バッグス・バニー・ショー

ルーニー・テューンズ > バッグス・バニー・ショー

バッグス・バニー・ショー(The Bugs Bunny Show)は、アメリカ合衆国テレビ番組。1940~1960年代に製作されたクラシック短編を中心に「Looney Tunes」「Merrie Melodies」の短編映画を1回(30分)につき3本放送していた。

バッグス・バニー・ショー
The Bugs Bunny Show
別名 バックス・バニー劇場
マンガ大作戦
バッグス・バニーのぶっちぎりステージ
ジャンル コメディ
監督 チャック・ジョーンズ
フリッツ・フレレング
ロバート・マッキムソン
声の出演 メル・ブランク
ジュン・フォーレイ
スタン・フレバーグ
ハル・スミス
テーマ曲作者 マック・デイビッド
ジェリー・リビングストン
オープニング This Is It
(歌:バッグスとダフィー)
国・地域 アメリカ
言語 英語
シーズン数 2
製作
製作総指揮 デイビッド・H・ディパティエ
フリッツ・フレレング
ウィリアム・L・ヘンドリックス
ピーター・モラレス
アンドリュー・ステイン
ハル・ギア
スティーブン・S・グリーン
キャスリーン・ヘルピー・シプリー
ジーン・H・マッカーディー
ロッリ・ア・ボンド
プロデューサー フリッツ・フレレング
チャック・ジョーンズ
制作 ワーナー・ブラザース
配給 ワーナー・ブラザース・テレビジョン
放送
放送チャンネルアメリカ合衆国の旗 ABCCBS
日本の旗 NETテレビ(現:テレビ朝日)TBSテレビテレビ東京
放送期間アメリカ合衆国の旗 アメリカ版を参照
日本の旗 日本版を参照
ワーナーのバッグス・バニー・ショー
Bugs and Daffy
放送チャンネルアメリカ合衆国の旗 カートゥーン ネットワーク
日本の旗 同上
放送期間アメリカ合衆国の旗 1995年 - 2004年4月10日
日本の旗 1997年9月 - 2003年
バッグス・バニー・ショー
The Looney Tunes Show
声の出演ジョー・アラスカイ
ボブ・バーゲン
フランク・ウェルカー
モーリス・ラマーシュ
オープニングThis Is It
(インストゥメンタル)
放送チャンネルアメリカ合衆国の旗 カートゥーン ネットワーク
日本の旗 同上
放送期間アメリカ合衆国の旗 2001年3月 - 2004年10月3日
日本の旗 2003年 - 2020年2月28日
番組年表
関連番組ポーキー・ピッグ・ショー
ロードランナー・ショー
テンプレートを表示

概要編集

オリジナルでは1960年10月11日にABCネットワークでの放送が開始。短編に繋げるアニメ本編は、当時のワーナー・ブラザーズのスタッフが製作した。

チャック・ジョーンズフリッツ・フレレングが、絵コンテと監督を担当し、その後は、ロバート・マッキムソンが監督を引き継いだ[1]

最初は白黒だったが、後にカラーに移行され、番組タイトルも変更された。

この番組のテーマソングは、マック・デイビッドとジェリー・リヴィングストン作曲の『This Is It[2]』が使用され、メル・ブランクがバッグスとダフィー役として歌った[3]。カバーもいくつか存在し、1998年にアメリカで発売されたビデオ『Sing-Along Looney Tunes』ではビリー・ウェストジョー・アラスカイがこのテーマソングを歌ったことがある。

オープニング映像では、"バッグスとダフィーが歌って踊った後、ルーニー・テューンズのキャラクターがステージの上で踊る"という作りになっている。

短編作品の本編を流すとき、オープニングの「ワーナー・ブラザース」のロゴが表示される場面を省略し、タイトルだけ流して本編に入っていた[4]。また、エンドカードも割愛されていた[5]

地上波版編集

日本では毎日放送TBSテレビ(マンガ大作戦[6])→テレビ東京(バッグス・バニーのぶっちぎりステージ)が放送しており、他の地方局でも放送された。

なお、毎日放送およびテレビ朝日の放送では、『バックス・バニー劇場』という邦題で放送されていた、提供は小野薬品、この時、初代バッグスを演じたのは横山道代(現:横山通乃)だった、後に久里千春に交代し、その後は中村メイコが最後まで、ダフィーの声優は全期通じて愛川欽也が担当した。

