メインメニューを開く

リチャード・スティーブン・バッバ・クロスビーRichard Stephen "Bubba" Crosby, 1976年8月11日[1] - )は、アメリカ合衆国テキサス州ベルエアー出身の元プロ野球選手外野手)。左投左打。

バッバ・クロスビー
Bubba Crosby
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ベルエアー
生年月日 (1976-08-11) 1976年8月11日(43歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1998年 ドラフト1巡目(全体23位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 2003年5月29日
最終出場 2006年8月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

地元のベルエアー高等学校卒業後、ライス大学に進学した。

プロ入りとマイナー時代とドジャース時代編集

1998年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから1巡目(全体23位)指名され[2]、プロ入り。この年は、傘下のA+級サンバーナーディーノ・スタンピードで56試合に出場し、打率.216・0本塁打・14打点・3盗塁を記録した[2]

1999年は開幕をA+級サンバーナーディーノで迎えた。この年は、96試合に出場し、打率.296・1本塁打・37打点・19盗塁を記録した[2]

2000年は、A+級ベロビーチ・ドジャースでは、73試合に出場し、打率.266・8本塁打・51打点・27盗塁を記録した[2]。A+級サンバーナーディーノでは、3試合に出場し、打率.250・0本塁打・2打点・1盗塁を記録した[2]

2001年は開幕をAA級ジャクソンビル・サンズで迎えた。ここでは、107試合に出場し、打率.302・6本塁打・47打点・22盗塁を記録した[2]。その後、AAA級ラスベガス・フィフティワンズに昇格した。ここでは、13試合に出場し、打率.214・0本塁打・5打点・1盗塁を記録した[2]

2002年は開幕を前年同様AA級ジャクソンビルで迎えた。ここでは、38試合に出場し、打率.260・2本塁打・20打点・7盗塁を記録した[2]。その後、AAA級ラスベガスに昇格した。ここでは、73試合に出場し、打率.262・9本塁打・36打点・3盗塁を記録した[2]

2003年は開幕をAAA級ラスベガスで迎えた。ここでは、76試合に出場し、打率.361・12本塁打・57打点・8盗塁を記録した[2]。この好成績が認められメジャー初昇格を果たし、5月29日コロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。

ヤンキース時代編集

2003年7月31日スコット・プロクターと共にロビン・ベンチュラとのトレードニューヨーク・ヤンキースへ移籍し、傘下のAAA級コロンバス・クリッパーズへ配属された。ここでは、16試合に出場し、打率.302・2本塁打・8打点・3盗塁を記録した[2]

2004年は、スプリングトレーニングで打率.385・2本塁打・9打点と好成績を記録し、開幕をメジャーで迎えた[3]4月12日シカゴ・ホワイトソックス戦では、2本塁打、5打点を記録しダイビングキャッチを披露するなど活躍し、ヤンキースの勝利に貢献した[4]。この日勝利投手となったマイク・ムッシーナは通算200勝を達成した[5]。しかし、ケニー・ロフトンがDLから復帰するとマイナーに降格した。その後は、メジャーとマイナーを行き来する。この年のアメリカンリーグディビジョンシリーズこの年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズのロースターには登録され、代打代走として起用された。最終的に、メジャーでは、55試合の出場で、打率.151・2本塁打・7打点・2盗塁に終わる。マイナーでは、AAA級コロンバスで33試合に出場し、打率.276・1本塁打・15打点・3盗塁を記録した[2]

2005年は前年同様に、開幕をメジャーで迎えた。しかし、成績不振で7月8日にAAA級コロンバスへ降格した。8月18日にメジャーに昇格した。この際昇格した時には、背番号が「19」だった。これは、マイナーでプレーしている最中に新加入したアル・ライターが背番号「18」だったための措置だった。最終的にこの年は、メジャーでは、76試合に出場し、打率.276・1本塁打・6打点・4盗塁を記録した。マイナーでは、AAA級コロンバスで42試合に出場し、打率.231・4本塁打・22打点・2盗塁を記録した[2]。オフには、ゼネラルマネージャー(GM)のブライアン・キャッシュマンがクロスビーが正中堅手としてプレーする事を示唆した[6]が、12月20日にヤンキースのライバルであるボストン・レッドソックスからジョニー・デイモンが4年総額5,200万ドルでの移籍[7]してきたため、その可能性は無くなった。また、背番号もこのデーモンが「18」を背負うため、またしても「18」は復帰とはならなかった。

2006年は、開幕ロースター入りした。しかし、5月中旬から6月にかけてDL入りした。その後、メジャーに昇格した。しかし、65試合に出場で、打率.207・1本塁打・6打点・4盗塁と不振だったため、8月4日に、DFAとなった。8月9日にウェーバー公示されたが、AAA級コロンバスへ降格した。その後、メジャーに昇格する事は無かった。オフに、フリーエージェント(FA)となった。

レッズ傘下時代編集

2006年11月10日シンシナティ・レッズと契約を結んだ。

2007年は、スプリングトレーニングで16試合に出場し、打率276、1本塁打、7打点を記録した。3月27日に傘下のAAA級ルイビル・バッツへ異動し、ここで開幕を迎えた。13試合に出場した後、左腱炎でDL入りした。7月20日に手術を受け、シーズンを終えた。オフにFAとなった。

2008年2月19日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結んだ。しかし、3月7日に解雇された。その後、現役引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2003 LAD 9 12 12 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .083 .083 .083 .167
2004 NYY 55 58 53 8 8 2 0 2 16 7 2 0 2 0 2 0 1 13 0 .151 .196 .302 .498
2005 76 103 98 15 27 0 1 1 32 6 4 1 1 0 4 0 0 14 1 .276 .304 .327 .630
2006 65 96 87 9 18 3 1 1 26 6 3 1 3 0 4 0 2 21 0 .207 .258 .299 .557
MLB:4年 205 269 250 32 54 5 2 4 75 20 9 2 6 0 10 0 3 51 1 .216 .255 .300 .555

背番号編集

  • 49 (2003年)
  • 18 (2004年 - 2005年途中)
  • 19 (2005年途中 - 2006年)

脚注編集

  1. ^ http://bubba-crosby.com/bio.htm
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Baseball Reference (Minors)
  3. ^ Yanks roster set, Bubba makes it MLB.com (2004年3月29日) 2015年1月16日閲覧 (既にリンク切れ)
  4. ^ Lofton, Williams likely to displace Crosby ESPN (2004年4月12日) 2015年1月16日閲覧
  5. ^ BASEBALL; Big Hit With Yankee Fans, Crosby Hits Homer and Wall ニューヨーク・タイムズ (2004年4月12日) 2015年1月16日閲覧
  6. ^ Yankees Keep Crosby in Center of Their Plans ニューヨーク・タイムズ (2005年12月1日) 2015年1月16日閲覧
  7. ^ Johnny Damon Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2012年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月16日閲覧。

外部リンク編集