メインメニューを開く

概要編集

バッジはポケモンバトルにおける一握りの実力者・ジムリーダーに勝った者に与えられる。ジムリーダーはカントー地方ジョウト地方ホウエン地方シンオウ地方イッシュ地方カロス地方の各地方に8人以上おり、全員に勝利して8種類のバッジを手に入れた者には、ポケモンバトルの祭典「ポケモンリーグ」への出場権が与えられる。このルールはポケットモンスターを題材にしたアニメや漫画などの派生作品にも概ね適用されている[1]

なお、『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル』、およびそのリメイク作品である『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』では2地方を冒険することになるため、最大16個のバッジを集めることができる。

また、アローラ地方にはそもそもポケモンジム自体が存在しないため、ジムリーダーも存在せず、バッジという概念自体もない。それにあたるのが島めぐりの試練・大試練達成時に伝授されるゼンリョクポーズや、試練達成のスタンプである。

バッジの名称は、『赤・緑』ではジムリーダーのいる町のシンボルカラー(例えば鈍色をシンボルとするニビシティのタケシは「グレー(灰色)バッジ」)、『金・銀・クリスタル』以降はジムリーダーが用いるポケモンのタイプに因んだもの(ひこうタイプ使いのハヤトは「ウイング(翼)バッジ」、いわタイプ使いのツツジは「ストーン(石)バッジ」など)が付けられている。

スペック編集

大きさは数センチ程度、厚さは数ミリの金属板でできている。表面にはバッジ名やバッジを守るジムリーダーの得意タイプにちなんだ模様が描かれている。多くのトレーナーは服や鞄に付けたり、専用のケースに収納したりして持ち運ぶ。シンオウ地方やイッシュ地方(ブラック・ホワイト)のものは錆びやすいが磨くと光り、たたくとピアノのような音がするという特性がある。

効果編集

バッジは持っているだけで何らかの効果を発揮する。その効果は大きく分けて2つ。1つは手持ちポケモンの能力を上げる効果、もう1つはポケモンをトレーナーに従わせる効果である。特に交換によって他人の手に渡ったポケモンは新しいトレーナーの指示を無視する傾向があるが、新しいトレーナーがバッジを持っていればその実力を認めて命令に従う。イッシュ地方以外では、フィールド上で効果を発揮する「ひでんわざ」は特定のバッジを持っていないと使えない。

アニメ『ポケットモンスター THE ORIGIN』では、ジムリーダーであるタケシが主人公のレッドにバッジをいくつ持っているのかを尋ね、一つも持っていないとの返事を聞いてからそれに合わせて自分がバトルに使うポケモンの数を2体に決める描写がある。

ゲームとアニメでの違い編集

  • アニメでは、ゲームにはないオリジナルのバッジが登場している[2]。『ダイヤモンド&パール』の第43話には50種類を優に越える数のバッジが登場した。
  • ゲームではバッジを持っていると、他人からもらったレベルの高いポケモンでもトレーナーに従わせる効果があるが、アニメではその効果はなく[3]、アニメでのポケモンはトレーナーのレベル次第で従う。
  • 無印』の55話では、筆記と実技からなる「ポケモンけんていしけん」に合格すると、ポケモンリーグに出場できるバッジが登場した。

バッジ一覧編集

カントー地方のバッジ編集

赤・緑・青・ピカチュウ』、『ファイアレッド・リーフグリーン』でのみ以下の効果を発揮する。

グレーバッジ
ニビシティのタケシに勝つと貰える。バッジの形は石を模している。
持っているとポケモンの攻撃力が上がり、フィールド上でひでんわざ「フラッシュ」が使えるようになる。
ブルーバッジ
ハナダシティのカスミに勝つと貰える。バッジの形は一滴の雫を模している。
持っているとレベル30までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「いあいぎり」が使えるようになる。
オレンジバッジ
クチバシティのマチスに勝つと貰える。バッジの形は太陽を模している。
持っているとポケモンの素早さが上がり、フィールド上でひでんわざ「そらをとぶ」が使えるようになる。
レインボーバッジ
タマムシシティのエリカに勝つと貰える。バッジの形は七色の花を模している。
持っているとレベル50までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「かいりき」が使えるようになる。
ピンクバッジ
セキチクシティのキョウ(『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではアンズ)に勝つと貰える。バッジの形はハートを模している。
持っているとポケモンの防御力が上がり、フィールド上でひでんわざ「なみのり」が使えるようになる。
ゴールドバッジ
ヤマブキシティのナツメに勝つと貰える。
持っているとレベル70までのポケモンは命令を聞くようになる。バッジの形は金貨を模している。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではひでんわざ「いわくだき」がフィールド上でも使用出来る効果が追加されている。
クリムゾンバッジ
グレンタウンのカツラに勝つと貰える。
持っているとポケモンの特殊能力(特攻と特防の両方)が上がる。バッジの形は炎を模している。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではひでんわざ「たきのぼり」がフィールド上でも使用出来る効果が追加されている。
グリーンバッジ
トキワシティのサカキ(『金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではグリーン)に勝つと貰える。バッジの形は葉っぱを模している。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになる。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』では効果が違っていてフィールド上でひでんわざ「ロッククライム」が使えるようになる効果に変更されている。