TBSの『マンガ大作戦』での放送では、高橋和枝がバッグス、内海賢二がダフィーを担当した。

静岡第一テレビの『バッグス・バニーとゆかいな仲間たち』では、バッグスを高橋和枝、ダフィーを肝付兼太が担当していた。なお、高橋和枝はグラニーも担当していたことがあり、他にもフォグホーン・レグホーン滝口順平が演じ、トゥイーティー増山江威子が演じ、ポーキー・ピッグとシルベスター・ジュニアを堀絢子(一部の回によっては増山江威子)が演じ、ペペ・ル・ピューエルマー・ファッド八代駿が演じていた。スペシャルでは富山敬(バッグス役)と内海賢二(ダフィー役)が担当しており、フォグホーン・レグホーンを村越伊知郎が演じ、トゥイーティーを貴家堂子が演じ、シルベスター・キャット青野武が演じ、スピーディー・ゴンザレスを肝付兼太が演じ、ヨセミテ・サム永井一郎が演じた。(どちらもエンディングで表記された)。

なお、富山敬は『でてこい!バッグスバニー』が地方で放送された際もバッグス役を担当。

テレビ東京で平日朝6時30分 - 7時00分に放送されていた『メリー・メロディーズ』では、『メリー・メロディーズ・ショー』(原題:The Merrie Melodies Show)のオープニング映像をナレーションなしで使用し、最初の1本目がスピーディー・ゴンザレスで、2本目がシルベスター・キャット、最後の3本目がダフィー・ダックの短編を繋いで放送されていた(オリジナル版も同じ)。

『ぶっちぎりステージ』のオープニングでは、映像は短編作品の数々のシーンが使用されており、原語のテーマソングの上にナレーションを付けていた。『ぶっちぎりステージ』の初期エンディングでは、ルーニー・テューンズのキャラクターが描かれていた(終盤にはタイトルロゴ"LOONEY TUNES"も描かれた)ほか、後期エンディングではフィルムのフレームの中に短編作品の映像が使われた。日本語版制作はワーナー・ブラザースLCAエンターテインメントとトランスグローバル(第26話まで)→旭通信社(現:ADKマーケティング・ソリューションズ)東北新社(第27話以降)。

『バッグス・バニーのブンブンランド』では、1988年にアメリカで発売されたビデオ(タイトルは複数存在する)の映像を流用している。

その後、『ぶっちぎりステージ』の内容をルーニー・テューンズの中で7月から9月まで再放送し、10月から12月まで新吹き替え版が放送され、バッグス役に山口勝平が起用された(ダフィー役には高木渉)。

CS放送版編集

1997年9月から2020年2月28日まで『ワーナーのバッグス・バニー ショー』(2003年以降は『バッグス・バニー ショー』)のタイトルで、日本のカートゥーン ネットワークで放送されていた、2021年7月4日まで1時間枠の大人のトムとジェリーの中で放送されていた(前半・後半のどちらか、放送しない場合もある)[7]

オープニングとエンディング映像は、『ワーナーの』時代では『バッグスとダフィー・ショー』を流用していた。

『ワーナーの』が外されて以降は『ルーニー・テューンズ・ショー』の映像を使用しているが、編集されている。

『バッグス・バニー ショー』時代では、時代に合わせた上でカートゥーン ネットワークのロゴを変更している(※2)(※3)、『ワーナーの』時代と2003年の時点ではロゴはそのままだった(※1)。

アメリカ版『バッグスとダフィー・ショー』では、1995年から2004年まで放送され、アメリカ版『ルーニー・テューンズ・ショー』では、2001年から2004年までカートゥーン ネットワークで放送されていた。

『ワーナーの』時代でのバンパーについては、10秒程のショートコントと『Shot him⇒』と書かれた矢印状の看板のものが使われた。

2010年9月にはHDリマスター化された。

ブーメランでは、ショーのオープニングとエンディングを使用せず本編から放送した。

声優インタビュー編集

2000年代前半頃までは、番組の最後に吹き替え声優による短いインタビュー映像が流れることがあった。出演したのは、山口勝平高木渉こおろぎさとみ江原正士京田尚子三ツ矢雄二の6人で、各人がキャラクターを演じる上での工夫や苦心談について聞くことができた。これは1回につき1人の出演で、インタビュー内容は各人1~2通り程のパターンが存在する。しかし、現在は放送されていない。

日本語版主題歌編集

日本語版のテーマソングでは4種類も存在する。『バッグス・バニー劇場』の放送は横山道代→久里千春→中村メイコと愛川欽也、TBSの『マンガ大作戦』の放送では高橋和枝と内海賢二が歌ったが[8]、それ以降は全く無く、現行吹き替え版も存在しないが、日本語字幕版では歌詞が存在する[9]

