メインメニューを開く

バスなび沖縄(バスなびおきなわ)は、沖縄県沖縄本島内の路線バスを対象としたバス時刻表、乗り換え経路検索システムおよびバスロケーションシステムのサービスを提供する路線バス総合案内サイト。

県全域[注釈 1]での複数事業者による共通のバスロケーションシステムサービスとしては日本初である[1]

同記事ではかつて運営されていた沖縄本島内の路線バスを対象としたバス時刻表、乗り換え経路検索システムおよびバスロケーションシステムを提供していたサイトについても記述する(後述の「#かつて運営されていたサイト」を参照)。

概要編集

沖縄本島の路線バス事業者[注釈 2]が運行する路線バスの時刻表、乗り換え経路の検索サイトであり、かつバスロケーションシステムによるバスの位置情報提供サービスも行っている。また、パソコンサイトだけでなく、携帯電話サイトも開設されており[4]、スマートフォン向け用無料アプリも存在する[5][6]。なお、日本語以外に、英語、中国語、韓国語版のページも開設されている[注釈 3]

サービス開始に当たっては沖縄振興一括交付金が活用され、既に独自にバスロケーションシステムを導入していた那覇バス2007年3月1日導入[7])、琉球バス交通2010年4月1日[8])のうち、新システムを用いた琉球バス交通のシステムを踏襲する形でサイトが開設された[9]

サイト運営は沖縄モバイルクリエイト株式会社が行う[10]

歴史編集

機能編集

  • 時刻表検索
    • 一部事業者、路線を除いた沖縄本島の路線バス事業者が運行する路線バス(詳細は後述の「#対象事業者」を参照)の全バス停の時刻表を検索することが可能である。基本的には同一バス停を発着する路線の時刻表は事業者に関係なくまとめて掲載されるが、一部のバス停においては、特定の路線のみ別ページに掲載されているバス停が存在する[注釈 4]
  • 乗り換え経路検索
    • 乗車バス停(出発地)と降車バス停(目的地)および利用日時を指定することで、乗車すべき路線、時刻、運賃を検索することが可能である。
    • モノレールを含めた経路検索も可能である[4][注釈 5]
  • バスロケーションシステム
  • 接近案内メール

対象事業者編集

以下の沖縄本島の路線バス事業者4社の運行する路線バスが対象となる[1]

4社以外の事業者が運行する路線(国頭村営バスうるま市有償バス、やんばる急行バス)は対象外である。また、4社が運行する路線であっても、那覇空港リムジンバス、カヌチャシャトルバス、市町村の委託を受けて運行するコミュニティバス(読谷村コミュニティバス「鳳バス」、沖縄市循環バス、中城村コミュニティバス「護佐丸バス」、北谷町コミュニティバス)は対象外である。

かつて運営されていたサイト編集

沖縄・交通観光情報システム編集

2000年度に沖縄・交通観光情報システム実証実験として、バス路線、バス時刻表情報等を提供することを目的に開設された[11][12]。現在は閉鎖されている。

美ら島交通なび編集

2004年7月1日より、路線バスの運行状況等に関する情報を提供することを目的に携帯サイトとして開設された[13][14]。その翌年の2005年6月には、バス時刻表、乗り換え経路検索システムの機能が追加され、同時にパソコンサイトも開設された[15][16]。現在は閉鎖されている。

沖縄バスロケーションシステム編集

2004年2月27日より、沖縄総合事務局南部国道事務所が管轄する道路の渋滞状況を把握することを目的に、路線バスGPS車載器を搭載し、バス位置情報から旅行速度をた割り出すバスプローブカー調査を開始し、同時にバスロケーションシステムとしてバスの位置情報提供サービスの提供を開始した[17]。当初は沖縄バスの4台を用いて、20番・名護西線、120番・名護西空港線の一部で情報提供を開始した[18]。 その後、琉球バス交通、沖縄バス、那覇バス東陽バスの4社が運行する12路線[19]にまで対象路線は拡大されたが、2010年3月31日をもってバスプローブカー調査が終了となることから、バスロケーションシステムの運用も終了した[17]。現在は閉鎖されている。