ジョウト地方のバッジ編集

金・銀・クリスタル』と『ハートゴールド・ソウルシルバー』では一部の効果に違いがある。

ウィングバッジ
キキョウシティのハヤトに勝つと貰える。
『金・銀・クリスタル』では持っているとポケモンの攻撃力が上がり、フィールド上でひでんわざ「フラッシュ」が使えるようになる。バッジの形は翼を模している。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではポケモンの攻撃力を上げる効果はなく、持っているとレベル20までのポケモンは命令を聞き、フィールド上で秘伝技「いわくだき」が使えるようになる。
海外版では「ゼファーバッジ(Zephyr Badge)」に名称が変更されている。
インセクトバッジ
ヒワダタウンのツクシに勝つと貰える。
持っているとレベル30までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「いあいぎり」が使えるようになる。バッジの形はテントウムシを模している。
海外版では「ハイヴバッジ(Hive Badge)」に名称が変更されている。
レギュラーバッジ
コガネシティのアカネに勝つと貰える。
持っているとポケモンの素早さが上がり、フィールド上でひでんわざ「かいりき」が使えるようになる。バッジの形はひし形。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではポケモンの素早さを上げる効果はない。
海外版では「プレーンバッジ(Plain Badge)」に名称が変更されている。
ファントムバッジ
エンジュシティのマツバに勝つと貰える。
持っているとレベル50までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「なみのり」が使えるようになる。バッジの形は幽霊を模している。
海外版では「フォッグバッジ(Fog Badge)」に名称が変更されている。
ショックバッジ
タンバシティのシジマに勝つと貰える。
持っているとレベル70までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「そらをとぶ」が使えるようになる。バッジの形は拳を模している。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではポケモンが命令を聞くようにする効果はない。
海外版では「ストームバッジ(Storm Badge)」に名称が変更されている。
スチールバッジ
アサギシティのミカンに勝つと貰える。
持っているとポケモンの防御力が上がる。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではポケモンの防御力を上げる効果はなく、持っているとレベル70までのポケモンが命令を聞くようになる。
海外版では「ミネラルバッジ(Mineral Badge)」に名称が変更されている。
アイスバッジ
チョウジタウンのヤナギに勝つと貰える。バッジの形は雪の結晶を模している。
持っているとポケモンの特殊攻撃力と特殊防御力が上がり、フィールド上でひでんわざ「うずしお」が使えるようになる。
『ハートゴールド・ソウルシルバー』ではポケモンの特殊攻撃力と特殊防御力を上げる効果はない。
海外版では「グレイシャバッジ(Glacier Badge)」に名称が変更されている(後に日本版『ダイヤモンド・パール』に登場する同名のバッジとは別物)。
ライジングバッジ
フスベシティのイブキに勝つと貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「たきのぼり」が使えるようになる。