番組タイトルの変更編集

アメリカ版編集

番組名 放送日 放送局
The Bugs Bunny Show 1960年10月11日 - 1962年8月7日 ABCネットワーク
1968年8月 - 9月[10]
The Bugs Bunny / Road Runner Hour 1968年9月14日 - 1971年9月4日 CBS
The Bugs Bunny Show 1971年9月11日 - 1973年9月1日
1973年9月8日 - 1975年8月30日 ABCネットワーク
The Bugs Bunny / Road Runner Hour 1975年9月6日 - 1977年11月12日 CBS
The Bugs Bunny / Road Runner Show 1977年11月19日 - 1985年9月7日
The Bugs Bunny / Looney Tunes Comedy Hour 1985年9月7日 - 1986年9月6日 ABCネットワーク
The Bugs Bunny & Tweety Show[11][12][13] 1986年9月13日 - 2000年9月2日

日本版編集

番組名 放送日付 話数 放送局
バックス・バニー劇場 1961年1月4日 - 9月27日
1963年1月1日 - 1月29日
1963年2月5日 - 10月8日
1964年4月6日 - 6月29日
1964年9月12日 - 12月26日
全4期
全109話
毎日放送
NETテレビ(現:テレビ朝日)
マンガ大作戦 1971年9月27日 - 1972年6月
1973年7月2日 - 1974年3月29日
全2期
全389話
TBSテレビ
でてこいバッグス・バニー 1981年10月5日 - ?[14] ? 北海道テレビ放送テレビ朝日系列)
マンガ大作戦
"バッグス・バニーとゆかいな仲間たち"
1981年10月 - 1986年 全128話 静岡第一テレビ日本テレビ系列)
おはよう子ども劇場
"メリー・メロディーズ"
1980年の放送 ? テレビ東京
ワーナーアニメBOX
"バッグス・バニーのぶっちぎりステージ"
1989年10月4日 - 1992年3月25日 全127話
ワーナーアニメランド
"ルーニー・テューンズ"
1996年7月 - 9月
10月 - 12月
全13話
ワーナーのバッグス・バニー ショー

バッグス・バニー ショー(2003年に改題)
1997年9月 - 2003年
2003年 - 2020年2月28日
確認中 カートゥーン ネットワーク
バッグス・バニー ショー 2018年 - 2019年 ブーメラン

日本語吹替声優編集

キャラクター 担当声優
(バッグス・バニー劇場)
担当声優
(TBS版マンガ大作戦)
担当声優
(ぶっちぎりステージ)
担当声優
ルーニー・テューンズ及びバッグス・バニーショー)
バッグス・バニー 横山道代

久里千春

中村メイコ
高橋和枝 富山敬 山口勝平
ダフィー・ダック 愛川欽也 内海賢二 江原正士
ポーキー・ピッグ 堀絢子 兼本新吾

増岡弘
龍田直樹
トゥイーティー 武藤礼子 不明 土井美加 こおろぎさとみ
ロードランナー 武藤礼子 広川太一郎 原語流用
ワイリーコヨーテ 鈴木やすし 不明 なし 梅津秀行
シルベスター・キャット 不明 不明 江原正士
エルマー・ファッド 不明 富田耕生 兼本新吾

増岡弘
長島雄一(現:チョー)
ヨセミテ・サム 不明 不明 緒方賢一

永井一郎
郷里大輔
グラニー 不明 不明 京田尚子
タズマニアン・デビル 不明 不明? 不明 麦人
マービン・ザ・マーシャン 不明 不明 島田敏 中多和宏
フォグホーン・レグホーン 不明 不明 玄田哲章
バーンヤード・ドッグ 不明 槐柳二 不明 長島雄一(現:チョー)
ペペ・ル・ピュー 不明 不明 不明? 中村秀利
グーフィー・グーファーズ 不明 不明 不明 田野めぐみ
梅津秀行
スピーディー・ゴンザレス 山崎唯 飛田展男 滝沢ロコ 三ツ矢雄二
ナレーション 不明 槐柳二[15]
増岡弘
肝付兼太など
土井美加
兼本新吾
江原正士
梅津秀行
その他・役名不明 熊倉一雄
田上和枝
雨森雅司
大山のぶ代
杉浦宏
今西正男
梅屋かほる
田村鈴入
相模武(現:相模太郎)

