メインメニューを開く

バックカントリーとは、山野のうち該当するレジャー用に整備された区域以外のエリア[1]。対義語としては「フロントカントリー」があり、キャンプ場、トイレ、避難小屋、登山道等が整備された比較的自由に入場出来るが規制が厳しい場所である。

バックカントリーは手付かずの自然が残っているエリアと表現されるが、林業や農業などレジャー以外の目的での整備は入っている場合がある。フロントカントリーと比べるとキャンプ地やスキーの滑走場所、たき火、用便について規制は少ない。国によっては環境保護のためにバックカントリーへの入場人数を制限している。

これらの区域でのスキー、スノーボード、キャンプは、バックカントリースキー、バックカントリースノーボード、バックカントリーキャンプと呼ばれ、「バックカントリー」はこれらの略語としても用いられる。

概要編集

スキー場によっては、バックカントリースキーのためにコース外に出られるゲートを設けているところもある[2]。バックカントリーでは事故の危険性も高くなるが、専用ゲートを設置して入山地点を限定することで、下山ルートも絞り込むことができ、遭難の際の迅速な救助につなげるという役目もある[2]。ただし、バックカントリーはあくまでもコース外であるから、レジャー施設のパトロールや救急体制、食事、宿泊施設等は無い。事故が発生した場合は、自力で解決するか、行政の救急サービスに直接連絡する必要がある。[2]。日本ではバックカントリーを含め、全てのケースで救急車は無料で救助ヘリも一部の行政を除き無料である(アメリカでは全ての救急に関しては有料である)。

危険性・注意喚起編集

知識や装備が不十分なままバックカントリーへ入山する客も多い[2]。遭難した場合には低体温症など深刻な状況に陥ることもある[1]

バックカントリーで雪崩が発生することもあり、単独で滑走している場合はもちろん、複数人が同時に滑走している場合には捜索が難しくなる[1]。また近年バックカントリースポーツでは遭難者も増加し山岳救助の対象として各自治体が注意喚起している[3]。その場合捜索・救出費用はほぼ全額が自己負担になっておりかなり高額である。

バックカントリーは整地されていないため、スキーやスノーボードなどでは、見えない起伏、岩、木の根などに気づかず転倒してしまう場合もある[1]。 また、滑る速度がコントロールできなくなり立ち木に衝突する例もある[1]。2016年2月にはニセコアンヌプリで日本人男性が立ち木に衝突して死亡する事故が発生している[2]

日本雪崩ネットワーク[4]では、「ロープの向こう側」と銘打ったこのようなポスター (PDF) [5]を作成し、スキー場の施設内などで掲示する事で、バックカントリーに関する注意喚起を行っている。

関連項目編集

脚注編集