ホウエン地方のバッジ編集

ルビー・サファイア・エメラルド』と『オメガルビー・アルファサファイア』では一部の効果に違いがある。

ストーンバッジ
カナズミシティのツツジに勝つと貰える。
持っているとポケモンの攻撃力が上がり、フィールド上でひでんわざ「いあいぎり」が使えるようになる。
『オメガルビー・アルファサファイア』では持っているとレベル20までのポケモンは命令を聞くようになる。
ナックルバッジ
ムロタウンのトウキに勝つと貰える。
持っているとレベル30までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「フラッシュ」が使えるようになる。
『オメガルビー・アルファサファイア』では「フラッシュ」が使えるようになる効果はない。
ダイナモバッジ
キンセツシティのテッセンに勝つと貰える。
持っているとポケモンの素早さが上がり、フィールド上でひでんわざ「いわくだき」が使えるようになる。
『オメガルビー・アルファサファイア』では持っているとレベル40までのポケモンは命令を聞くようになる。
ヒートバッジ
フエンタウンのアスナに勝つと貰える。
持っているとレベル50までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「かいりき」が使えるようになる。
バランスバッジ
トウカシティのセンリに勝つと貰える。
持っているとポケモンの防御力が上がり、フィールド上でひでんわざ「なみのり」が使えるようになる。
『オメガルビー・アルファサファイア』では持っているとレベル60までのポケモンは命令を聞くようになる。
フェザーバッジ
ヒワマキシティのナギに勝つと貰える。
持っているとレベル70までのポケモンは命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「そらをとぶ」が使えるようになる。
マインドバッジ
トクサネシティのフウとランに勝つと貰える。
持っているとポケモンの特殊攻撃力と特殊防御力が上がり、フィールド上でひでんわざ「ダイビング」が使えるようになる。
『オメガルビー・アルファサファイア』では持っているとレベル80までのポケモンは命令を聞くようになる。
レインバッジ
ルネシティのミクリ(『エメラルド』ではアダン)に勝つと貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「たきのぼり」が使えるようになる。

シンオウ地方のバッジ編集

ダイヤモンド・パール』と『プラチナ』ではバッジの取得順番が一部違うため、一部の効果に違いがある。この作品より、手持ちポケモンの能力を上げる効果が無くなる。

コールバッジ
クロガネシティのヒョウタに勝つと貰える。
持っているとフィールド上でひでんわざ「いわくだき」が使えるようになる。
フォレストバッジ
ハクタイシティのナタネに勝つと貰える。
持っているとレベル30までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「いあいぎり」が使えるようになる。
コボルバッジ
トバリシティのスモモに勝つと貰える。
持っているとフィールド上でひでんわざ「そらをとぶ」が使えるようになる。
フェンバッジ
ノモセタウンのマキシに勝つと貰える。
持っているとレベル50までのポケモンは命令を聞き、フィールド上でひでんわざ「きりばらい」(『プラチナ』では「なみのり」)が使えるようになる。
レリックバッジ
ヨスガシティのメリッサに勝つと貰える。
持っているとフィールド上でひでんわざ「なみのり」(『プラチナ』では「きりばらい」)が使えるようになる。
マインバッジ
ミオシティのトウガンに勝つと貰える。
持っているとレベル70までのポケモンは命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「かいりき」が使えるようになる。
グレイシャバッジ
キッサキシティのスズナに勝つと貰える。
持っているとフィールド上でひでんわざ「ロッククライム」が使えるようになる。
海外版では、アイスバッジの英訳として既に「グレイシャバッジ(Glacier Badge)」が使われていたため、「アイシクルバッジ(Icicle Badge)」に名称が変更されている(後に日本版『ブラック・ホワイト』に登場する同名のバッジとは別物)。
ビーコンバッジ
ナギサシティのデンジに勝つと貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「たきのぼり」が使えるようになる。

イッシュ地方のバッジ編集

ブラック・ホワイト』、『ブラック2・ホワイト2』に登場。フィールド上でひでんわざが使用可能になる効果がなくなった(ひでんわざはバッジに関係なく使用可能になった)。

