メインメニューを開く

バスラマ・インターナショナル

バスラマ・インターナショナルBUSRAMA INTERNATIONAL)は、ぽると出版(本社:東京都世田谷区)が発行する隔月刊のバス専門雑誌1990年に創刊された。略称「バスラマ」。

隔月刊の通常号のほか、毎年12月に発行する「年鑑バスラマ」、不定期発行の増刊として「バスラマエクスプレス」「バスラマスペシャル」「バスラマアーカイブス」がある。

概要編集

バスファン対象の趣味的な記事にとどまらず、バス事業者、車両・関連機器メーカー、自治体の交通担当者など、業界関係者の購読も対象とした専門的な内容が特徴である。

毎回1・2社のバス事業者を特集し、特色ある路線や車両一覧などの情報を紹介する「バス事業者訪問」は人気がある。その他、バスの新モデルの試乗体験、新しく始められたバスサービス・バス運行システムなど、バス業界の動きを紹介する。

また「インターナショナル」の誌名の通り、外国のバスに関する記事も毎号掲載されている。主な記事には英文サマリー(要約)が記載されているのも特徴である。

編集長和田由貴夫は、商用車専門雑誌『モータービークル』の編集者で、1990年に独立してバスラマを創刊した。『モータービークル』は九段出版という出版社から1951年に創刊された自動車雑誌で、トラック・バス・特装車を扱う雑誌としては非常に古い歴史を持つものであった。

和田由貴夫は大型自動車免許も保有しており、新車記事では乗客視点の立場にとどまらず、自ら運転してレビューを執筆する場合もある。運転感覚には個人的な好みもあるものの、ドライバー視点からのレポートは評価が高い。

雑誌形態ではあるが、取り扱い上は雑誌コードではなく、ISBNで管理される書籍である。

中小の書店では常備するケースが少ないが、丸善書泉グランデなど都市部の大規模な書店や、京王グループの啓文堂書店(京王書籍販売)、阪急電鉄の直営店として開業した歴史を持つブックファーストトーハン)など、交通関連の図書に力を入れている書店などでは常備しており、店舗によってはバックナンバーの取り扱いもある。また一部の鉄道模型ミニカーショップなどでも入手可能である。なお販路の狭さを考慮して、定期購読や出版社直販による通信販売も行っている。

2006年より、絶版となった号の「バス事業者訪問」コーナーを対象に、コピーサービスが開始された。雑誌の出版元による誌面コピー販売サービスはあまり例がなく、読者本位のサービスとして特筆されるものであった。その後2013年より、絶版となった初期の号の内容をPDFデータにしたCD-Rを販売開始した。それにともないコピーサービスは段階的に終了している。

2010年には創刊20周年記念として、バス業界向けイベント「バステクフォーラム」や「中国のバスの今を知る3泊4日のツアー」などを実施した。その後「バステクフォーラム」は2010年より大阪で7回開催されたほか、2015年からは首都圏でも幕張メッセで開催されている。

発行誌内容編集

通常号編集

偶数月の25日前後に発売される。判型はA4版で、96~104ページが基本。表紙には事業者訪問で取り上げられるバス事業者の車両を大きく掲載している。表紙の紙質は、以前は薄手で書店での陳列で傷みやすかったが、第90号以降は年鑑と同じ厚手のものに変えられた。目次には毎号編集長による巻頭言が記載されている。続いて特集、さらに新型車や新技術の紹介など、また中ほどに「バス事業者訪問」(初期は「ユーザー訪問」と称した)が掲載される。後半には歴史記事(バスのカタログ)や海外バスの記事(現地からの翻訳記事)、終わりのほうに各地のニュースや読者のページなどがある。

年鑑バスラマ編集

1994年末から年1回、年末に発売されている。その時点で日本国内で発売されるバスの解説、1年間のバス事業者の動きや、資料ページが設けられる。1998年発行分までは、その発行年だけを記載していたが、1999年以降は「1999-2000」といった表記方法に改めている。

バスラマスペシャル編集

判型は通常号と同じA4版。主に注目すべき新型車両について通常号だけでは特集しきれない場合、事業規模の大きいバス会社を特別に取り上げる場合などに発売される。

第1号は、東京急行電鉄から分社化した東急バスの営業開始を記念して1991年10月に発行された『東急バスのすべて』である(2000年に復刻再刊、現在絶版)。

以降、三菱ふそう・エアロバス日野・リエッセなどの新型車両、東京都営バス大阪市営バス(のちに通常号の事業者訪問でも再度取り上げられている)、西日本鉄道といった事業者などの特集号が組まれている。

2010年には西日本車体工業の事業終了を記念して、「西工の卒業アルバム」と銘打って『西工の軌跡』が発行された。また2012年9月には、日産ディーゼル工業(現・UDトラックス)のバス生産事業 休止にともない、『UDマークのバス達』が刊行された。

バスラマエクスプレス編集

判型は通常号と同じA4版。スペシャルよりもページ数の少ない増刊号として(定価も通常号より割安なことが多い)、新型車両やコーチビルダー、特定の事業者の車両などを特集して発売される。バスラマスペシャルともども発行は不定期である。

バスラマアーカイブス編集

特定の事業者や地域に的を絞り、古い写真や資料、当時の関係者へのインタビューなどを通じて、バスの歴史をたどる新シリーズ。判型は通常号の半分のサイズのA5版ソフトカバーで、完全に書籍としての体裁となっている。

第1号は、関東バスの創業80周年を記念して2011年7月15日に発行された『関東バスの走る道』である。以降、第2号『熊本九州の輝いていたバス達』(荒尾市営バス、西鉄バス、堀川バスなど)、第3号『東急バスの走る道』が刊行されている。

クラブバスラマ編集

バスラマでは、雑誌や書籍の刊行にとどまらず、バスグッズやバスツアーなども企画している。クラブバスラマのバス模型2000年から、香港のメーカーと提携して1/76の精巧な製品を実現している。

バスツアーは、ファン向けにメーカー工場訪問や名所探訪などを、こだわりの観光バスを使用して行われる。なおバスラマが企画するオリジナルツアーのため、一般向けの会員制バスツアーよりも割高である。

関連項目編集

外部リンク編集