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし離島は対象外である[1]
  2. ^ 2012年3月末時点で沖縄本島の路線バス事業者は6社[2]あるが、取り扱うのは本島の路線バス事業者大手4社(琉球バス交通沖縄バス那覇バス東陽バス)の路線バスのみとなる。なお、県内では前述の4社のみが路線バス事業者として扱われる場合がほとんどである[3]
  3. ^ 例えば英語版ページとして、「Route Finder Okinawa」が開設されている。
  4. ^ 例えば県庁北口バス停では、「県庁北口(那覇バスターミナル・旭橋向け)」のページにて同バス停に停車する全事業者の全路線の時刻表が掲載される。一方で、例えば那覇バスターミナルでは、県庁北口方面へ運行される97番・琉大線(那覇バスが運行)は「那覇バスターミナル(県庁北口向け)」のページには掲載されず、「那覇バスターミナル(4番ホーム)」のページに単独で掲載されている。
  5. ^ ただし乗車バス停(出発地)と降車バス停(目的地)にモノレールの駅は指定できない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 日本初!!沖縄本島路線バス総合案内システム 「バスなび沖縄」のサービスを開始しました! (PDF)”. モバイルクリエイト株式会社 (2013年4月25日). 2013年10月20日閲覧。
  2. ^ 運輸要覧 (PDF)”. 沖縄総合事務局 運輸部. p. 129,137 (2012年12月). 2013年10月20日閲覧。
  3. ^ 琉球バス交通、9月発車 第一交通に正式譲渡”. 琉球新報 (2006年7月6日). 2013年10月20日閲覧。
  4. ^ a b わった〜バス党|沖縄県”. 2013年10月20日閲覧。
  5. ^ バスなび沖縄 - Google Play の Android アプリ”. 2013年10月20日閲覧。
  6. ^ iTunes App Store で見つかる iPhone、iPad、iPod touch 対応 バスなび沖縄”. 2013年10月20日閲覧。
  7. ^ 那覇バスが位置情報”. 琉球朝日放送 (2007年2月25日). 2013年10月20日閲覧。
  8. ^ バス:第一交通グループ”. 2013年10月20日閲覧。
  9. ^ 携帯でバス位置確認 県が一括交付金活用”. 琉球新報 (2012年5月9日). 2013年10月20日閲覧。
  10. ^ 子会社設立に関するお知らせ (PDF)”. モバイルクリエイト株式会社 (2012年2月24日). 2013年10月20日閲覧。
  11. ^ 沖縄・交通観光情報システム”. 2002年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月20日閲覧。
  12. ^ 公共交通情報提供に関する国土交通省の取り組み”. 国土交通省. 2013年10月20日閲覧。
  13. ^ 美ら島交通なび 携帯版”. 2008年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月20日閲覧。
  14. ^ 「美ら島交通なび」が運用開始! (PDF)”. 沖縄総合事務局 (2004年7月). 2013年10月20日閲覧。
  15. ^ 沖縄 交通アクセス 美ら島交通なび”. 2008年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月20日閲覧。
  16. ^ 美ら島交通なび(PC版)の運用開始! (PDF)”. 沖縄総合事務局 (2005年7月). 2013年10月20日閲覧。
  17. ^ a b 記者発表 『沖縄バスロケーションシステム』の運用停止について 〜長年のご愛顧ありがとうございました〜”. 沖縄総合事務局 南部国道事務所 (2010年3月19日). 2013年10月20日閲覧。
  18. ^ 南部国道事務所/バスロケ使ってバス待ち時間短縮”. 沖縄総合事務局 南部国道事務所. 2013年10月20日閲覧。
  19. ^ (別紙)運用停止対象路線 (PDF)”. 沖縄総合事務局 (2010年3月19日). 2013年10月20日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集