槐柳二

和久井節緒

雨森雅司
今西正男
滝口順平
藤村有弘
小山茉美
藤本淳
大谷育江
真殿光昭
佐藤ユリ
相沢正輝
石森達幸
島香裕
竹口安芸子
荒川太郎
叶木翔子
小形満
宮内幸平
滝沢久美子
さとうあい
松尾銀三
幹本雄之
小桜エツ子
瀧本富士子
鈴木佳子
永迫舞
亀井三郎
浅野まゆみ
小野英昭
奥島和美
中博史
笹岡繁蔵
稲葉実
秋元羊介
小室正幸
上田敏也
田原アルノ
種田文子
広瀬正志
水内清光
渡辺美佐
藤原啓治
大塚明夫
中庸助
古田信幸
日本語版製作スタッフ
翻訳 ? ? 岩本令
上妻冬子
トランスグローバル
佐藤恵子
新村一成
ジョーゲンセン由美子
脚色 - - 滝沢ふじお
清水専吉
-
演出 ? ? 田島荘三
木村恵理子
木村恵理子
効果 - - くりぷろ -
調整 - - 中内規了 -
録音 - - トランスグローバルスタジオ -
制作担当 - - 白石剛
岩渕昇
-
音楽指導 - - - 一の宮はじめ
プロデューサー - - 黒岩昭夫 -
日本語版製作 毎日放送 TBSテレビ ワーナー・ブラザース
LCAエンターテインメント
トランスグローバル
(第26話まで)

東北新社
旭通信社
(第27話以降)
テレビ東京

カートゥーン ネットワーク
東北新社
協力 - - ワーナー・ブラザース
LCAエンターテインメント
(第27話以降)
-
配給 - - ワーナー・ブラザース テレビジョン

放送リスト編集

ぶっちぎりステージ(全127話)編集

この番組で放送された短編作品にはカラーのほか、白黒も含まれていた(特に)。また、一部の短編作品が邦題を変えながら再放送されたことがある。

No. サブタイトル 原題 放送日 備考
1 チャンピオン誕生
ハチャメチャコンサート
ハンティングは楽し
BUNNY HUGGED
LONG-HAIRED HARE
DUCK! RABBIT DUCK!
1989年
10月4日
2 ぼくは闘牛士
アリババの財宝
うさぎ狩りの季節
BULLY FOR BUGS
ALI BABA BUNNY
RABBIT SEASONING
3 船長はこわいぞ
あの手この手
まよいこんだカモ
MUTINY ON THE BUNNY
GEE WHIZ-Z-Z-Z
CRACKED QUACK
4 古城のモンスター
勝利はいずれに
共同作戦
WATER, WATER EVERY HARE
FAST AND FURRY-OUS
DAFFY DUCK HUNT
5 ゴルフ騒動
小鳥が大好き?
もうれつアニマル出現
MY BUNNY LIES OVER THE SEA
BIRDS ANONYMOUS
DEVIL MAY HARE
6 新ジャックと豆の木
地上でも地下でも
汽車の旅はタイヘン!
BEANSTALK BUNNY
BEEP BEEP
ALL A BIR-R-RD
7 黒騎士とドラゴン
入院中はお静かに
ロードランナー料理法
KNIGHTY KNIGHT BUGS
GREEDY FOR TWEETY
TO BEEP OR NOT TO BEEP
8 科学の道はきびしい
強敵がたくさん
仕掛けは充分
HOT CROSS BUNNY
DOG POUNDED
BEEP PREPARED
9 ヒマラヤの雪男
天国と地獄
ふんだりけったり
THE ABOMINABLE SNOW RABBIT
SATAN'S WAITIN'
ZOOM AND BORED
10 ダンスで勝負
