バスケットボールフィンランド代表

バスケットボールフィンランド代表(Finland national basketball team)は、フィンランドバスケットボール連盟によって編成され国際大会に派遣されるバスケットボールナショナルチームである。

 Basketball pictogram.svgバスケットボールフィンランド代表
国または地域  フィンランド
協会 フィンランドバスケットボール連盟
FIBAランキング 34位(2014年9月14日版)
オリンピック
出場回数 2回
初出場 1952 ヘルシンキ
最高成績 11位(1964)
ワールドカップ (男子) / (女子)
出場回数 1回
初出場 2014年
最高成績 22位
欧州選手権
最高成績 9位
テンプレートを表示

1939年にユーロバスケット初出場。1950年代には続けて出場し、最高位は1953年の9位。

自国開催の1952年ヘルシンキ五輪で世界の舞台を初めて経験し、1964年東京五輪にも出場した。

2023年FIBAバスケットボールワールドカップ予選では、予選1次ラウンドを5勝1敗、2次ラウンドでも2連勝スタート。ヨーロッパのチームとしては一番乗りでの本大会出場決定となった[1][2]

2022年ユーロバスケット英語版)ではグループステージ初戦でイスラエルにオーバータイムの末破れる[3]も、3勝2敗の成績で決勝トーナメント進出。決勝トーナメントではラウリ・マルカネンが43得点を挙げる活躍でクロアチア相手に勝利しベスト8進出[4]。準々決勝ではスペイン相手に敗戦[5]

主な国際大会成績編集

夏季オリンピック編集

開催年 結果 試合 勝利 敗戦
  1952 9位 3 0 3
  1964 11位 9 4 5
合計 12 4 8

世界選手権編集

開催年 結果 試合 勝利 敗戦
  2014 22位 5 1 4
合計 5 1 4

ユーロバスケット編集

  • 9位:1953年
  • 9位:2013年
  • 8位:2022年

歴代代表選手編集

歴代ヘッドコーチ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Finland first European team to book spot at FIBA Basketball World Cup 2023”. FIBA. 2022年8月28日閲覧。
  2. ^ 【バスケW杯】開催国のフィリピン、日本に続き4か国が出場決定!最激戦区ヨーロッパ予選は波乱の予感?<DUNKSHOOT>”. THE DIGEST. 2022年9月1日閲覧。
  3. ^ イスラエルがフィンランドとの延長戦を制す…両軍のエースがダブルダブルを達成”. バスケットボールキング. 2022年9月3日閲覧。
  4. ^ マルカネンが43得点を挙げたフィンランドがベスト8へ…ヨキッチ率いるセルビアは敗退”. バスケットボールキング. 2022年9月12日閲覧。
  5. ^ 欧州の雄スペインがフィンランドを撃破し11大会連続のベスト4入り!37歳の主将フェルナンデスが攻守で奮闘<DUNKSHOOT>”. THE DIGEST. 2022年9月14日閲覧。