トライバッジ
『ブラック・ホワイト』で、サンヨウジムのジムリーダー(ポッド・コーン・デントのうち1人)に勝つと貰える。
持っているとレベル20までのポケモンは命令を聞くようになる。
海外版での名称は「トリオバッジ(Trio Badge)」となっている。
ベーシックバッジ
『ブラック・ホワイト』では、シッポウジムのジムリーダー・アロエ、『ブラック2・ホワイト2』では、ヒオウギジムのジムリーダー・チェレンに勝つと貰える。
持っていると『ブラック・ホワイト』では、レベル30までのポケモン、『ブラック2・ホワイト2』では、レベル20までのポケモンは命令を聞くようになる。
ビートルバッジ
ヒウンジムのジムリーダー・アーティに勝つと貰える。
持っているとレベル40までのポケモンは命令を聞くようになる。
海外版での名称は「インセクトバッジ(Insect Badge)」となっている。
ボルトバッジ
ライモンジムのジムリーダー・カミツレに勝つと貰える。
持っているとレベル50までのポケモンは命令を聞くようになる。
なお、海外版での表記は“Bolt Badge”であり、電圧の「ボルト(Volt)」ではなく、雷撃の「サンダーボルト(Thunder Bolt)」が名称の由来である。
クエイクバッジ
ホドモエジムのジムリーダー・ヤーコンに勝つと貰える。
持っているとレベル60までのポケモンは命令を聞くようになる。
ジェットバッジ
フキヨセジムのジムリーダー・フウロに勝つと貰える。
持っているとレベル70までのポケモンは命令を聞くようになる。
アイシクルバッジ
『ブラック・ホワイト』で、セッカシティのハチクに勝つと貰える。
持っているとレベル80までのポケモンは命令を聞くようになる。
海外版では、グレイシャバッジの英訳として既に「アイシクルバッジ(Icicle Badge)」が使われていたため、「フリーズバッジ(Freeze Badge)」に名称が変更されている。
レジェンドバッジ
ソウリュウジムのジムリーダー(『ブラック・ブラック2・ホワイト2』ではシャガ、『ホワイト』ではアイリス)に勝つと貰える。
持っていると『ブラック・ホワイト』では全てのポケモン、『ブラック2・ホワイト2』ではレベル80までのポケモンは命令を聞くようになる。
トキシックバッジ
『ブラック2・ホワイト2』で、タチワキジムのジムリーダー・ホミカに勝つと貰える。
持っていると、レベル30までのポケモンは命令を聞くようになる。
ウェーブバッジ
『ブラック2・ホワイト2』で、セイガイハジムのジムリーダー・シズイに勝つと貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになる。

カロス地方のバッジ編集

X・Y』に登場。

バグバッジ
ハクダンジムのジムリーダー・ビオラに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル30までなら命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「いあいぎり」が使えるようになる。
ウォールバッジ
ショウヨウジムのジムリーダー・ザクロに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル40までなら命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「かいりき」が使えるようになる。
ファイトバッジ
シャラジムのジムリーダー・コルニに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル50までなら命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「なみのり」が使えるようになる。
プラントバッジ
ヒヨクジムのジムリーダー・フクジに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル60までなら命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「そらをとぶ」が使えるようになる。
ボルテージバッジ
ミアレジムのジムリーダー・シトロンに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル70までなら命令を聞くようになる。
フェアリーバッジ
クノエジムのジムリーダー・マーシュに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル80までなら命令を聞くようになる。
サイキックバッジ
ヒャッコクジムのジムリーダー・ゴジカに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル90までなら命令を聞くようになる。
アイスバーグバッジ
エイセツジムのジムリーダー・ウルップに勝つと貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになり、フィールド上でひでんわざ「たきのぼり」が使えるようになる。

アローラ地方のスタンプ編集

サン・ムーン』に登場。正確にはバッジではなくスタンプだが、バッジと同等の効果を持つため、便宜上ここに記述する。

メレメレの試練 達成のあかし
メレメレ島のしまキング・ハラに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル35までなら命令を聞くようになる。
アーカラの試練 達成のあかし
アーカラ島のしまクイーン・ライチに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル50までなら命令を聞くようになる。
ウラウラの試練 達成のあかし
ウラウラ島のしまキング・クチナシに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル65までなら命令を聞くようになる。
ポニの試練 達成のあかし
ポニ島のしまクイーン・ハプウに勝つと貰える。
持っていると人から貰ったポケモンでもレベル80までなら命令を聞くようになる。
島巡り 達成のあかし
殿堂入りすると貰える。
持っていると全てのポケモンが命令を聞くようになる。

オレンジ諸島のバッジ編集

アニメでのみ登場するバッジ。4つ集めると「ウィナーズカップ」に出場する権利が得られる。

サクラバッジ
サザンクロス西の星・ナツカン島のアツミに勝つと貰える。
シラナミバッジ
サザンクロス東の星・ネーブル島のダンに勝つと貰える。
リンボウバッジ
サザンクロス南の星・ユズ島のジギーに勝つと貰える。
ルリバッジ
サザンクロス北の星・リュウチン島のルリコに勝つと貰える。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「ポケモンリーグには基本的に誰でも参加できるが、バッジを8個集めた者だけはその予選を無条件で通過できる」などと細かくルールが変更されている場合もある。
  2. ^ シゲルはカントー地方でゲームで確認されているグリーンバッジを除く7種類とさらに3種類のバッジを所有している。XY&Z編でもショータがオリジナルのバッジを3つ所有している
  3. ^ カントー編でサトシがグリーンバッジを持っていたにもかかわらず、リザードンは言うことを聞かなかった(リザードンが言うことを聞くようになったのはオレンジ諸島編)。