華麗なる変身
お父さんの教育
HILLBILLY HARE
DUCK AMUCK
WHO'S KITTEN WHO?
11 珍赤頭巾ちゃん
間違った赤ちゃん
トゥイティーのハイド
NOW HARE THIS
A MOUSE DIVIDED
HYDE AND GO TWEET
12 上から下へ
ダフィーのロビンフッド
ペットは駄目
HIGH DIVING HARE
ROBIN HOOD DAFFY
ROOM AND BIRD
13 変身の薬
コウノトリを入れるな
恐怖の一夜
HYDE AND HARE
STORK NAKED
SCAREDY CAT
14 大列車強盗
やっかいな賞品
捨てられた犬
WILD AND WOOLY HARE
THE PRIZE PEST
OFTEN AN ORPHAN
15 獲物はどっち
小犬はもうたくさん
西部の英雄
RABBIT FIRE
PAPPY'S PAPPY
DRIPALONG DAFFY
16 へんてこセビリアの理髪師
急に強くなる
ダフィー・ウォーズ
RABBIT OF SEVILLE
DR. JERKYL'S HIDE
DUCK DOGGERS IN THE 24½ TH CENTURY
17 邪魔者は追い出せ
ネコの食糧難
最後のドードー鳥
ROBOT RABBIT
CANNED FEUD
DOUGH FOR THE DO-DO
18 ボクは脱獄囚
猫は犬より強い?
大砲も効果なし
BIG HOUSE BUNNY
TREE FOR TWO
ZIP'N SNORT
19 ニンジン大好き
おばあちゃんの帽子
次の作戦は?
RABBIT EVERY MONDAY
A BIRD IN A BONNET
READY, SET, ZOOM!
20 守れ我が家
クリスマスの贈り物
必殺避雷針作戦
THE FAIR HAIRED HARE
GIFT WRAPPED
RUN, RUN, SWEET ROAD RUNNER
21 3匹の子ぶたと赤ずきんちゃん
最後の伝令
成功間違いなし
THE WINDBLOWN HARE
REBEL WITHOUT CLAWS
TIRED AND FEATHERED
22 ハンティングはオペラで
ニワトリになった猫
珍案!迷案!
WHAT'S OPERA DOC?
FOWL WEATHER
WAR AND PIECES
23 大海賊の船長
仲よくしたら
とことんやれば
CAPTAIN HAREBLOWER
HOME TWEET HOME
RUSHING ROULETTE
24 ペンギンの坊や
赤ずきんちゃんをねらえ
終りなき戦い
FRIGID HARE
RED RIDING HOODWINKED
WILD ABOUT HURRY
25 プロポーズ騒動
海辺のできごと
計算違い
HARE TRIMMED
SANDY CLAWS
ZOOM AT THE TOP
26 大スター誕生!
ぺしゃんこコヨーテ
ライバルあらわる
WHAT'S UP DOC?
SCRAMBLED ACHES
PUDDY TAT TROUBLE
[16]
27 ズルッコ野郎
ダンナ様はどこに
空飛ぶ鳥かご
BARBARY COAST BUNNY
LOVELORN LEGHORN
THE JET CAGE
[17]
28 火星探険
引越はチャンス
ふたりの一日
MAD AS A MARS HARE
MUZZLE TOUGH
DOUBLE OR MUTTON

