functional properties and applications of basil seed gum: An overview”. Food Hydrocolloids 73: 313–325. doi:10.1016/j.foodhyd.2017.07.007. 
  3. ^ 板橋作美「迷信と笑いと狂気」『東京医科歯科大学教養部研究紀要』第38巻、2008年、 55-78頁、 doi:10.11480/kyoyobukiyo.38.0_55
  4. ^ Basil: A Source of Aroma Compounds and a Popular Culinary and Ornamental Herb. In: Perspectives on new crops and new uses”. ASHS Press, Alexandria, VA (1999年). 2008年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ Eberhard Breitmaier (22 September 2006). Terpenes: Flavors, Fragrances, Pharmaca, Pheromones. John Wiley & Sons. pp. 11–. ISBN 978-3-527-31786-8. オリジナルの12 October 2013時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=9yrbR2WZ8bwC&pg=PA11 2013年8月2日閲覧. "Acyclic monoterpenoid trienes such as p-myrcene and configurational isomers of p- ocimene are found in the oils of basil (leaves of Ocimum basilicum, Labiatae), bay (leaves of Fimenta acris, Myrtaceae), hops (strobiles of Humulus lupulus, ..." 
  6. ^ Md Shahidul Islam (4 February 2011). Transient Receptor Potential Channels. Springer. pp. 50–. ISBN 978-94-007-0265-3. オリジナルの12 October 2013時点によるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=TCMnYLLb758C&pg=PA50 2013年8月2日閲覧. "Eugenol is a vanilloid contained in relatively high amounts in clove oil from Eugenia caryophyllata, as well as cinnamon leaf oil (Cinnamomum zeylanicum) and oil from the clove basil Ocimum gratissimum. While eugenol is often referred to as ..." 
  7. ^ Ocimum minimum information from NPGS/GRIN”. ars-grin.gov. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Ocimum africanum Lour. taxonomy detail from NPGS/GRIN”. ars-grin.gov. 2016年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ Ocimum × africanum Lour. in 'The Plant List: A Working List of All Plant Species', http://www.theplantlist.org/tpl1.1/record/kew-136798 2016年12月3日閲覧。 
  10. ^ Fandohan, P.; Gnonlonfin, B.; Laleye, A.; Gbenou, J.D.; Darboux, R.; Moudachirou, M. (2008). “Toxicity and gastric tolerance of essential oils from Cymbopogon citratus, Ocimum gratissimum and Ocimum basilicum in Wistar rats”. Food and Chemical Toxicology 46 (7): 2493–2497. doi:10.1016/j.fct.2008.04.006. PMID 18511170. 
  11. ^ Pessoa, L.M; Morais, S.M; Bevilaqua, C.M.L; Luciano, J.H.S (2002). “Anthelmintic activity of essential oil of Ocimum gratissimum Linn. and eugenol against Haemonchus contortus”. Veterinary Parasitology 109 (1-2): 59–63. doi:10.1016/S0304-4017(02)00253-4. PMID 12383625. 
  12. ^ 北野佐久子『基本ハーブの事典』東京堂出版2005年p113-116
  13. ^ マーガレット・B・フリーマン著 遠山茂樹訳『西洋中世ハーブ事典』八坂書房、2009年、p.53。ISBN 978-4896949254
  14. ^ 大澤俊彦、「がん予防と食品」『日本食生活学会誌』 2009年 20巻 1号 p.11-16, doi:10.2740/jisdh.20.11

参考文献編集

関連項目編集