メインメニューを開く
ヘーゼルナッツ入りブラウンバターケーキ

バターケーキ(butter cake)は、主原料の1つとしてバターを用いたケーキである。バター、砂糖小麦粉ベーキングパウダーから作られ[1]アメリカの典型的なケーキの1つであると考えられている。等量のバター、小麦粉、砂糖、卵から作られるイギリスパウンドケーキが起源である。19世紀にベーキングパウダーやその他の化学膨張剤が発明されると、パウンドケーキの材料でより軽く、ふっくらとしたケーキを作ることが可能となり、バターケーキに繋がっていった。

バターケーキを作るには、最初に空気を含んでふわっとするようにバターと砂糖を混ぜる。次に卵を少しずつ加えてエマルションを作り、材料を混ぜ合わせる。バターケーキは室温で保存し、濃厚でしっとりとしたものが最高だとされているが、冷蔵すると固くなり、乾燥し、香りを失ってしまう。そのため、冷蔵が必要なクリームチーズアイシングカスタードクリーム等をデコレーションに用いるのは適していない。

出典編集

  1. ^ Joy of Baking; Stephanie & Rick Jaworski (1997年). “Butter or Shortened Cakes Recipe”. Simon & Schuster, Inc.. 2010年3月16日閲覧。