現行吹き替え版編集

現行吹き替え版は112話目(224本目)で止まっている。

No. サブタイトル 原題タイトル
1 ラビット狂騒曲 / ネズミのとり方教えます / デビル参上 Rhapsody Rabbit / Kiddin' The Kitten / Devil May Hare
2 サハラでハラハラ / 空飛ぶ猫 / ステューパー・ダック Sahara Hare / Go Fly a Kit / Stupor Duck
3 家なきウサギ / よーいでビュン! / ローマのレギオンうさぎ Homeless Hare / Ready, Set, Zoom! / Roman Legion-Hare
4 ジキルとハイドとバッグス / ジャイアント・ベビー / 泣くなコヨーテ Hyde and Hare / Goo Goo Goliath / Zoom an Bored
5 荒野の一匹ウサギ / とんではしゃいでナッツバテ / 料理の達人 Barbary-Coast Bunny / Much Ado About Nutting / French Rarebit
6 アリババ・バニー / 砂漠をミッミッ / シルベスター・トレック Ali Baba Bunny / Zipping Along / Jumpin' Jupiter
7 何のシーズン? / 鳥中毒撲滅協会 / 眠りの国のラルフ Duck! Rabbit, Duck! / Birds Anonymous / From A to Z-Z-Z-Z
8 進め三月ウサギ / コヨーテ怒りのダッシュ / どったのセンセー? Forward March Hare / Fast And Furry-Ous / What's Up Doc?
9 コヨーテ 天才の証明 / ネコの海岸物語 / チーズで大混乱 Operation: Rabbit / Sandy Claws / Cheese Chasers
10 スカーレット・パンパニケル / 仕掛け万全あとはお手上げ / カモにされたカモ The Scarlet Pumpernickel / Hook, Line and Stinker / Duck Amuck
11 歌う剣(ツルギ)を取り戻せ / 赤ちゃんは円盤がお好き / スターはつらいよ Knighty Knight Buss / Rocket-Bye Baby / A Star Is Bored
12 ショービズはキビシ / 走れ弾丸 / 名曲の喧しい夕べ Show Biz Bugs / Whoa, Be-Gone! / A Corny Concerto
13 セビリアのラビット理髪師 / 野菜泥棒を追え / 保安官 ドリップアロング・ダフィー Rabbit of Seville / I Gopher You / Drip-Along Daffy
14 シャル ウィ スクエア ダンス / 今そこにあるチーズ / オペラ座の狩人 Hillbilly Hare / Here Today, Gone Tamale / What's Opera, Doc?
15 標的は誰だ / 宇宙刑事ポーキー&ダフィー / 天にものぼるいい香り Rabbit Fire / Rocket Squad / Heaven Scent
16 魔女にいちころ / 3匹の子ブタロック / ステューパー・セールスマン Bewitched Bunny / Three Little Bops / The Stupor Salesman
17 泣くなペンギン / チーズはいただき / 吠えるが勝ち 8 Ball Bunny / Speedy Gonzales / No Barking
18 赤ずきんウサギに気をつけろ / ドレミなヘベレケ / 私立探偵ダックドレイク The Windbrown Hare / High Note / The Super Snooper
19 バッグス リングで燃えろ / 悪魔の呼び声 / 相続ネコの悩み Bunny Hugged / Satan's Waitin' / Heir Conditioned
20 恋のドッグレース / ダフィーはロビンフッド / ミッミッ The Grey-Hounded Hare / Robin Hood Daffy / Beep, Beep
21 中世の悪夢 / 魅惑の蛙 / 弱音の吐き時 Knight-Mare Hare / One Froggy Evening / Guided Muscle
22 劇場の大ハンティング / 牧場のサラリーマン / 急がば落ちろ Hare Do / Steal Wool / Wild About Hurry
23 醜いのがお好き / 怒りのアホウ / ネズミを食えないネコ Broom-Stick Bunny / Scrambled Aches / The Unexpected Pest
24 テレビで仕返し[18] / キュートな宿敵 / ダッシュ・クラッシュ・バタンキュー Wideo Wabbit / Cat Feud / Stop! Look! and Hasten!
25 バッグス対海賊サム / コヨーテ 大滑走 / 居候大作戦 Captain Hareblower / Zip 'N Snort / Kit for Cat
26 バッグス オーストラリアへ行く / 牧場の就業時間内物語 / 犬のいぬ間に Bushy Hare / Ready, Woolen and Able / Ain't She Tweet
27 とんでいったバッグス / ねこたん、サーカス乱入 / フォグホーンは私のもの Spaced out Bunny / Tweety's Circus / Lovelorn Leghorn
28 マイホームは誰のもの / 産みにくいアヒルの子 / ゴー!ゴー!ドカン! The Fair-Haired Hare / Golden Yeggs / Going! Going! Gosh!
29 バッグスの独立戦争 / ネコたん大騒ぎ / 究極の未来型ホーム Bunker Hill Bunny / Putty Tat Trouble / Design for Leaving
30 バッグスの大脱走 / 鳥にウットリ、命とり / フォグホーンのイタチごっこ Big House Bunny / Tweet and Lovely / Weasel While You Work
31 これも人生? / 悪知恵合戦 / 幻のドードーを探せ! This Is a Life? / A Bird in a Guilty Cage / Dough for the Do-Do
