メインメニューを開く

バットまわり運動会などで行われる競技のひとつ。ぐるぐるバットとも呼ばれる。

概要編集

バットまわりは、走者がバットの柄の先端を額にあて、反対側を地面につけてバットを中心に一定回数(目が回るまで)回転してから、コースを走り競争する競技。障害物競走などでも用いられることがある。 走者が目を回しふらふらとあらぬ方向へ走るその姿は見るものを楽しませる。

またバラエティー番組においても若手芸人などがこれを行うことがあり、罰ゲームを用意しタイムを計る、コースの外にプールなどを設置しコースを外れると落ちる、といったゲーム感覚で行われることがある。

海外ではDizzy batと呼ばれるものがあり、日本のバットまわりとは少し違う。Dizzy batではバットの中にビールを入れ、それを飲んでから、バットまわりと同じようにバットの柄の先端を額にあて、反対側を地面につけてバットを中心に一定回数回転する。

関連項目編集