メインメニューを開く

バズコックスBuzzcocks)は、イングランド出身のパンク・ロックバンド

バズコックス
Buzzcocks
The Buzzcocks 1.JPG
(2014年9月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
グレーター・マンチェスター州ボルトン
ジャンル パンク・ロック
ポップ・パンク
ニューウェイヴ
活動期間 1976年 - 1981年
1989年 - 現在
レーベル ユナイテッド・アーティスツ・レコード
Castle Records
キャロライン・レコード
I.R.S. Records
Go-Kart Records
マージ・レコード
チェリー・レッド・レコード
クッキング・ヴァイナル
True North Records
PledgeMusic
共同作業者 マガジン
Flag of Convenience
公式サイト buzzcocks.com
メンバー スティーヴ・ディグル
ダニー・フェイラント
クリス・レミントン
旧メンバー ピート・シェリー
ハワード・ディヴォート
ほか別記参照

1970年代パンク/ニューウェイヴ・ムーヴメントから誕生したグループの一つ。英マンチェスター地域音楽シーンの草分け的存在として長らく活動していたが、象徴的メンバーであるピート・シェリーが2018年に亡くなっている。

概要編集

 
創設者ピート・シェリー (2013年)

1976年ロンドンセックス・ピストルズのライブを観て感銘を受けたピート・シェリーとハワード・ディヴォートによって結成された。彼らは当時パンク・ロックの影響が及んでいなかった地元マンチェスターにピストルズを呼んでライブを行わせることを計画し、同年6月にこれを実現させた。観客はわずか42人であったが、その中には後にジョイ・ディヴィジョンを結成するバーナード・サムナーピーター・フックや、ザ・スミスモリッシーなど、後の音楽界を牽引する面々が含まれており、このライブはマンチェスターの音楽シーンを活性化させる契機となった。この経緯はパンクの標語である「DIY(Do It Yourself)精神」の体現として後進のバンドからリスペクトを受けている。なお、翌月に行われたピストルズによる二度目のマンチェスター公演ではバズコックス自身が前座を務め、これが彼らのデビュー・ライブになった。

バンドは1981年に一度解散。1989年に再結成して活動を続けていたが、2018年12月6日に創設者ピート・シェリーが心臓発作で死去した[1]

John Maherの日本語表記について編集

  • Maherの日本語(カタカナ)表記は一般的に「メイヤー」「メイハー」等だが、ザ・スミスの評伝「ザ・スミス・ストーリー 心に茨を持つ少年」(1988年9月・CBSソニー出版)には、メンバーのジョニー・マー (Johnny Marr)は本名がJohn Marrであり、当時のマンチェスターで既に有名人となっていたJohn Maherとは綴りが異なるものの発音が同じであるため芸名として「Johnny」をつけた、という記述がある。このことから原語での正確な発音は「ジョン・マー」であることがわかる。

メンバー編集

※2018年12月時点

現ラインナップ編集

  • スティーヴ・ディグル (Steve Diggle) - ギターボーカル (1977年–1981年、1989年– )
  • クリス・レミントン (Chris Remmington) - ベース (2008年– )
  • ダニー・フェイラント (Danny Farrant) - ドラムス (2008年– )

旧メンバー編集

  • ピート・シェリー (Pete Shelley) - ボーカル/ギター (1976年–1981年、1989年–2018年) ※2018年死去
  • ハワード・ディヴォート(Haward Devoto) - ボーカル (1976年–1977年、2012年) ※脱退後マガジンを結成。
  • ガース・スミス(Garth Smith) - ベース (1976年、1977年)
  • ジョン・マー(John Maher) - ドラムス (1976年–1981年、1989年、1992年)
  • スティーヴ・ガーベイ(Steve Garvey) - ベース (1977年–1981年、1989年–1992年)
  • マイク・ジョイス(Mike Joyce) - ドラムス (1990年–1991年) ※元ザ・スミス
  • フィル・バーカー(Phil Barker) - ドラムス (1992年–2006年)
  • トニー・バーバー(Tony Barber) - ベース (1992年–2008年)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『アナザー・ミュージック』 - Another Music in a Different Kitchen (1978年)
  • 『ラヴ・バイツ』 - Love Bites (1978年)
  • 『ア・ディファレント・カインド・オブ・テンション』 - A Different Kind of Tension (1979年)
  • 『トレイド・テスト・トランスミッション』 - Trade Test Transmissions (1993年)
  • 『オール・セット』 - All Set (1996年)
  • Modern (1999年)
  • 『バズコックス』 - Buzzcocks (2003年)
  • 『フラット・パック・フィロソフィー』 - Flat-Pack Philosophy (2006年)
  • The Way (2014年)

ライブ・アルバム編集

  • 『レスト・ウィー・フォーゲット』 - Lest We Forget (1988年)
  • 『ライヴ・バズコックス 1977』 - Live at the Roxy Club April '77 (1989年) ※『ライブ・アット・ロキシー』として再発あり
  • Entertaining Friends (1992年)
  • Encore du Pain (Live in Paris) (1995年)
  • 30 (2008年)

コンピレーション・アルバム編集

  • 『シングルズ・ゴーイング・ステディ』 - Singles Going Steady (1979年) ※日本のロックバンドGOING STEADYのバンド名の由来になっている
  • Parts 1-3 (1981年)
  • Total Pop (1987年)
  • The Peel Sessions Album (1989年)
  • The Fab Four (1989年)
  • Product (1989年)
  • 『ベスト』 - Operator's Manual: Buzzcocks Best (1991年)
  • 『クロノロジー』 - Chronology (1997年)
  • I Don't Mind The Buzzcocks (1997年)
  • Time's Up (2000年)
  • Ever Fallen in Love? Buzzcocks Finest (2002年)
  • Inventory (2003年)
  • The Complete Singles Anthology (2004年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ パンクロックの先駆者、バズコックスのピート・シェリーが死去”. Rolling Stone Japan (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集