32 インタビュー・ウィズ・バッグスバニー / お騒がせなお忍び客 / 象が街にやってきた Person to Bunny / Room and Bird / Punch Trunk
33 グラニーを救え / 風と共に匂いぬ / 子ネコに首ったけ Hare Trimmed / Really Scent / Feed the Kitty
34 恋の爆弾ニンジン / わういネコたん / 魔女はジュリエット? Hare Spritter / Bad Ol' Putty Tat / A Witch's Tangled Hare
35 キツネ狩りを笑え / 小鳥ちゃんは殺人鬼 / フォグホーン・レグホーンの”卵をうばえ” Foxy By Proxy / Hyde and Go Tweet / The Egg-Cited Rooster
36 約一匹ワンちゃん / ダフィーウォーズ / カナリヤ横丁 The Hasty Hare / Duck Dodgers In The 24½th Century / Canary Row
37 脳に電気で能天気 / ハチャメチャ激安ホテル / ワンちゃん物語 Hot Cross Bunny / Dime to Retire / Dog Tales
38 バッグスのオザーク山の一日 / たのしい動物園 / 命がけのクイズ・ショー Backwoods Bunny / Tweet Zoo / The Ducksters
39 苦肉のダック肉 / しょうがない傷害保険 / 見えみえの見栄 Holiday For Drumsticks / Fool Coverage / Pop 'im Pop!
40 ダックと豆の木 / ニワトリかトンマか / 贈り物に舌つづみ Beanstalk Bunny / The Foghorn Leghorn / Gift Wrapped
41 オーレ!!は闘牛ウサギ / 爆竹ウォーズ アリの逆襲 / 赤ちゃん騒動 Bully For Bugs / Ant Pasted / A Mouse Divided
42 デビル博士とバニー氏 / 限りなき暴走 / 森は楽しいトゥイーティ Dr. Devil and Mr. Hare / Fastest With The Mostest / Tweet Tweet Tweety
43 ちゃっかりウサギ狩り / 木の実に御用心 / ルーブルを救え Rabbit Seasoning / Pests for Guests / Louvre Come Back to Me!
44 ウサギ退治ロボ / ネコ族の襲撃 / ボストン・クワッキー Robot Rabbit / Tom Tom Tomcat / Boston Quackie
45 いとしのバニー / コウノトリを撃退せよ / 愛と欲情のカスバ My Bunny Lies Over The Sea / Stork Naked / The Cats Bah
46 キネマ・パニック / 猫は負け犬 / 動物病院の懲りない面々 Box-Office Bunny / Scaredy Cat / Greedy For Tweety
47 赤ちゃんにご用心 / カモはどっちだ / ギャンブル虫にご用心 Apes of Wrath / The High and the Flighty / Early to Bet
48 新市長は誰だ / ドアロック・ホームズの冒険 / 缶詰戦争 Ballot Box Bunny / Deduce You Say / Canned Feud
49 究極のメニュー / 妖精にご用心 / ネコも杓子も病は気から Bill of Hare / The Wearing Of The Grin / The Hypo-Chondri-Cat
50 バニー号の反乱 / やっかいなもらい物 / トゥィーティー危機一髪 Mutiny on the Bunny / The Prize Pest / Tree Cornered Tweety
51 月曜日にはうさぎを / 綿をつめた渡り鳥 / 雪の日の出来事 Rabbit Every Monday / Cracked Quack / Snow Business
52 キャロットブランカ / スーパーダック / ハエと奏でるクラシック Carrotblanca / Superior Duck / Baton Bunny
53 雨の日の悪夢 / におえる森のロミオ / トゥイティー、S.O.S. Water, Water Every Hare / Scent-imental Romeo / Tweety's S.O.S.
54 立ち退き戦争 / ハタリスの逆襲 / クチバシは止まらない No Parking Hare / Gopher Broke / A Fractured Leghorn
55 マーヴィン・アタック / 船上のネズミ捕り / くさいくされ縁 Hare-Way to the Stars / Cats A-Weigh! / Odor of the Day
56 登山でさんざん / 怒りは水に流して / 本当は腰抜け Piker's Peak / Terrier-Stricken / Cat's Paw
57 危険な勝利 / 気がつけば夫婦 / ムキムキバトル Upswept Hare / Of Rice and Hen / Muscle Tussle
58 悲しきハイジャッカー / ヒーローはどっち? / 濡れ衣を晴らせ Hare Lift / Tree For Two / Feline Frame-Up
59 ホップ・ステップ・ザップン! / 欲望というあだ名のシルベスター / 猫と赤頭巾ネズミ High Diving Hare / A Street Cat Named Sylvester / Little Red Rodent Hood
60 ダック対デビル / おませなルーキー /赤ちゃんは天敵 Ducking The Devil / Gone Batty / Mouse-Placed Kitten
61 デビルににらまれたウサギ / 旅はネコ連れ / スタジオのくせーもの Bedeviled Rabbit / All a Bir-r-r-d / Past Perfumance
62 犯人は半人前 / 勘違いの悲劇 / 変身の館 Bugsy And Mugsy / Leghorn Swoggled / Dr. Jerkyl's Hide
63 宝の箱でお払い箱 / 愛のせっぷ~ん / 坊やにタジタジ From Hare to Eternity / Who Scent You? / Little Boy Boo

