バスマウス(bus mouse)は専用のインタフェース[注 2]を使ってコンピューターに接続するパーソナルコンピュータマウスのことである。

バスマウス
ISA mouse adapter.JPG
Microsoft InPortバスマウスアダプター、8ビットISA(XTバス)カード
種別 マウス入力ポート
開発者 マイクロソフト
開発年 1983年
生産期間 1980年代から2000年
後継モデル PS/2コネクタUSB (2000年)
外部接続 はい
ピン数 9
データ信号 3ボタン[注 1]の状態信号とマウス移動の直交振幅変調信号
MiniDIN-9 Diagram.svg
ピン1 +5V 電源
ピン2 XA X軸位置
ピン3 XB X軸位置
ピン4 YA Y軸位置
ピン5 YB Y軸位置
ピン6 SW1 マウスボタン1
ピン7 SW 2 マウスボタン2
ピン8 SW 3 マウスボタン3
ピン9 GND グラウンド
インタフェース(メス)側右下から横一列毎に左上まで番号を割り当てている。XA/XBとYA/YBは直交位相に基づいて動きと方向を示す。PC-9800シリーズ(の一部機種)では7番ピンは未接続[2][注 1]
Microsoft InPort bus mouse
Microsoft InPortバスマウス、9ピン丸形コネクタが写っている

概要編集

1980年代、マウスインタフェースはまだIBM PC互換機に統合されておらず、専用のバスインタフェース(ISA拡張カードに含まれる)がマウスを接続する2つの方法のうちの1つ[注 3]であった。IBM PS/2が登場したとき、マウスインタフェースはオンボードのキーボードコントローラに統合された。バスマウスはパラレル通信であるのに対し、PS/2はシリアル通信というように通信方式が異なる。1990年代にはPS/2コネクタ、2000年代以降はUSBに置き換えられた。

バスマウスは日本においてはPC-9800シリーズで使われていた。

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b 中期以降のPC-9800シリーズでは7番ピンの役割が変更され、中ボタンが使えなくなった[1]
  2. ^ オリジナルはマイクロソフト純正マウス製品のために開発されたMicrosoft InPortバスマウスアダプター
  3. ^ もう一つの方法はシリアルインタフェースに接続するシリアルマウス、特にエンジニアリングワークステーションで普及。

出典編集

  1. ^ こうのたけし、小高輝真. “UNDOCUMENTED 9801/9821 Vol.2 - メモリ・I/Oポート編 (プレーンテキスト)”. ウェブテクノロジ. 2016年7月29日閲覧。
  2. ^ 『改訂版 PC-9800シリーズ テクニカルデータブック HARDWARE編』、アスキー、1993年、p.383

参考文献編集

  • 吉田功、「キーボード&マウスポートの構造」、トランジスタ技術 特集*PCインターフェースの研究(1995年10月号)、pp.224-239。

関連項目編集

外部リンク編集