メインメニューを開く

バック・イン・ザ・U.S.S.R.

バック・イン・ザ・U.S.S.R.」 (Back in the U.S.S.R.) は、1968年に発表されたビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ』(通称、『ホワイト・アルバム』)の収録曲である。同アルバムのオープニング曲。

バック・イン・ザ・U.S.S.R.
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年8月22日-8月23日
アビー・ロード・スタジオ
ジャンル ロックンロール[1]
ハードロック[2]
時間 2分43秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ビートルズシングル盤 U.K. 年表
イエスタデイ
b/w
恋する二人
(1976年)
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
b/w
ツイスト・アンド・シャウト
(1976年)
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
b/w
ア・デイ・イン・ザ・ライフ
(1976年)
ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

目次

解説編集

名義上はレノン=マッカートニーの作品となっているが、実質的にはポール・マッカートニー[3]。本曲はポール・マッカートニー自身の「航空機での移動中の体験を元に作られた曲」ともいわれている。タイトルとテーマは、チャック・ベリーの「バック・イン・ザ・USA」のパロディーで、同作品のアメリカをソビエト連邦(USSR)に置き換えたものである。サビの歌詞とコーラスの形態はザ・ビーチ・ボーイズの「カリフォルニア・ガールズ」のパロディーとなっている。実際この曲は、1968年2 - 3月にインドのリシケシで行われたマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーの元での修行中に作曲され、同じ目的でリシケシに滞在していたザ・ビーチ・ボーイズのマイク・ラヴが、作曲にあたって多少のアイデアを提供したことを公言している[4]。ビーチ・ボーイズのライヴでも時折この曲が演奏されている。

この曲の録音は1968年8月22日に開始されたが、この曲でのリンゴ・スターの演奏に納得いかなかったポールが度々注文をつけ、リンゴがキレてスタジオを飛び出し、一時的に脱退することとなった[5]。これにより、その後の5テイクはポールがドラムスジョージ・ハリスンエレクトリック・ギタージョン・レノンフェンダー・ベースVIという編成で録音され、テイク5がベストとされた[6]

8月23日にポールとジョージによるベースとリードギター、ジョージによるドラムスやジョンによるスネアドラムコーラス等がオーバー・ダビングされ、EMIのライブラリに補完されていた航空機の音が追加された[6][7]。なお、このSEがつなぎになって次曲「ディア・プルーデンス」にクロスフェード編集されている。

演奏編集

クレジットはイアン・マクドナルド[8]マーク・ルイソーン[6]によるもの。

補足編集

収録アルバム編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ ダブルトラック処理されている。

出典編集

  1. ^ Campbell, Michael (2008). Rock and Roll: An Introduction. Cengage Learning. ISBN 0-534-64295-0. 
  2. ^ Bohannon, John (1968年12月21日). “An in-depth Look at the Songs on Side-One”. Rolling Stone. The White Album Project. 2018年10月14日閲覧。
  3. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years From Now. New York: Henry Holt and Company. ISBN 0-8050-5249-6. 
  4. ^ Pinch, Emma (2009年3月6日). “Marc Sinden on John Lennon: We were in the presence of God”. Liverpool Daily Post. 2009年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月7日閲覧。
  5. ^ Hertsgaard, Mark (1996). A Day in the Life: The Music and Artistry of the Beatles. London: Pan Books. ISBN 0-330-33891-9. 
  6. ^ a b c Lewisohn, Mark (2005) [1988]. The Complete Beatles Recording Sessions: The Official Story of the Abbey Road Years 1962–1970. London: Bounty Books. ISBN 978-0-7537-2545-0. 
  7. ^ Winn, John C. (2009). That Magic Feeling: The Beatles' Recorded Legacy, Volume Two, 1966–1970. New York, NY: Three Rivers Press. ISBN 978-0-3074-5239-9. 
  8. ^ MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (2nd rev. edn). Chicago, IL: Chicago Review Press. ISBN 978-1-55652-733-3. https://books.google.com/books?id=YJUWJhIbkccC&vq. 
  9. ^ "How the Beatles Rocked the Kremlin" (BBC / Blakeway Productions, 2009)