アメリカ版スタッフ編集

映像ソフト化編集

アメリカ
  • ルーニー・テューンズ・ゴールデン・コレクション(DVD)[19]
本番組のエピソード5話分と『ポーキー・ピッグ・ショー』を含む3種類のオープニングを特典として収録。
  • サタデー・モーニング・カートゥーン 1960s Vol.2(DVD)[19]
『バッグス・バニー・ショー』のエピソードを収録
  • サタデー・モーニング・カートゥーン 1970s Vol.2(DVD)[19]
『バッグス・バニーとロードランナー・ショー』のエピソードを収録
日本
  • バッグス・バニーのブンブンランド(VHS)
ぶっちぎりステージの内容を1巻から10巻までは3話ずつ、11巻から15巻まで4巻ずつで全50本も収録している。
  • ルーニー・テューンズ・コレクション(DVD)
ゴールデン・コレクションの再構成版

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ レオナード・マーティン英語版 (1980, rev. 1987). Of Mice and Magic: A History of American Animated Cartoons. New York: Plume/Penguin Books. Pg. 274–275.
  2. ^ 『Bugs Bunny Overture(バッグス・バニーのオーバーチュア)』、『Bugs and Daffy The Overture(バッグスとダフィーのオーバーチュア)』としても知られる。
  3. ^ McCorry, Kevin (2007). "The Bugs Bunny Show Page."
  4. ^ そのまま本編に入る時もあった。
  5. ^ 終盤パートがカットされたのは、『ぶっちぎりステージ』でも同様。だが、『ぶっちぎりステージ』版では、1985年にアメリカで発売された『Warner Bros. Cartoons Golden Jubilee 24 Karat Collection』のオープニング映像をタイトルパートとして流用、バイクに乗るタズマニアン・デビルがバッグスたちの舞台に乗り込む場面が使われたが、回によっては緑色の背景が右側からスライドする場面も観られた。
  6. ^ 10分枠で1話のみ
  7. ^ そのため、長年日本におけるカートゥーン ネットワークの公式ウェブサイトで使用された1992年版の初代ロゴは、2021年より廃止され、長年日本におけるワーナー ブラザース ジャパンによるシールドの周りのバナーは、同年6月30日にDVDとBlu-rayで発売された『ストライク・ザ・ブラッド IV OVA Vol.6 <初回仕様版>』を最後に廃止したため、現在ルーニー・テューンズとメリー・メロディーズの短編映画における日本語吹き替えは、現行吹き替え版から『ぶっちぎりステージ』版に差し戻された。[要検証]
  8. ^ バッグス・バニー劇場での歌詞とは異なる。
  9. ^ PCでは再生できないが、DVDレコーダーとDVDプレイヤーでは再生可能である。
  10. ^ 1966年9月10日よりカラー放送
  11. ^ Saturday Schedule (9/13/1986 at 10:00 A.M.)”. Atlus Times (1986年9月7日). 2019年7月5日閲覧。
  12. ^ Saturday Schedule (9/13/1986 at 10:00 A.M.)”. Southeast Missourian (1986年9月5日). 2019年7月5日閲覧。
  13. ^ Saturday Schedule (9/2/2000 at 10:00 A.M.)”. Southeast Missourian (2000年9月1日). 2019年7月5日閲覧。
  14. ^ 1983年8月頃での放送時間帯では平日朝7時40分 - 7時56分
  15. ^ 本編ではなく、ステージのナレーションを担当。
  16. ^ この回までワーナー・ブラザースLCAエンターテインメントとトランスグローバルによる日本語版制作。
  17. ^ この回からは旭通信社(現:ADKマーケティング・ソリューションズ)と東北新社による日本語版制作。
  18. ^ カートゥーン ネットワークではバッグスとエルマーのシーンが一部カットされており、『ぶっちぎりステージ』では旧吹き替えながらノーカットで放送された。
  19. ^ a b c 英語版の商品で日本での発売は無し。
NET系列 水曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
走れバッファロー
バックス・バニー劇場
(第1期)
(1961.1.4 - 9.27)
スター登場
NET系列 火曜19:30 - 20:00枠
ヘイゼルおばさん

単発番組
バックス・バニー劇場
(第2期)
(1963.1.1 - 1.29)
単発番組

ビッグ・マック・ショー
NET系列 火曜19:00 - 19:30枠
がんばれ!!大作
バックス・バニー劇場
(第2期)
(1963.2.5 - 10.8)
丹下左膳(大村崑版)
NET系列 月曜19:30 - 20:00枠
陽気な軍医さん
バックス・バニー劇場
(第3期)
(1964.4.6 - 6.29)
海の驚異
NET系列 土曜19:30 - 20:00枠
こんにちはマージー
バックス・バニー劇場
(第4期)
(1964.9.12 - 12.26)
TBS 平日17:30 - 17:40枠
ウルトラファイト
※17:30 - 17:35
ケロヨンと遊ぼう
※17:35 - 17:45
マンガ大作戦
(第1期)
(1971.9.29 - 72.6)
トリプルファイター
(再)
マンガ大作戦
(第2期)
(1973.7.2 - 1974.3.29)
テレビ東京 水曜18:30 - 19:00枠
バッグス・バニーの
ぶっちぎりステージ
(1989.10.4 - 1992.3.25)